最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

【特別レポート】128GBで8万円を切るOCZのSSD「Core」を試す
〜読み込み114MB/sec、書き込み77MB/secを記録。RAIDにも挑戦

OCZSSD2-1C128G

発売中



 オーバークロックメモリなど、おもにゲーミング/ハイエンドPCパーツで定評のある米OCZ Technologyが、低価格でありながら、高性能なSSD「Core」シリーズを米国時間の7月1日に発表した。今回、容量128GBの製品を入手したので、その性能に迫ってみたい。

 過去の記事でも何度か紹介している通り、SSDはフラッシュメモリを採用したストレージ。HDDのように円盤を回転させる必要がないため、ランダムアクセスが高速で、そのほかにも消費電力が低い、振動に強い、発熱が少ないといったメリットがある。一方で、HDDに比べて絶対的容量が少なく、価格が高いというトレードオフがある。

 実際、秋葉原の店頭に並んでいる製品は、64GBで10〜15万円程度となっており、HDDなら1TBのものが7〜8台買えてしまう。しかし、これはメモリ1セルに1bitを記録するSLC(Single Level Cell)の話で、1セルに数bit記録できるMLC(Multi Level Cell)のものは、価格がずいぶんと下がってきている。

 先だってレビューしたSuper Talentの120GB SSD「FTM20GK25H」は、5月の発売当初で8万〜9万5千円、7月末現在では6万円を切っているショップもある。今回紹介するOCZの128GB SSD「OCZSSD2-1C128G」もMLCを採用したもので、購入価格は79,800円だった。

 これでも、PCパーツとしては最も高い部類には入るが、ノートPC向けであれば容量は十分あり、価格も全く手が出ないというほどではないのも確かだろう。

 インターフェイスはSATAを採用。本体サイズは2.5インチHDDと全く同じ。Super TalentのFTM20GK25Hと比べると、ほんのわずかだけ厚いことに気づくが、これはFTM20GK25Hが薄いと表現するのが正しく、OCZSSD2-1C128Gはきちんと9.5mmの厚さになっている。なお、製品パッケージにはなぜか厚さが7.5mmと書かれている。7.5mmでないと入らないノートPCというのはほとんどないと思われるので、実害はないが注意されたい。

製品パッケージ 中ではこのように梱包されている。ミュージックプレーヤーのそれっぽいが、厚い方にはぺらぺらのマニュアルしか入っていない 本体裏面。一見、HDDと区別がつかない
インターフェイスはSATA FTM20GK25H(右)と並べたところ FTM20GK25Hの方がわずかながら薄い

実容量は120GBでWindowsでは112GBの容量となる

 公称容量は128GBで、FTM20GK25Hよりも8GBほど多いことになる。しかしながら、Windows上での容量を確認すると、どちらも112GBであることが分かる。これは、メモリチップの容量は128GBあるが、どちらもウェアレベリングなどの待避/予備用に8GBを確保しているためと思われる。8/128GBの違いでしかないとも言えるが、OCZもSuper Talent同様、実容量を示すべきだろう。余談ではあるが、OCZSSD2-1C128Gは出荷時からNTFSでフォーマットされており、Windows上では「ローカルディスク」ではなく、「OCZCORE128」と表示される。

 では、その性能を見て行こう。テスト環境は、Core 2 Duo E8200、メモリ2GB、Intel X38 Expressチップセット、GeForce 8800 GT、Windows Vista Ultimate。参考までにブートドライブ用に使用したHGSTの500GB HDD「HDP725050GLA360」の結果も添えてある。

 まず、CrystalDiskMark 2.1.5の結果は、シーケンシャルリードの場合、OCZSSD2-1C128Gが114MB/secとFTM20GK25Hより1割程度高速。他方、シーケンシャルライトではOCZSSD2-1C128Gが約77MB/secと、FTM20GK25Hの倍近い性能をたたき出している。SSDなので、ランダムアクセスでも同様の差が出ている。

 HD Tune 2.55の結果は、OCZSSD2-1C128GがMinimum 89MB/sec、Maximum 119MB/sec、Avarage 108MB/sec、Access Time 0.4ms、FTM20GK25Hが順に82MB/sec、103MB/sec、96.4MB/sec、0.5msと、OCZの方が1〜2割高速な結果を出した。

OCZSSD2-1C128GのCrystalDiskMarkの結果
FTM20GK25HのCrystalDiskMarkの結果
HDP725050GLA360のCrystalDiskMarkの結果
OCZSSD2-1C128GのHD Tuneの結果
FTM20GK25HのHD Tuneの結果
HDP725050GLA360のHD Tuneの結果

■■ 注意 ■■

・分解/改造を行なった場合、メーカーの保証は受けられなくなります。
・この記事を読んで行なった行為(分解など)によって、生じた損害はPC Watch編集部および、メーカー、購入したショップもその責を負いません。
・内部構造などに関する記述は編集部が使用した個体に関してのものであり、すべての製品について共通であるとは限りません
・筆者およびPC Watch編集部では、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

 分解して中も覗いてみた。ちなみに、OCZSSD2-1C128GはFTM20GK25Hと違って一般的なネジを使用しているので、簡単に分解できる。中を見て判明したのが、なんとOCZSSD2-1C128Gは、コントローラもフラッシュメモリもFTM20GK25Hと同じものを搭載しているのだ。コントローラはJMicronの「JMF602」で、メモリチップはSamsungの「K9HCG08U1M」だ。

 基板は全く違うので、ものとしては別物だが、基板がここまで性能に影響を及ぼすことは考えにくい。可能性としては、OCZSSD2-1C128Gはファームウェアが改善されているのだろう。

OCZSSD2-1C128Gのネジ FTM20GK25Hのネジ
OCZSSD2-1C128Gの基板表面と裏面 使っているチップ/コントローラはFTM20GK25Hと同じ

 このように、内部構造の近いOCZSSD2-1C128GとFTM20GK25Hは相性が良さそうなので、RAID 0での性能も検証してみることにした。

 結果はというと、CrystalDiskMarkのシーケンシャルリードで200MB/secの大台を突破した。RAID 0の効果が見事に現われている。しかし、シーケンシャルライトはというと、63MB/secと、OCZSSD2-1C128G単体よりもスコアが落ちた。これはFTM20GK25Hに足を引っ張られたためだ。OCZSSD2-1C128G 2台なら、100MB/secは軽く超えていただろう。

 ちなみにHD TuneではSSD 1台分の性能しか確認できなかった。そこで、64GB SSDをRAID 0で搭載している「VAIO type Z」でもHD Tuneを実行してみたところ、計測中、終始SSD 1台分の性能だったが、一部で2台分の性能が出た。HD TuneはHDDの内周から外周までを移動しながら転送速度を計測するので、内周/外周という概念のないSSDでは、RAID時に正しい性能を計測できないのかもしれない。

OCZSSD2-1C128GとFTM20GK25HによるRAID 0構成でのCrystalDiskMarkの結果
RAID 0でのHD Tuneの結果。1台の時とほとんど変わらない
VAIO type ZでのHD Tuneの結果。瞬間的に2台分の速度が出ているが、終始1台分しか出ていない

 以上の結果の通り、OCZSSD2-1C128Gは、公称値の読み込み120〜140MB/sec、書き込み80〜93MB/secまでの性能は確認できなかったが、書き込み速度は先発のFTM20GK25Hよりも2倍速く、ランダムアクセスにおいては、HDDよりも段違いに高速だ。今回のベンチからはわかりにくいが、OSの起動などランダムアクセスが多い場面では、HDDに比べ確実に違いを体感できるだろう。

 今回入手したものは、おそらく国内に初めて入ってきたロットのものだ。製造コストがFTM20GK25Hとほぼ同じと思われること、そもそも米国での価格が479ドルということを考えると、今後、出荷が安定するにつれ、価格はさらに下がるだろう。今すぐ飛びついても、その恩恵にあずかれることは確かだが、もうちょっと待ってみるという選択もありだろう。

 また、RAID 0構成は次元の違う世界を垣間見せてくれる。コストの負担はさらに大きいが、性能追求という面で大きな可能性がありそうだ。

□OCZ Technologyのホームページ(英文)
http://www.ocztechnology.com/
□製品情報(英文)
http://www.ocztechnology.com/products/flash_drives/ocz_core_series_sata_ii_2_5-ssd
□関連記事
【7月2日】OCZ、128GBで500ドルを切る高速SSD「Coreシリーズ」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0702/ocz.htm
【5月26日】【特別レポート】Super Talent「FTM20GK25H」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0526/ssd.htm

(2008年8月1日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.