最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

パイオニア、BD互換で容量400GBの16層光メディア技術を開発

試作した16層光ディスク

7月7日 発表



 パイオニア株式会社は7日、記憶容量が400GBの16層再生専用光メディア技術を開発したと発表した。

 今回開発したのは、1層あたりの容量が25GBとBlu-ray Discと同等で、これを16層積層した再生専用の光ディスク。これまで多層の光ディスクにおいて、再生していないほかの記録層からの不要な信号の影響や、再生信号が微弱であることから、安定的に良好な再生信号を得られることが困難で、積層する記録層の数に限界があった。

 今回同社はDVDで培った光ディスクの製造技術を活用することで、他の記録層からのノイズを低減する構造を開発。また、読み取りシステムには、広いレンジで収差を補正する光学素子や、微弱信号を高S/N比で読み取れる受光素子をピックアップに採用したことにより、高品位な再生信号を得ることができたという。

 また、対物レンズの光学的仕様はBD規格と同一であり、互換性を維持できるという。1枚のディスクにより多くの情報を蓄積できるので、省資源化にも寄与するとしている。

 なお、今回は再生専用光ディスクシステムでの可能性を検証したが、記録型ディスクにも応用可能としており、さらなる研究開発を進めるとしている。

□パイオニアのホームページ
http://pioneer.jp/
□ニュースリリース
http://pioneer.jp/press/2008/0707-1.html
□関連記事
【2007年10月3日】【CEATEC】Blu-ray Disc関連展示が多数、4/8層の実用化技術も
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1003/ceatec03.htm

(2008年7月7日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.