最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、Windows Vista SP1を一般公開

3月19日 公開



 マイクロソフトは19日、Windows VistaのService Pack 1(SP1)をダウンロードセンターに公開した。

 SP1は、Windows Vista発売以降に公開されたバグフィックスやアップデートを集積したもので、信頼性や性能を向上させるとともに、いくつかの新機能を追加している。ダウンロードセンターに公開されているSP1全体のファイルサイズは500MB前後あるが、Windows Updateでは、ネットワークの混雑を避けるため、実際に変更されたバイトのみをダウンロードする仕組みが採られており、多くのユーザーがダウンロードするのは65MB程度で済むという。

 なお、いくつかのデバイスドライバは、インストール方法が適切でないため、SP1と干渉することが判明している。このため、それらのドライバがインストールされていると判断された場合、Windows UpdateにSP1は表示されない。

 4月中旬以降は、更新プログラムを自動的にダウンロードする設定にしてる場合、それらのPCにもSP1がダウンロードされるが、適用は保留される。SP1向けの新しいドライバがインストールされたことが検出されると、SP1の適用が始まる。ただし、ダウンロードセンターからダウンロードした場合は、ユーザーが任意にインストールできる。

 主立った新機能/拡張機能は、64bitバージョンでのUEFI対応、DirectX 10.1対応、SD Advanced DMA対応、Blu-ray Disc/HD DVDドライブのアイコン追加、MPEG-2デコーダの強化によるハードウェア再生支援など。また、4GBのメインメモリを搭載したシステムで、これまではOSが利用可能な3.2GB程度だけが表示されていたが、対応BIOS搭載PCでは搭載容量である4GBが表示されるようになる。

 性能の向上については、ファイルのローカルコピー速度が25%、Vista以外のPCからVista SP1適用PCにファイルをコピーする速度が45%、SP1適用PC同士でネットワーク経由でファイルをコピーする速度が50%高速化。サイズの大きな画像を読み込み時間も約50%短縮される。

 ただし、改善点のいくつかについては、すでにWindows UpdateでSP1以前に配布されているため、かならずしも改善するとは限らない。

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3389
□ダウンロードセンター(32bit版)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=b0c7136d-5ebb-413b-89c9-cb3d06d12674&DisplayLang=ja
□ダウンロードセンター(64bit版)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=874a414b-32b2-41cc-bd8b-d71eda5ec07c&DisplayLang=ja
□Windows Vista Service Pack 1のページ
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/sp1/
□Windows Vista Service Pack 1における主要な変更内容
http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsvista/library/005f921e-f706-401e-abb5-eec42ea0a03e.mspx
□関連記事
【2月5日】Windows Vista SP1が完成
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0205/ms.htm

(2008年3月19日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.