最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、「Office 2008 for Mac」を1月16日発売
〜家庭向けに3ライセンス入りで22,800円

1月16日 発売

価格:オープンプライス



 マイクロソフト株式会社は、Macintosh用統合オフィスソフト「Office 2008 for Mac」を1月16日に発売する。価格はオープンプライス

 ラインナップは、「Office 2008 for Mac」と「Office 2008 for Mac - Special Media Edition - with Expression Media」、「Office 2008 for Mac - ファミリー & アカデミック」の3つで、参考価格は順に49,800円(アップグレード版:28,000円)、52,800円(同:32,800円)、22,800円。

 Office 2008 for Macは、Word 2008/Excel 2008/PowerPoint 2008/Entourage 2008/Messenger for Macの5本を含む。これにメディア管理ソフト「Expression Media」を追加したのが上位パッケージとなる「Special Media Edition」。そして、通常のOffice 2008 for Macから、Entourage 2008のExchange ServerサポートとAutomator作成ツールを省いて3ライセンス入りとしたのが、「ファミリー & アカデミック」だ。

Office 2008 for Mac Office 2008 for Mac - Special Media Edition - with Expression Media Office 2008 for Mac - ファミリー & アカデミック

Mac Only, Mac Fisrtな新機能群
 新バージョンは、PowerPC/Intel製CPUの双方に対応した同社初のUniversalアプリケーションになったほか、Windows用の2007 Office systemと同じグラフィックエンジン「Office Art 2.0」を搭載し、そのSmartArtグラフィックを利用可能になった。また、「Mac Only, Mac First」のコンセプトを継承し、インターフェイスの改善や機能追加をすると共に、Office Open XMLファイル形式のサポートやメイリオを筆頭にMSゴシック/明朝(プロポーショナル版も含む)フォントを同梱することで最新の互換性を提供するという。

 新機能としては、WordにはDTPソフト風のデザインレイアウト機能を追加、Excelには簡単な財務管理表を作成する資産財務管理シートを追加した。そのほか、PowerPointとWordでは機能をタブ内のサムネイルで表示し、テンプレートやオブジェクトの挿入を用意にするエレメンツギャラリー機能や、パレットの内容をユーザーが選択したオブジェクトに応じて動的に変更する機能などを搭載した。

 対応OSはMac OS X 10.4.9以降。必要システムは512MB以上のメモリ、PowerPC G4(500MHz以上)/G5かIntel製CPUなど。

 このほか、単体のソフトとして「Word 2008 for Mac」と「Excel 2008 for Mac」を2月8日に発売する。参考価格は27,800円(アップグレード版:12,800円)。

PowerPC搭載Macにも対応する、Universalアプリとなった Office Art 2.0エンジンによるリッチなビジュアル表現 Office 2007 systemのSmartArtグラフィックを継承
Wordに搭載する、DTPソフト風のデザインレイアウト機能 Excelに資産財務管理シートを追加 Special Media Editionに追加されるExpression Media

●Macならではのユニークな機能を盛り込んだ

 同社は、12月5日にプレス向けに説明会を開催。執行役 ホーム&エンターテインメント事業本部 リテールビジネス事業部長 五十嵐章氏は、これまでのMac向け製品を振り返りながら、「23年を超えて、新しいOffice 2008を来年出せることを喜ばしく思っている」と語った。そのポイントとして、究極の生産性と安心を提供すること、Macならではのユニークな機能を盛り込むこと、家庭向けのお求めやすいエディションの提供の3つを挙げた。

 次いで、リテールビジネス事業部 コンシューマ製品部 エグゼクティブ プロダクト マネージャの仲尾毅氏は、「Mac向け製品の開発には専任のMac Business Unitを発足して取り組んでいる。アップルを除けば世界最大の開発部隊である」とった。

 Microsoftの製品は生産性の向上をコンセプトしているが、Mac向けでは特にMac First, Mac Onlyを掲げて最新の技術と機能を盛り込むとともに、その互換性を高め、双方を高いレベルで実現することを目指しているという。

 以下より、各ソフトの新機能を中心に紹介していく。

マイクロソフト 五十嵐章氏 マイクロソフト 仲尾毅氏
Mac向けBusinessの展開。97年には専任のMac Business Unitを発足 生産性の向上に加え、Macならではの機能と互換性の向上の両立がキー

●PowerPoint

 PowerPointでは、新エンジンの搭載に合わせ主にインターフェイスの改善が行なわれたほか、新テンプレート、iPhotoとの連動などを搭載する。

 従来独立したインターフェイスだったツールバーは、Appleの純正アプリケーションと同様のメインウィンドウに固定されたインターフェイスとなった。また、従来の設定パネルを強化してツールパレットとし、普段使う機能を集めて使い易くするとともに、タブを追加してより多くの機能を搭載した。また、テンプレートや画面の切り替え効果などを大きなサムネイルで提示し、わかりやすくしたエレメンツギャラリーを搭載した。

 ツールパレットでは、ユーザーが選択したテンプレートに対して、背景やフォントを設定することで簡単にテイストを変更できる。また、テンプレートにはカラーパレットが付属し、統一したトーンでスライドを作成できる。

 前述のようにWindows用2007 Office systemのSmart Artグラフィック機能を搭載したことで、例えば箇条書きしたテキストを、数クリックでグラフィカルに表現可能となった。テキストベースで編集可能で、自由に項目の追加/削除ができるほか、ビジュアルの変更もできる。

 そのほか、画像などのオブジェクトの位置を判別しやすくするガイドライン機能を搭載。追加されたクリップアートは解像度が高く、拡大縮小してもジャギーが目立たない。特殊文字も追加可能で、Appleのリンゴマークなども簡単に追加できる。

エレメンツギャラリー 設定パネルを強化したツールパレット
Smart Artグラフィック機能。テキストへの変更が、自動でビジュアルに反映される 特殊文字をパレットから簡単に入力できる

●Word

 Word 2008では、目玉の新機能として、写真やキャプションを含んだレイアウトフリーのドキュメント作成する「デザインレイアウト」機能を搭載。従来のWordではそういったデザインの方法がわからない/やりにくいといった意見があり、それらに対応するものという。

 この機能ではWordのインターフェイスが切り替わり、DTPソフトのように、ルーペツールによるスムーズな拡大縮小表示や、ハンドツールによる自由な移動が可能。また、作業フィールドの風合いをマホガニーやクルミなどに変更可能で、カスタマイズ性を高めている。

 そのほか、以前のWordでは出来なかった、紙面の外へオブジェクトを仮置きし、サイズ調整などができる。また、PowerPointと同様のガイドライン機能を搭載し、オブジェクトの配置を助ける。

 デザインレイアウトのナビでは、PowerPointのように、左のペインにページ単位でサムネイル表示する。ドキュメント形式でありながら、ページの入れ替えが可能なのも特徴。これらはWordの機能を使い易く実装したもので、ファイルの互換性はそのまま有効という。

Wordの新画面 紙面外にオブジェクトを仮置きし、サイズ調整などができる
ルーペやハンドツールでDTP風なインターフェイスを実現 ページ単位での入れ替えにも対応

●Entourage

 Entourage(アントラージュ) 2008は、元々マイクロソフトがMac向けに提供していた、電子メール、予定、連絡先の管理ツールなどを備えたソフト。言わばOutlook ExpressのMac向け版で、Office 2001 for Macの中核として位置づけられていた。

 2008では、これまでグループコラボレーションンサーバーである「Exchangeサーバー」への対応機能を付加/強化。Outlookと遜色ないレベルを目指して機能を追加したという。具体的には、新たなインターフェイスのほか、不在時のサポート機能やフィッシングメール対策、Spotlightへの対応など。

 そのほか、EntourageのサポートツールとしてToDo管理機能「My Day」を新たに追加。Entourage内の予定やToDoと連動し、情報を表示する。ワンクリックで印刷するボタンを備える。

Outlook ExpressのMac版であるEntourage 新たにToDo管理ツール「My Day」を追加

●そのほか

 そのほか、Mac OS Xのワークフロー作成機能であるAutomatorへ対応や、プレゼンテーションのiPodへの書き出し機能「PowerPoint to iPod」、アップルリモートへの対応、ツールパレットからの辞書や検索の利用、TSM Document Accessへの対応も盛り込む。

Mac OS Xのワークフロー作成機能「Automator」へ対応 iPodへのプレゼンテーション書き出し。jpg/png形式でアルバムとして書き出す。iPod touchではタッチパネルを利用した簡易プレゼンテーションも 12月12日にはRTMに、1月16日には日米同時発売(米国時間では15日)

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3292
□製品情報
http://www.microsoft.com/japan/mac/products/office2008/

(2007年12月5日)

[Reported by matuyama@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.