最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

CEATEC JAPAN 2008レポート

【地デジ/WiMAX編】
三菱が地デジ搭載フルHD 21.5型液晶を展示

三菱の地デジTVチューナ搭載21.5型ワイド液晶

会期:9月30日〜10月4日

会場:幕張メッセ



 このレポートではCEATEC JAPAN 2008に展示された地デジやWiMAX関連の製品などを紹介する。

●地デジ関連

 三菱のブースでは、VISEOブランドの地デジTVチューナ内蔵フルHD(1,920×1,080ドット)表示対応21.5型液晶ディスプレイを参考展示。発売時期は10月末から11月上旬を予定している。

 マルチメディア液晶らしく、各種操作が行なえるリモコンが付属。液晶パネルはTNタイプで、上下に対する視野角が狭いため、寝転がってTVを視聴するシーンを想定し、液晶の角度を変えることなく、下から見たときのコントラストを最適化する「ルックアップモード」を備える。

 また、展示はなかったものの、ブースの説明員によれば、「MDT242WG」の後継機種「MDT243WG」も間もなく発売の予定という。

 アイ・オー・データ機器のブースでは、発表済みで発売時期/価格未定のフルHD表示対応液晶ディスプレイ「LCD-DTV222XBR」、「LCD-MF221XBR」の2機種を展示。前者は地デジTVチューナ内蔵で21.6型、後者は3系統入力を備えた21.5型となっている。

 LCD-DTV222XBRの入力インターフェイスはHDMI×2、DVI-D、D5端子、Sビデオ/コンポジットと非常に豊富。ミニD-Sub15ピンを省いた代わりにHDMIを1系統増やしたという。一方、LCD-MF221XBRはHDMI入力、ミニD-Sub15ピン、DVI-Dとオーソドックスな構成になっている。

 このほかアイ・オーのブースでは地デジチューナを8基搭載し、8チャンネル同時録画をするというデモを展示している。地デジの録画に興味のある人は訪れてみるとよいだろう。

LCD-DTV222XBR(写真左)、LCD-MF221XBR(右) LCD-MF221XBR LCD-DTV222XBRの背面
LCD-DTV222XBRの入力インターフェイス。AV機器との接続を強く意識している LCD-DTV222XBRの左側面にはB-CASカードスロットがある LCD-DTV222XBR付属のリモコン。チャンネル切り替えなどが可能
LCD-MF221XBRの入力インターフェイスはHDMI/DVI-D/ミニD-Sub15ピンとシンプル 排熱口は、なだらかなウェーブを描く。これは左側に回路が集中しており、排熱性を高めるためのデザインだという 地デジの8チャンネル同時録画のデモ

●WiMAX関連

 今年のCEATECではWiMAX関連製品が、活気付いてきている。

 富士通の製品に関してはレポートしたが、ほかにも、ミツミ、SamsungなどがUSB接続のWiMAXモジュールを展示していた。また、UQコミュニケーションズのブースでは、海外向けWiMAX端末ではあるものの、NokiaのN810やAnycall製端末などが展示されている。

 さらに、Intelも無線LANとWiMAXに両対応した無線モジュールWiMAX/WiFi Link 5350/5150を参考展示してあり、ハードウェア面のプラットフォーム基盤は完成に向かいつつある。後はサービス開始を待つだけといえるだろう。

ミツミ製のUSBドングル型WiMAXモジュール Samsung製のWiMAXモジュール各種 韓国向けのWiMAX対応MIDなども展示
PDA型のWiMAX端末も参考展示 米国向けのWiMAX端末「Nokia N810」。動画再生のデモを行なっていた IntelのWiMAX対応無線LAN共用モジュール

●SSD/BDドライブなど

 そのほか目新しいところでは、TDKがSSDの次機種である「HS3」シリーズを参考展示。インターフェイスが1.5Gbps対応SATAから3Gbps転送に変わり、速度がリード200MB/sec、ライトが90MB/secに向上している。さらに暗号化も128bit AESから256bit AESに強化された。

TDKの次期SSD「HS3」シリーズ HS3シリーズの主な概要

 パイオニアのブースでは、BD-R/-R DLの8倍速書き込みに対応した5インチベイ用BDドライブや、BD-R/-R DLの4倍速書き込みに対応したスリムベイ用BDドライブを参考展示。いずれも発売時期や価格などは不明。

パイオニアのBD-R/-R DLの8倍速書き込みに対応した5インチベイ用BDドライブ BD-R/-R DLの4倍速書き込みに対応したスリムベイ用BDドライブ

 なお、2008年のCEATECでは、HD DVDの撤退に伴い、BDアソシエーションのブースも昨年までと比較すると小規模になった。ブースには、Bru-ray関連のハードウェアはほとんどなく、コンテンツやメディアの展示にとどまっている。

BDアソシエーションのブース 昨年(2007年)のBDアソシエーションブース。これに比較すると今年のブースは地味に感じる

□CEATEC JAPAN 2008のホームページ
http://www.ceatec.com/

(2008年10月2日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.