西川和久の不定期コラム

Core 2 Quadマシンを5万円で組む!




購入したパーツ一式

 2008年末はAtomプロセッサを搭載したPCで大いに遊んだこともあり少々食傷気味。その反動で速いPCが欲しくなり、新年早々ハイエンドマシンを1から組むことに決定。現時点でハイエンドはCore i7プロセッサとなるものの、CPU+マザーボード+メモリだけで約7万円となる。1から組むとどう考えても10万円を超えあまり財布に優しくない。

 そこでもう1つのハイエンド、Core 2 Quadマシンを5万円で組めないか、と秋葉原へ出た。ざっとショップを回った限り、ある程度の条件ならば、頑張ってクリアできそうな感触だ。その結果をまとめつつ少し遊んでみたい。

Text by Kazuhisa Nishikawa



●購入したパーツなど

 Core 2 Quadプロセッサ搭載PCを5万円で組むに当たってざっと予算の配分を考えてみる。動かしようのない部分はCPU。これだけで約1.8万円が必要だ。すると残りは3.2万円。筆者的にHDDは500GBで、ビデオカードはファンレス、メモリは2GB×2の4GB、この3ポイントを出来れば確保したい。メモリは約4千円(後にノーブランドなら2GBで1,000円を見つけ愕然とした)で、HDDは約5千円で、2つ合わせて約1万円だ。従って2.2万円でケースとマザーボード、ビデオカード、DVDドライブを見繕わなければならない。ケースは電源を入れて1万円と仮定した場合、1.2万円しか残らず微妙な雰囲気だ。

 なお、今回はOS抜きの5万円であって、OSに関しては手持ちの以前使用していたPCのライセンスを使っている。別途Windowsを購入するとエディションにもよるが、DSP版で1.2万円〜2万円台半ばとなる。ハードウェアの低価格化が進んでいることもあり、この金額はユーザーにとってかなり負担である。そろそろ見直して頂きたいと常々思っているのだが。

 この大雑把な予算配分を元に秋葉原のショップを何件か回ったが、肝はマザーボードの値段となることが判明した。価格帯のレンジを分けると、5〜6千円台、1万円前後、1.5万円前後、それ以上、と言った感じだろうか。LGA775に対応したIntelチップセットはP45/G45/P43/G43/X48/X38/P35などがあるが、P45など最近のチップセットだと最低でも2番目からのレンジとなり、今回は完全に対象外となってしまう。またビデオカード代を浮かすため、G45/G43/G41などビデオ機能を統合したチップセットのマザーボードも探したが、残念ながらこの価格帯では見あたらなかった。

 5〜6千円台で購入可能なのは、2007年頃のチップセット。例えばP35がこれに相当する。2008年版のP45と仕様を比較した場合、大きな違いはメモリが最大8GBか16GBか、PCI Express 2.0に対応しているか、CrossFireなどのマルチGPUに対応できるようPCI Express x8×2構成を公式にサポートしたか、くらいだろう。メモリは当面8GBもあれば余るし、PCI Express関連はゲームに無関心な筆者は気にならない部分だ。そういったことを勘案して目に止ったのは「GIGABYTE GA-P35-DS3 (REV2)」(6,980円)だった。詳細は同社の仕様をご覧頂きたいが、名前の通りIntel P35+ICH9チップセットを搭載したマザーボードだ。拡張スロットはPCI Express x16、PCI Express x1×3、PCI×3。インターフェイスはGigabit Ethernet、8 Channels ALC889A Audio controller、USB 2.0×8などを備える。世代の古いチップセットとは言え、必要十分な構成になっていると思う。ICH9RではないのでRAIDは組めないものの、筆者的にローカルマシンでRAIDを組むつもりは無く気にならない。

 さて、ここまで決まれば、残りはケースとビデオカード、DVDドライブ選びとなる。ケースは電源付きでこのサイズのマザーボードが入るのは選択肢が狭く「AQTIS AC500-03B」(8,780円)を選択した。残高を計算するとDVDドライブ1台分程度の不足となる。削るとすれば3パターン。「HDDを500GBから320GBへ変更する」、「ビデオカードを何でもいいから激安のものにする」、「DVDドライブは滅多に使わないので、手持ちのUSB接続型DVDドライブで代用する」となるが、無駄なものを買って後で余らすのももったいないため、5万円以内は諦め数千円(10%未満)オーバーしてもいいから実践的に使えるものを選ぶ作戦に切替えた。そうして買い揃えたのが以下のパーツだ。

CPU、メモリ、HDD、DVDドライブ
Core 2 Quad Q8200、SILICON POWERの4GBキット、WD WD5000AAKS-A7B、LG GH22NS40B-B/K

GIGABYTE GA-P35-DS3 (REV2)
GIGABYTE「GA-P35-DS3」(REV2)。IntelのP35チップセットを搭載したマザーボードだ。大手メーカー製とあって、なかなか綺麗な基板だ

ATI Radeon HD 4550 512MB DDR3
ATI Radeon HD 4550/512MB DDR3。ここのところGeForce系ばかり使っていたのでたまにはとRadeonを選んだ。ローエンドモデルだがファンレスなのが気に入った

AQTIS AC500-03B
AQTIS AC150-IT81SB。実はAtom 330プロセッサ搭載PCを組んだ時も、偶然同社のMini-ITX用ケースを選んでいる。このサイズ、電源搭載で1万円を切るケースはほとんど無い

500Wの電源付き
500W電源付き。コネクタは、メイン20pin+4pin、ATX-12V 4pin×1、PCI Express×2、ドライブ 4pin×4、ドライブ ミニ4pin×2、SATA×4とそれなりにある。フロント14cm、リア12cmのファンも装備

Mini-ITX用ケースとのツーショット
年末に使ったMini-ITX用のケース、AQTIS AC150-IT81SBとのツーショット。フロントの下にあるパネルを上げると、USB×2、音声入出力、IEEE1394用のコネクタがある


Core 2 Quad Q8200(2.33GHz) 18,480円
GA-P35-DS3 (REV2) 6,980円
ATI Radeon HD 4550 512MB DDR3 6,980円
DDR2 800 4GB Kit 3,980円
WD WD5000AAKS-A7B 5,280円
LG GH22NS40B-B/K 3,980円
AQTIS AC500-03B 8,780円
合計 54,460円

 このパーツリスト、改めて見てみると突っ込みどころが若干ある。例えば冒頭で書いたようにメモリは探せばもっと安く買えるし、Atom 330プロセッサのPCを組んだ時に使った、DVDドライブ(LG GH22NS30B-B)やVIA NanoプロセッサのPCを組んだ時のビデオカード(GeForce 9400 GT/512MBファンレス)はさらに1,000円安い。これで4千円を抑えられる。マザーボードも探せばもっと安いものもあるだろう。これらのコストダウンに加え、HDDを妥協して320GBにすれば確実に5万円以内でCore 2 Quadプロセッサを使ったPCを組み立てられる。

 いずれにしてもAtom 330プロセッサを搭載したIntel D945GCLF2にHDD 1TB、メモリ2GB搭載したPCがDVDドライブまで含めて計33,970円だったことを考えると、この54,460円は5万円をオーバーしたとは言え、激安なのがおわかり頂けると思う。

●組み立ててみる

 Atomプロセッサ搭載マザーボードと比較して、大きな基板、多くのコネクタなど、一見難しそうにみえるが、やる事は全く同じ。基板をケースに固定し、メモリを取り付け、電源、USB、サウンドのコネクタを接続、HDDとDVDドライブをケースに固定しSATAで接続、パワースイッチ、リセットスイッチ、パワーLED、HDDアクセスLEDを配線する。1つ異なるのはCPUとCPUファンを取り付けるところだろう。とは言え、昔と違ってCPUの設置は簡単で、間違った方向には絶対入らないし、ピンが曲がることもない。力任せにヒートシンクを固定する必要もなく、約30分で作業は終わってしまった。もう20年以上もPCを触っている筆者としてはいささか物足りなく感じた。ともあれマザーボードに付属するマニュアルは良く出来ていてわかりやすい。ある初心者でも安心して組み立てられるだろう。

GA-P35-DS3/正面右側
GA-P35-DS3/正面右側。メモリスロットが計4本。色を合わせてメモリを入れる。最大容量は2GB×4の8GBとなる

GA-P35-DS3/正面左側
GA-P35-DS3/正面左側。橙色のSATAコネクタはIntelのICH9 4チャンネル分、紫色のSATAコネクタはGIGABYTEのSATA2 2チャンネル分となる

GA-P35-DS3/背面
GA-P35-DS3/背面。USB 2.0が8つもある。換わりにシリアル/パラレルポートが省略されている。S/PDIFの角型と同軸があるのは筆者としては嬉しいところ

Intel Core 2 Quad BOX
Intel Core 2 Quad Q8200のBOX版。45nmプロセスで製造され、2.33GHz、FSB 1333MHz、L2 Cache 4MBのQ8200

巨大なファンと小さいCPU
巨大なファンと小さいCPU。一見どちらを買ったのかわからないパッケージだ。このファンは結構静かだと思う

マザーボードへCPU装着
マザーボードへCPUを装着。CPUソケットレバーを上げ、ソケットカバーを外し、CPUを取り付ける


完成! BIOSで変更した部分は3カ所。1つはSATAの動作モードをAHCIへ、2つ目はブートデバイスの順番、そして最後はHPET(高精度イベントタイマー)の作動モードを64bitへ変更した。このマザーボードはオーバークロック系の設定もかなり豊富だが、個人的には安定性が第一なので標準設定のまま使っている。

 今回使ったケースAQTIS AC500-03Bには面白い点が2つある。1つは付属のファンが電源ONにすると青色に光ること。しかもかなり明るい。何も知らずに見た時は結構驚いてしまった。もう1つはHDDの固定方法だ。写真の通り、三角形のマウンタが付属し、フレームの外側からHDDのネジ穴にこれをセット、中央のツマミを90度ひねれば固定できる仕掛けになっているため、ネジは不要だ。ガッチリ固定されるので安心した。

 後に伸びている2本のSATAケーブルはeSATA用。このマザーボードにはeSATA用のブラケットが付属するため、それをそのまま使用した。ICH9 #1にHDD、#2にDVDドライブ、#3/4にeSATAを割り当て、GIGABYTE SATA2の2チャンネルは現時点では空きとなっている。ドライブベイも余っているが、昔とは違い、1台のPCで多くのHDDを抱えるのではなく、NASへデータを保存しているため、今後ドライブが増えてもせいぜい1台程度だと思われる。

 実際に組み上げて電源をONにしたところ、音に関しては設置場所によるが、問題はなかった。ケース付属のファン2つは結構低い音で、CPUファンもあまり煩くないし、電源部もそれなりだ。このサイズのケースなので、机の下に置けば気にならないレベルとなる。しかし、ディスプレイの横に置くと耳につく気がした。筆者の場合は机の下に置くためこのまま使っても問題無い。熱に関しては、後のファンから出る風はどちらかと言えば冷たく、ATI Radeon HD 4550のヒートシンクもほんのり暖かい程度だ。

●OSは64bit版Windows Vista

 せっかく最大搭載メモリ容量が8GBあるので、ドライバの対応度やアプリケーションの互換性などが気になるものの、ここは64bit版のWindows Vistaを使いたい。インストール自体は問題なく、後から入れたドライバは、システム、ビデオ、サウンドのものだ。システムとサウンドのドライバはGIGABYTEのサイトから、ビデオはAMDのサイトから最新版をダウンロードした。もちろんマザーボードにドライバなどが入ったCD-ROMが付属するので、それを使ってセットアップするのもいいだろう。筆者が付属のCD-ROMにあるドライバをあまり使わないのは、多くのケースでバージョンが最新でないことがあったため、二度手間を避けるためネットから最新版をダウンロードしている。全てが動くことを確認した上でWindows Updateを実行したところ、計44ファイル、約200MBのアップデートがかかった。

システムのプロパティ
今回は最終的には8GBのメモリを搭載したいこともあり、64bit版Windows Vista Home Premium SP1を使用した。システムの種類: 64ビット オペレーティング システムとなっているのがわかる

デバイスマネージャ
各デバイス、開いている部分が、このPC固有のものとなる。ネットワークアダプタは一般的なRealTek RTL8168/8111なのでマザーボードのダウンロードコーナーにドライバはあるものの、OS標準のもので問題無い

タスクマネージャ/パフォーマンス
Core 2 Quadプロセッサなので、Hyper-Threadingではなく、リアルなコアが4つある。64bit版Vistaの起動直後のメモリ使用量は32bit版と比較して若干多めだ

Windows エクスペリエンス インデックス
Windows エクスペリエンス インデックスの総合値は5.2。足をひっぱているのはATI Radeon HD 4550だが、ゲームをしないため十分。他の部分は最大の5.9となった

ATI Catalyst Control Center
ATI Catalyst Control Center。大昔はATI派だったのだが、ATI(現AMD)のGPUを使うのは約8年ぶりだ。ドライバはもちろん64bitで動作する。表示をアドバンスドモードに切り替えると、NVIDIAコントロールパネルのようになる

Realtek HDオーディオマネージャ
Realtek HDオーディオマネージャ。「Digital Input」のタブも見えるが、該当するデバイスが無いため、タブを開いても何も表示しない。デジタル出力のみの対応だ


Lightroom 2で現像速度チェック さてこのCore 2 Quadプロセッサがどれほど速いのか、実践的な数値を見てみたい。筆者はゲームを全くしないので、CPUのパフォーマンスが直結する作業と言えば、デジタルカメラのRAW現像となる。この現像時間をAtom 330プロセッサを搭載したPCと比較するのが1番わかりやすいだろう。デジカメWatchで連載しているフォトジェニックウィークエンドの関係で、貸出機が届くごとに付属のCD-ROMからアプリケーションをインストールしているため、各社のRAW現像ソフトは日頃使っているメインマシンに入っている。しかし返却後、手元に各社のCD-ROMが無く、ネットからダウンロードしようとしたところ、困ったことに多くの現像ソフトはアップデータしか載っておらず新規インストールできないのだ。もともとこの手のソフトはRAWデータを持ってないと使い道が無いため、各カメラメーカーはアップデータだけでなく、アプリケーション丸ごとネットに掲載して欲しいと思う。

 閑話休題。ならばと汎用の現像ソフトウェア、Adobe Lightroom2の体験版でテストすることにした。前回組み上げたAtom 330プロセッサ搭載マシンは32bit版Vista、Lightroom2も32bit版、今回のCore 2 Quadプロセッサ搭載マシンは64bit版VistaでLightroom2も64bit版となる。RAWデータはご覧のように1,510万画素のCanon EOS 50Dで撮った先月号の未公開カットを使用した。テストは、現像パラメータを初期化してどちらも同じ値に合わせ、JPEGへの書き出しが何秒で終わるかを計った。すると驚愕の結果になった。Atom 330プロセッサは18秒Core 2 Quadプロセッサは3秒強。まさかこれ程までに差が出るとは思ってもいなかった。他のカメラでのRAWデータも数種類試したところ、ほぼ同じような結果になった。やはりAtomプロセッサを搭載したネットブックやネットトップは、あくまでも視聴のためのマシンであり、クリエイトするマシンでは無いと言うのがこの実験ではっきりした。

VMware Server 2 もう1つ筆者としては試したいものがある。それはVMware Server 2だ。これまでメインマシンはメモリが最大2GBと言う環境だったので、Linuxなどを軽くテストする範囲でしか使わず、もう少し本格的なテストは他のPCでリアルな環境を構築し、Webアプリケーションなどをチェックしていた。しかし、Core 2 Quadでメモリ最大8GBとなると話は別。わざわざマシンを別ける必要もなくなる。またリアルなテストサーバーと違い、いろいろなバーチャルマシンをファイルとして保存できるため、種類の違うOSやバージョンの異なったOSなどを瞬時に切り替えできるため非常に便利だ。早速、セットアップしCentOSを動かしてみた。

 結果は上々。以前はCeleron 215(1.33GHz/2次キャッシュ512KB)を搭載したIntel D201GLYLをテストマシンにしていたが、それよりもバーチャルマシンの方が速い。ご覧のように、CentOSの起動後、yum updateしている最中でもCPUはほとんど遊んでいる状態だ。フォアグランドで先のAdobe Lightroom2を動かしても、JPEGへの書き出し時には瞬間CPUの使用率が90%程度になるものの、通常の操作だと10〜30%行ったり来たりとびくともしない。改めてCore 2 Quadのパワーを見せつけられた気分である。ただしQ8200(Q8300も同様)は仮想化技術「Intel Virtualization Technology 」をサポートしていない。本格的にVMware Server 2を使うのならVTに対応しているQ6600にした方がいいだろう。価格差も既に千円未満となっている(Q9xx0シリーズは対応しているもののまだ高価)。

CrystalDiskMark 2.2/HDD
WD WD5000AAKS-A7BのCrystalDiskMark 2.2。このクラスのHDDとしては速い方なのだが、最近SSDの値ばかり見ているので感覚が鈍ってしまった

PhotoFast G-Monster 64GB
編集部からお借りした「PhotoFast G-Monster 64GB」。MLCタイプのSSDだ。2.5インチでインタフェースはSATA。HDDと入れ替えればそのままCドライブになる。こんな半端な状態で問題無いのも機械的に動く部分が無いSSDならではと言えよう

CrystalDiskMark 2.2/SSD
PhotoFast G-Monster 64GBのCrystalDiskMark 2.2。スペック上はリード170MB/s、ライト100MB/sとあるが、ほぼその値が出ている


 最後の実験はCore 2 Quadプロセッサと直接関係無いものの、SSDとHDDとの速度差をチェックしてみた。編集部からSSDをお借りしてその速度を測ってみた。結果はご覧の通りである。Atomプロセッサに32bit版Vistaと64bit版Vistaをインストールした時、64bit版の方が明らかに速度が向上していたが、今回も同じデバイスを使っているにも関わらずCrystalDiskMarkの結果がさらに上がった。書込み速度的に不利なMLCタイプのSSDでさえもほぼ全ての項目でHDDを上回っているのは驚きに値する。


●総論

 年末、Atom 330プロセッサ+メモリ2GB+1TB HDDのPCが3万円ちょっとで組め、驚きの安さだとさんざんおだてた。今回、Core 2 Quadでメモリ4GB+500GB HDDと少し構成が違うものを組んだが、その価格差はたった2万円。既に高速なPCを持っているユーザーがAtom搭載マシンで遊ぶ以外は、どう考えてもCore 2 Quadプロセッサの方が圧倒的にコストパフォーマンスは上だ。ケースやビデオカードなど使い回しのできるパーツを持っているのなら、さらにその差は縮む。Core i7をリリースしたばかりのIntelには申しわけないが、明らかにCore 2 Quadプロセッサはお買い得と言えるだろう。(完)



□関連記事
【1月6日】【CPU/HDD】500GBプラッタ採用のHDDが販売開始
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0106/pa_cphdd.htm
Intelプロセッサー・ナンバー一覧表
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/modelno/intel.htm

バックナンバー


(2009年1月7日)

[Reported by 西川和久]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp ご質問に対して、個別にご回答はいたしません

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.