最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

アイ・オー、地デジ内蔵のAV入力付き22型ワイド液晶
〜HDMI、D5端子を搭載、DbD/アスペクト比固定サポート

LCD-DTV221XBR

4月下旬 発売

価格:オープンプライス



 株式会社アイ・オー・データ機器は、地上デジタルTVチューナを内蔵した22型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-DTV221XBR」を4月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は69,800円前後の見込み。

 1,680×1,050ドット(WSXGA+)表示対応の22型ワイド液晶ディスプレイに、同社が開発した地上デジタルTVのチューナモジュールを搭載した製品。電源ONから約5秒でTV視聴、チャンネル切り替えが約2秒と軽快な動作が可能で、同社は業界最速レベルとしている。

PC用のDVI-D、ミニD-Sub15ピンだけでなく、HDMI、D5端子などAV機器向けの入力端子を装備

 TVチューナのほか、入力インターフェイスにHDMI、D5端子、S端子/コンポジット(排他)を備える。PC用のインターフェイスはHDCP対応DVI-D、ミニD-Sub15ピンを装備。さらに、2.5W+2.5Wのステレオスピーカーを内蔵。各種操作が可能なリモコンが付属する。

 表示機能は同社のフラグシップ製品の24.1型ワイド液晶「LCD-MF241X」シリーズに近い機能を搭載。ドットバイドット(DbD)やアスペクト比固定拡大、ピクチャインピクチャ(PinP)などの表示が行なえる。なおPinPは、親画面がPC入力固定、小画面が親画面以外の入力となるが、親DVI-D、子HDMIのデジタル&デジタルの組み合わせはできない。

 パネルはNTSC比92%の色域を持つグレア(光沢)タイプ。主な仕様は、表示色数約1,677万色、応答速度5ms、コントラスト比1,000:1、輝度300cd/平方m、視野角が上下/左右ともに160度。

 本体サイズは522×215×411mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.6kg。

□アイ・オー・データ機器のホームページ
http://www.iodata.jp/
□ニュースリリース
http://www.iodata.jp/news/2008/03/lcd-dtv221xbr.htm
□製品情報
http://www.iodata.jp/prod/display/lcd/2008/lcd-dtv221xbr/
□関連記事
【2007年11月8日】アイ・オー、実売54,800円の地デジチューナ内蔵19型WXGA+液晶
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1108/iodata.htm
【2007年6月26日】アイ・オー、新24.1型液晶「LCD-MF241X」の価格が決定
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0626/iodata.htm

(2008年3月26日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.