最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

レノボ、1.42kgのSSDモバイルノート
「ThinkPad X300」

「ThinkPad X300」

発売中

価格:346,500円〜



 レノボ・ジャパン株式会社は、重量1.42kgのSSD/光学ドライブ搭載モバイルノートPC「ThinkPad X300」を発売した。

 1,440×900ドット(WXGA+)表示対応13.3型ワイド液晶と光学ドライブを搭載しつつ、重量は1.42kgとThinkPad X61と同等に抑えたモバイルノート。本体の厚みも18.6〜23.4mmに抑え、13.3型液晶搭載ノートとして最薄クラスを実現した。

 液晶はホワイトLEDバックライトを採用し、従来の冷陰極蛍光ランプバックライト品と比較して140gの軽量化と2.5mmの薄型化を実現。さらに明るさは20%増、消費電力は25〜80%低減したという。

 ストレージはHDDの代わりに64GBのSSDを搭載。モーターなどの可動部品を減らすことで性能と信頼性、耐衝撃性、省電力性、軽量性および静音性を向上させたとしている。

 基板実装にはIntelが推奨するSFF(Small Form Factor)とHDI(High Density Interconnect)を採用することで、ThinkPad T61の基板と比較して面積を約50%、重量を約60%低減させた。

 基板の高密度化に伴い、衝撃や歪みに対する耐性は下がったが、代わりにT61よりさらに強化した「Roll Cage」構造を搭載。キーボードベゼルと一体化させたマグネシウムの骨格を採用することで、片手持ち時に重要部品にかかるストレスを15%低減させた。

 液晶背面にはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)カバーを搭載し、従来のLCD Roll Cageと比較して47%の軽量化を図り、耐衝撃性能を向上させた。無線アンテナも液晶背面に配置されるが、この部分には非導電材料のGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を採用し、アンテナ性能に影響しないように配慮した。

 キーボードはT61と同様のフルサイズキーボードを搭載し、さらにクリック感を向上させた。表面コーティングにより従来の3倍以上の磨耗耐久性を実現したという。キーボードにこぼした水を底面に伝えるためのホールも従来の円形から長方形に変更し、排水効率が向上した。

 このほか、CPUを積極的に冷却ファンで冷やすことでリーク電流を減らす設計を採用。光学ドライブ未使用時に自動的にドライブの電源をOFFにする設定や、カバーを閉じてもすぐにサスペンドに入らない設定が行なえるなど、省電力機能を強化させている。

 同社はX300をプレミアムモデルとして位置づけており、保証期間および搭載メモリの違いで3モデルが用意される。

 「647612J」は、CPUにCore 2 Duo SL7100(1.20GHz)、メモリ1GB、Intel GS965 Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)、64GB SSD、DVDスーパーマルチドライブ、WXGA+表示対応13.3型ワイド液晶、OSにWindows Vista Businessを搭載し、価格は346,500円。

 「647816J」は仕様はそのままで保証期間を3年に延長したモデルで、価格は357,000円。「647818J」は647816Jからメモリを2GBに増設したモデルで、価格は365,400円。

 インターフェイスは、USB 2.0×3、IEEE 802.11a/b/g/n(ドラフト2.0)対応無線LAN、Gigabit Ethernet、Bluetooth、ミニD-Sub15ピン、指紋センサー、セキュリティチップ、Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリはリチウムポリマーで、駆動時間は3.2時間。本体サイズは318×231×18.6〜23.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.42kg。

発表会場に展示されていたThinkPad X300 本体左側面。USBポート2基と音声入出力、排気口が見える。ヒートシンクのフィンも黒に塗装された 本体右側面。光学ドライブのみとシンプル
本体背面にはAC入力、ミニD-Sub15ピン、Ethernet、無線LANスイッチ、USBポートが1基見える ThinkPadでお馴染みの7列配列キーボード。タッチパッドも装備される。トラックポイントの左/右ボタンの赤線、中央の青破線が復活した ThinkVantageボタンはメッセージセンターと連動し、新しいメッセージが届くと青く光る
X300を分解した展示も。新設計のRoll Cageが目立つ X300の基板裏。小型でありながらSO-DIMMスロットを2基、Mini PCI Expressスロットを2基(うち1基はハーフサイズ)を搭載 基板表。こちらにもMini PCI Expressスロットが1基装備される
X300のキーボードを分解したところ。スイッチの改良によりキータッチを改善したという 冷却ファンは新規設計の小型軽量タイプ。回転スピードも3段階から4段階に増えた 手持ちのX61と比較したところ。X300のほうがX61の液晶分薄い
両者を開いてみたところ。X300は本体のみならず液晶も薄いことがわかる X61をX300の上に重ねてみたところ。フットプリントはX300の方が大きいが、重量は同じ X61とX300を開いてみたところ。X300の液晶の大きさが目立つ

□レノボ・ジャパンのホームページ
http://www.lenovo.com/jp/ja/
□ニュースリリース
http://www.lenovo.com/news/jp/ja/2008/02/0226.html
□製品情報
http://www-06.ibm.com/jp/pc/notebooks/thinkpad/x-series/x300_lineup.shtml
□関連記事
【2007年5月31日】レノボ、新Centrino Duo搭載「ThinkPad X61/X61 Tablet」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0531/lenovo.htm

(2008年2月26日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.