最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ASUSTeK製ネットトップ「Eee Box」にウイルス混入

Eee Box

10月3日 発表



 ASUSTeKが2日に発売したAtom搭載ミニデスクトップ「Eee Box」にウイルスが混入していることが明らかになった。読者からの情報を受け当編集部で検証したところ、編集部で購入した個体についてはウイルス混入が確認できた。

 感染しているウイルスは「W32.SillyFDC」タイプで、自己拡散するいわゆるワームにカテゴライズされる。シマンテックのウイルス情報「セキュリティレスポンス」によると、ウイルス自身をFDDなどのリムーバブルメディアにコピーすることで拡散するほか、有害なアプリケーションをダウンロードする可能性もあるという。また、そのコピーによりパフォーマンスの低下を引き起こす。危険度は1でほとんど影響なしとしているが、実際にノートン上で検出されたウイルスはリスク全体の影響が「高」となっていた。

 今回のウイルスはDドライブに「Recycled.exe」として存在し、「autorun.inf」が作成されている。そのためDドライブを開くことで感染が始まると見られる。具体的には、レジストリの書き換え、USBメモリへの感染が行なわれた。感染の確認は、Eee Boxをネットワークに接続する前に、「ノートン アンチウイルス 2009」(体験版)に定義ファイル「20081002-024-v5i32.exe」を組み合わせて行なった。なお、定義ファイルを組み込まない状態では検出できなかった。

 「Eee Box」オリジナルモデルを展開するNTT東日本は、「詳細が明らかになるまで、出荷を見合わせる」とコメントした。また、ASUSTeKは、今回の件について把握していなかった。

検出されたウイルスは「W32.SillyFDC」タイプ リスク全体の影響は「高」 40個のレジストリエントリ、4個のファイル、2個のプロセスに影響
ウイルスに感染したDドライブの状況 ノートン アンチウイルス 2009(体験版)に定義ファイル追加で対処 編集部で購入したEee Boxでウイルスの混入を確認した

□ASUSTeKのホームページ
http://www.asus.co.jp/
□関連記事
【9月26日】ASUS、発売延期した「Eee Box」「Eee PC 900-X」の発売日が決定
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0926/asustek.htm
【8月29日】ASUSTeK、容量1LのAtom搭載ミニデスクトップ「Eee Box」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0829/asus1.htm
【10月1日】NTT東日本、ASUS製ネットトップ「Eee Box」のオリジナルモデル
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1001/ntteast.htm

(2008年10月3日)

[Reported by matuyama@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.