最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

VIA、C7-M搭載ミニノートPCの新リファレンスデザイン
〜8.9型液晶搭載、WiMAX/HSDPAを標準サポート

5月27日(台湾時間) 発表



 台湾VIA Technologiesは27日(現地時間)、新興市場向けミニノートPCの新リファレンスデザイン「OpenBook」を発表した。

 NanoBookの後継となる、ミニノートPCのリファレンスデザイン。1,024x600ドット(WSVGA)表示対応8.9型液晶ディスプレイに、CPUとしてVIA C7-M ULV(1.6GHz)、チップセットとしてVIA VX800(ビデオ機能内蔵)を搭載する。

 オープンデザインを謳い、「Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License」に基づき外装のCADファイルを配布。これを利用することで、ベンダー各社はミニノートマーケットに対してそれぞれのイノベーションやブランドバリューを発揮、提案できる。と同時に市場投入の速度を短縮可能としている。

 また、オープンな接続性を謳い、IEEE 802.11b/g+Bluetoothのほか、柔軟な内部インターフェイスによりWiMAXやHSDPA、EV-DO/W-CDMA 3Gなども搭載可能としている。

 そのほかの仕様として、最大2GBのDDR2メモリ、80GB以上のHDD、ステレオスピーカー、Gigabit Ethernet、4in1カードリーダ、USB×3、201万画素Webカメラなどを備える。

 本体サイズは240×175×36.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1kg以下。Windows XP/Vista、Linuxをサポートする。バッテリは4セル(2,600mAh)を搭載する。

OpenBook 高さは36.2mm
側面にD-Sub15ピンも備える USBは左右合わせて3ポート

□VIA Technologiesのホームページ(英文)
http://www.via.com.tw/
□ニュースリリース(英文)
http://www.via.com.tw/en/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=2347

(2008年5月28日)

[Reported by matuyama@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.