最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

米Apple、ラスベガスでApple Special Eventを開催
〜「Final Cut Studio 2」などプロ向け製品を発表

4月15日 開催

会場:Venetian Hotel(ラスベガス)



 米Appleは15日(現地時間)、16日から開催されるNAB 2007に先だって「Apple Special Event」を開催した。

 イベント開催直前の12日には次期OSである「Leopard」の発売延期を正式に発表、またクアッドコアXeonを2基搭載する8コアのMac Proをプロ向けハイエンド製品としてラインアップに追加したばかりとあって、そのイベント内容が注目されていたが、ビデオ製作用アプリケーションスイート「Final Cut Studio 2」とサーバアプリケーション「Final Cut Server」の2製品の発表が行なわれた。

この日のプレゼンテーターは、プロフェッショナル向け製品のプロダクトマーケティングを担当するRob Schoeben副社長

 今回のApple Special Eventは、ラスベガスの目抜き通りに位置するベネシアンホテルのボールルームに2,000名を超える招待客を招いて開催された。定刻から10分ほど遅れてイベントはスタート。この日の講演者は、同社のプロフェッショナル向け製品のプロダクトマーケティングを担当するRob Schoeben副社長だった。

 冒頭、Schoeben副社長は同社のFinal Cut(関連製品)のユーザー数が世界中で80万人を超えていることをアナウンス。ポップなアレンジでカバーされたWonderful WorldをBGMに、Final Cutを用いて制作された映画、音楽のプロモーションビデオ、CMなどをはじめとする著名な映像コンテンツを数分のラッシュ映像にして紹介した。BGMにWonderful Worldが使われているのは講演で何度も使われたフレーズ「It's a Final Cut World」にかけたもの。

 最初に発表されたのは「Final Cut Server」。膨大な映像コンテンツの管理とポストプロダクションが必要な放送関連のプロフェッショナルに向けたサーバアプリケーションだ。Schoeben副社長は映像制作の現場から寄せられた数多くのフィードバックを元に(買収元の旧製品から)ブラッシュアップされた同製品の有効性を強調。スモールビジネスから、世界各国にまたがるニュースメディアまであらゆる規模のワークグループにスケーラブルに対応可能としている。

 特徴は、100を超えるファイルタイプを管理・カタログ化、確認用のサムネールと作業用クリップの自動生成、IPTC、XMP、XMLベースのメタデータを使った検索や、クライアントのアクセス管理など多岐にわたるもの。さらに、米CBSのニュース制作担当者の現場の声をビデオ映像で紹介してみせた。

 クライアントはMacとPCのクロスプラットホームに対応。同時アクセス可能なクライアント数が10に制限される10クライアントライセンス版は999ドル、同時アクセスクライアント数に制限のないアンリミテッドクライアントライセンス版は1,999ドルで提供される。米国での出荷時期は今夏。日本国内向けは前者が118,000円、後者が238,000円で、同じく今夏の出荷を予定している。

100を超えるファイルタイプを管理・カタログ化、確認用のサムネールと作業用クリップの自動生成、IPTC、XMP、XMLベースのメタデータを使った検索など 各種ワークフローの自動化によって、個人そして組織全体の生産性を向上 今夏に出荷予定。同時アクセスクライアント数に制限のないアンリミテッドクライアントライセンス版は1,999ドル。国内では238,000円で提供される

●「Final Cut Studio 2」を発表

 続いてSchoeben副社長は同社における「プロフェッショナル向け製品で、これまで最大規模のアップグレード」として、「Final Cut Studio 2」を発表した。その核となるのは「Final Cut Pro 6」で、目玉は次世代のポストプロダクションフォーマット『ProRes(プロレズ) 422』への対応。非圧縮のHD映像に匹敵するクオリティを、SD並のファイルサイズで実現。フルラスターのHD映像1TBが170GBまで圧縮されることになるという。SONY、Panasonic、REDなどプロフェッショナル向けビデオカムメーカー各社が採用に向けて進んでいることで、これが次世代スタンダードであることを各社のコメントやビデオ映像をまじえて紹介した。

 Final Cut Pro 6のもう1つの特徴は『Open Format Timeline(オープンフォーマットタイムライン)』。解像度やフレームレートの異なる数多くの映像クリップをトランスコードすることなく、1本のタイムラインのなかでミキシングやマッチングが可能になる。これは実際のデモをまじえて紹介された。

次世代のポストプロダクションフォーマット『ProRes(プロレズ) 422』へ対応。非圧縮のHD映像に匹敵するクオリティを、SD映像並のファイルサイズで実現する プロジェクションをさらに写真にしてしまうとわかりにくいが、中央で左右に分割された非圧縮HD映像とProRes422では視覚的に区別が難しいという、わからないことこそがポイントとなるデモ映像
オプティカルフローベースのSmoothCam(スムーズカム)テクノロジで、不要なカメラの動きを取り除くこともできる Open Format Timeline(オープンフォーマットタイムライン)は、解像度やフレームレートの異なる映像クリップを一本のタイムラインのなかでミキシングなどを行なう

○3D環境へと進化した「Motion 3」

各種モーショングラフィックスが3D環境へと拡張されている。例えばドラッグ&ドロップを中心とした操作で、より視覚的なカメラ位置や移動の設定が可能 パーティクルなどのエフェクトも3D化された
サウンドトラックの音量や周波数にあわせて、オブジェクトが反応するアニメーションを簡単に制作できる機能も加えられた ベクターベースのペイントツールを使って、色やパーティクルのブラシだけでなく映像・画像のブラシを簡単に作ることができる

○5.1chミキシングも対応する「Soundtrak Pro 2」

ヘッズアップスポッティングディスプレイの採用で、効果音や台詞を正確に映像に合わせることができるようになった。デモでは、タクシーのドアが閉まるバタンという音を追加
1つのプロジェクトでステレオ音声と5.1chサラウンド音声をミキシング。視覚的にサラウンド位置の設定も可能

○2.8倍の高速エンコード「Compressor 3」

MPEG-2やH.264などの標準コーデックにサポート対象を拡大。テレビやDVDをはじめAppleTVやiPod、携帯電話までスケーラブルに対応 8コアのMac Proに対応。メニーコアでの動作を最適化したことなどで従来バージョンに比べて2.8倍の高速エンコードを実現するという
システム環境設定で、エンコードに使うコア数を設定する デモ用のアプリケーション。8個のコアすべてがほぼフル稼働でエンコードを行なっていることがわかる

 Final Cut Pro 6のほか、Final Cut Studio 2に含まれる「Motion 3」、「Soundtrak Pro 2」、「Compressor 3」のそれぞれにアップグレードされた各アプリケーションはSchoeben副社長が概要を紹介したあと、各製品担当者が新機能のデモを行なうスタイルが繰り返された。ちなみに「DVD Studio Pro 4」は現行バージョンのままで、Final Cut Studio 2に含まれる。

 ここまで紹介した時点でSchoeben副社長は「Final Cut Studio 2」の価格を発表。米国では従来バージョンと価格据え置きの1,299ドルで提供される。アップグレードパスは、現行のFinal Cut Studioから499ドル、あらゆるバージョンのFinal Cut Proから599ドルで用意され、米国では5月に出荷を予定している。日本国内では、フルパッケージを148,000円で販売。Final Cut Studioからは58,000円、あらゆるバージョンのFinal Cut Proから78,000円でアップグレードが行なわれる。日本における出荷は6月の予定。

●用意されたサプライズは「Color」。Final Cut Studio 2に同梱

サプライズとして発表された「Color」。プロフェッショナル向けカラーグレーディングおよびフィニッシングのためのアプリケーション

 スティーブ・ジョブズCEOの講演ほどもったいをつけたわけではないが、Schoeben副社長も彼なりのサプライズを用意していた。それがFinal Cut Studio 2に新たに加わるアプリケーション「Color」である。「Color」はプロフェッショナル向けカラーグレーディングおよびフィニッシングのためのアプリケーションだという。

 「Color」もここまでと同様にSchoeben副社長の概要紹介のあとでデモを行なうスタイルとなったが、既存のアプリケーションはApple社内のスタッフの手によるものだったが、この「Color」に限っては、FOX AustraliaのDavid Gross氏によってデモが行なわれた。

「Color」のデモの様子。リリースではプロジェクトをFinal Cut Pro 6から直接Colorに送って、グレーディング、フィニッシング、そして4:4:4画像処理で最終レンダリングを行なうといった、シームレスなワークフローを実現すると紹介されている
ガンマ、リフトそしてゲイン調整のようなカラーコレクションツールをはじめ、カスタムR、G、BおよびLumaカーブに対応。さらに色空間を3D表示して視覚的に認識 20以上のカラースタイル(シグネチャールック)が含まれ、これらをカスタマイズして、どのようなプロジェクトでも固有の情感を作り出すことが可能 Final Cut Studio 2への同梱が発表されると、会場ではこの日最大の喝采が起こった

同社の製品発表後、NAB 2007の会場となるラスベガスコンベンションセンターには「Final Cut Studio 2」の巨大なバナー広告が新たに掲げられた

 2時間弱のイベントは、Schoeben副社長からの「Editing unleashed」のメッセージで終了した。

 米Appleは16日(現地時間)からラスベガスコンベンションセンターで開幕するNAB 2007に出展。SONYに次ぐ、場内2番目となる大きなブースでこの日発表した新製品の展示とデモンストレーションを行なうほか、同社のプロフェッショナル向けソリューションが一堂に展示されることになっている。

□Appleのホームページ(英文)
http://www.apple.com/
□NAB 2007のページ(英文)
http://www.nabshow.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.apple.com/jp/news/2007/apr/15fcstudio.html
http://www.apple.com/jp/news/2007/apr/15fcserver.html

(2007年4月17日)

[Reported by 矢作晃]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.