最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

アイ・オー、地デジ内蔵の21.6型フルHD液晶を発表

LCD-DTV222XBR

9月29日 発表



 株式会社アイ・オー・データ機器は29日、1,920×1,080ドット表示対応の21.6型ワイド液晶「LCD-DTV222XBR」、21.5型ワイド液晶「LCD-MF221XWR」(ホワイト)、「LCD-MF221XBR」(ブラック)を発表した。30日より幕張メッセで開幕するCEATEC JAPAN 2008で展示される。価格および発売時期は未定。

 LCD-DTV222XBRは、同社独自の地上デジタルTVチューナを内蔵。EPG(電子番組表)や字幕放送に対応し、視聴予約にオンタイマー/スリープタイマーを利用できる。また、専用リモコンが付属する。

 インターフェイスはDVI-D(HDCP対応)、HDMI×2、D5端子、Sビデオ/コンポジットを装備。PinP機能は、親画面がDVI-D固定で、そのほかのAV入力と地デジチューナの映像はいずれも小画面として表示可能。サラウンド機能「SRS TruSurround XT」に対応する2.5W+2.5Wステレオスピーカーを内蔵し、ヘッドフォン出力用ミニジャックを備える。

 表示機能は、リアル(ドットバイドット)、スマートズーム(アスペクト比固定拡大)、ズーム、レターボックスの表示モードを用意。また、インターレース映像をプログレッシブに変換するI/P変換回路を搭載する。

 パネルはノングレアで、オプションで光沢タイプの保護フィルムが用意される。主な仕様は、表示色数1,677万色、応答速度5ms、輝度300cd/平方m、コントラスト比1,000:1、視野角が上下160度/左右170度。本体サイズは522×215×411mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.6kg。

LCD-MF221XWR
LCD-MF221XBR

 LCD-MF221XWR、LCD-MF221XBRの2モデルは、地デジチューナは無く、インターフェイスにDVI-D(HDCP対応)、ミニD-Sub15ピン、HDMIの3系統を備える製品。映像に合わせて輝度を調整するダイナミックコントラスト機能を備え、コントラスト比は最大10,000:1を実現する。

 LCD-DTV222XBRと同様に、I/P変換回路を搭載するほか、リアル、スマートズーム、フルの3つの表示モードを用意する。スピーカーは1W+1Wで、ヘッドフォン出力を装備。

 パネルはノングレアで、LCD-DTV222XBR用の光沢保護フィルムも利用できる。主な仕様は、表示色数1,677万色、応答速度5ms、輝度300cd/平方m、コントラスト比1,000:1、視野角が上下160度/左右170度。本体サイズは510×170×401mm(同)、重量は4.3kg。

□アイ・オー・データ機器のホームページ
http://www.iodata.jp/
□ニュースリリース
http://www.iodata.jp/news/2008/09/lcd-dtv222xbr.htm
http://www.iodata.jp/news/2008/09/lcd-mf221x.htm
□関連記事
【9月18日】LG、フルHD対応の3系統入力21.5型ワイド液晶
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0918/lge.htm
【8月26日】ベンキュー、実売34,800円の1080p対応21.5型液晶
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0826/benq.htm

(2008年9月30日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.