最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

東芝、ダブル地デジチューナ搭載「Qosmio G40」
〜VARDIAで録画した番組のDTCP-IP再生に対応

Qosmio G40

8月下旬 発売

価格:オープンプライス



 株式会社東芝は、AVノートPC「Qosmio G40/F40」を8月下旬より発売する。価格はオープンプライス。OSは全機種Windows Vista Home Premium。また、Office 2007 Personal、OneNote 2007がプリインストールされる。

 両機種共に筐体デザインは前モデルを継承する。

●ダブル地デジチューナ搭載、他AV機器との連携機能を強化した「Qosmio G40」

 Qosmio G40は17型ワイド液晶を搭載したAVノートPC。「G40/97D」1モデルのみが用意され、店頭予想価格は40万円前後の見込み。これまでは地上デジタル/アナログTVチューナを搭載していたが、G40/97Dでは地上デジタルTVチューナ×2となり、地上デジタル放送の2番組同時録画が可能となった。

 このほか、液晶TV「REGZA」(レグザ)との連動機能「レグザリンク」に対応。REGZAとHDMI接続し、REGZA側の外部入力を切り替えると、Qosmio内に保存した動画をREGZAから操作可能な「HDMI-CEC接続」機能を搭載。Qosmioが停止状態でも、REGZA側の外部入力を切り替えると連動してQosmioが起動する。

 また、DTCP-IP対応アプリケーション「CyberLink SoftDMA for TOSHIBA」を搭載。同一ネットワーク内にあるHD DVDレコーダ「VARDIA RD-A600/A300」内の映像をQosmioから視聴可能となった。

ネットワーク内にあるRD-A300の録画番組一覧を表示、Qosmioで視聴

 G40/97Dの主な仕様は1,920×1,200ドット(WUXGA)表示対応17型ワイド高色純度・高輝度Clear SuperView液晶(2灯式、350cd/平方m)、CPUにCore 2 Duo T7300(2GHz)、チップセットにIntel PM965 Express、GPUにNVIDIA GeForce 8600M GT(256MB)、メモリ2GB(最大4GB)、HDD 320GB(160GB×2)、HD DVD-Rドライブを搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×5、IEEE 1394(4ピン)×1、Type2 PCカードスロット×1、ExpressCard/54スロット×1、SDカード(SDHC対応)/MMC/xD-Picture Card/メモリースティック(PRO)対応スロット、IEEE 802.11a/b/g無線LAN、Gigabit Ethernet、200万画素Webカメラ、モデム、FeliCaポート、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、Sビデオ出力、S/PDIF出力、音声入出力などを備える。

 バッテリはリチウムイオンで、駆動時間は約3.2時間。本体サイズは約440×299.4×38.1〜45.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約4.8kg。

●全モデル地デジ対応「Qosmio F40」

 Qosmio F40は15.4型ワイド液晶を搭載したホームユースPC。これまで地デジチューナはCore 2 Duo採用の上位機のみ搭載されていたが、今モデルではCeleron採用機にも搭載された。構成はCore 2 Duoモデルが地デジチューナ×2、Celeronモデルが地デジチューナ×1となる。

 最上位モデルの「F40/88DBL」はCPUにCore 2 Duo T7100(1.80GHz)、チップセットにIntel PM965 Express、GPUにNVIDIA GeForce 8600M GT、HD DVD-Rドライブ、IEEE 802.11a/b/g無線LAN、HDMI出力を搭載し、店頭予想価格は30万円前後の見込み。

 F40/88DBLから光学ドライブを±R DL対応DVDスーパーマルチドライブに変更した「F40/87DBL」の店頭予想価格は25万円前後の見込み。

 F40/87DBLからチップセットをIntel GM965 Express(ビデオ機能内蔵)、無線LANをIEEE 802.11b/gに変更し、HDMI出力を省いた「F40/86DBL」の店頭予想価格は23万円前後の見込み。

 CPUにCeleron M 540(1.86GHz)、チップセットにIntel GL960 Express(ビデオ機能内蔵)、±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ、IEEE 802.11b/g無線LAN、地デジチューナ×1を搭載した最廉価モデル「F40/85D」の店頭予想価格は19万円半ばの見込み。

 そのほかの主な仕様は共通で、1,280×800ドット(WXGA)表示対応15.4型ワイド高色純度・高輝度Clear SuperView液晶(2灯式、490cd/平方m)、メモリ1GB(最大4GB、F40/85Dは2GB)、HDD 160GBを搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×4、ExpressCard/54スロット×1、SDカード(SDHC対応)/MMC/xD-Picture Card/メモリースティック(PRO)対応スロット、Ethernet、FeliCaポート、ミニD-Sub15ピン、Sビデオ出力、音声入出力などを備える。

 バッテリはリチウムイオンで、駆動時間はF40/88DBLとF40/87DBLが約1.3時間、F40/86DBLとF40/85Dが約2.6時間。本体サイズは約379×279×38〜45mm(同)、重量はF40/88DBLとF40/87DBLが約3.5kg、F40/86DBLとF40/85Dが約3.4kg。本体カラーはF40/85Dが白、それ以外のモデルが黒/白となる。

F40/88DBL F40/85D

□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2007_08/pr_j2001.htm
□製品情報
http://dynabook.com/pc/catalog/qosmio/070509qo/index_j.htm
□関連記事
【5月24日】東芝、新Centrino Duo搭載AVノート「Qosmio G40/F40」を発売延期
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0524/toshiba.htm
【5月9日】東芝、Santa Rosa搭載AVノート「Qosmio G40/F40」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0509/toshiba.htm

(2007年8月20日)

[Reported by ishid-to@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.