最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

【やじうまPC Watch】
ポーラ、PC作業は疲れ目でクマが悪化すると発表

7月18日 発表



 ポーラ研究所は18日、PC作業などにより目を使うことで、一時的に目の下のクマが悪化するという調査結果を発表した。

 同研究所が行なったのは2つの調査で、その内、疲れ目と皮膚との関係に関する調査では、女性20名に単純なPC作業を30分行なわせ、その前後で目周辺の肌に起こる変化を測定。

 特殊な測定装置を用い、「疲れ目」と判断された被験者の対象部位の皮膚反射スペクトルを計測し、肌の明るさを調べたところ、PC作業の前後で肌の明るさが有意に低下することが分かったという。

 この結果から同研究所は、長期的な老化だけでなく、短期的な目の疲れによっても、クマが悪化することが確認できたとしており、従来のスキンケアに加え、休養や食生活の改善、サプリメントの利用などで疲れ目を予防/改善することも効果的とまとめている。

□ポーラのホームページ
http://www.pola.co.jp/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.pola.co.jp/company/home/back/2007/19r056.pdf

(2007年7月18日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.