【周辺】

SSFDCを搭載して\29,800

セガ、3万円を切るデジタルカメラ「DIGIO」を発表

'96/9/11発表

DIGIO 標準価格:

 SJ-1 DIGIO \29,800(11月下旬発売)
 PictureMagic \24,800(予価、12月発売予定)

連絡先:

 セガ・エンタープライゼス お客様相談センター
 Tel.0120-012235

DIGIO DIGIO DIGIO
【フォーカス調整ダイヤル】 【DIGIOのファインダー側】 【PictureMagic】

 株式会社セガ・エンタープライゼスは11日、「デジタルカメラ市場への新規参入を宣言」し、29,800円と低価格なデジタルカメラ「DIGIO」(デジオ)を発表した。

 DIGIOは29,800円とデジタルカメラとしては最も低価格の製品。解像度は標準で320×240ドット、メモモードで160×120ドット。フォーカスと露出はマニュアル調整。撮影可能距離は10mm〜無限遠。ファインダー部には0.7インチの液晶ディスプレイを搭載し、拡大レンズ(ビューワー)とあわせることで実質1インチサイズを確保している。CCDは5分の1インチ25万画素。フラッシュは搭載していない。画像の記録には富士フイルムDS-7でも採用されている、差し替え可能な小型メモリSSFDCメモリカードを使用。DIGIO本体にも0.5Mバイト(4Mbit)のカードが同梱される。このカードで標準解像度で18枚、メモモードで36枚の記録が可能。データフォーマットはJPEG。画像転送用のソフトは別売で、Windows用とMacintosh用が別に用意される。今後の予定として、ゲーム機のサターンとの接続、ゲームセンターなどに設置されている「プリント倶楽部」でのプリント出力などを検討しているという。

 また周辺機器として、DIGIOで記録した画像をすぐに編集できるデジタル画像編集機「PctureMagic」も発表された。大型タブレットを搭載し、ペンによる操作でモザイク、ネガ、ポジ、画像合成といったことができる。画像はテレビ画面に出力される。今後発売されるオプションのソフトにより、1つの画像から次の画像へ徐々に変形していくモーフィング機能、絵日記ソフトなどが利用できるようになる。さらに、3D格闘技ソフトのバーチャファイター3にDIGIOの画像を取りこむことができるようにする予定という。

 DIGIOの開発には「セガのデジタル技術が総結集」され、今後も別の機種など新たなラインナップが加えられる予定で、既に次の機種も開発中であることが明らかにされた。また、DIGIOの発売を11月下旬予定としながら、年内までに10%、1997年度中には全ての機種をあわせて30%のシェアを獲得するという強気の目標も示された。

【標準価格と発売予定時期】
製品名 発売予定時期 標準価格
DIGIO
(デジオ)
11月下旬 29,800円
PictureMagic
(ピクチャーマジック)
12月 24,800円
メモリカード0.5Mバイト(4Mbit)
(SSFDC規格)
本体同時出荷 2,480円
PC接続ケーブル&キット
 DOS/V版(Windows95/NT)
 Macintosh版

本体同時出荷
1997年1月末
 
7,800円
7,800円
ACアダプター 本体同時出荷 1,500円

【DIGIO主な仕様】
記録方式 JPEG
記録媒体 デジタルフィルム(SSFDCメモリカード)
記録枚数 18(標準)/36(メモ)
撮像素子 25万画素 1/5インチ
解像度 320×240(標準解像度)
160×120(メモモード)
焦点調整方式 マニュアル(手動)
レンズ F1.9
絞り 電子オートアイリス
撮影可能距離 10mm〜無限遠
露出補正 マニュアル(手動)
セルフタイマー 10秒(固定)
モニター 0.7インチカラーTFT液晶
(ビューワー付きで1インチに拡大)
ビデオ出力
入出力端子 PC接続用シリアルポート
電源 (別売)アルカリ単三×4本、ACアダプタ対応
サイズ 130(幅)×49.2(高)×75.5(奥)
重量 約230g(バッテリー含まず)

□(株)セガ・エンタープライゼスのホームページ
 http://www.sega.co.jp/

('96/9/11)

[Reported by 石橋 文健]


【PC Watchホームページ】


ウォッチ編集部内PC Watch担当 pc-watch-info@impress.co.jp