最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、個人向けWindows Vista/Office 2007を発売
〜パートナーもVista向けコンテンツを提供開始

Windows VistaのCMより

1月30日 発売



 マイクロソフト株式会社は1月30日、6年ぶりのOSの新バージョンとなる「Windows Vista」のパッケージ版およびDSP版を発売開始した。

 Vistaは、新しい3Dユーザーインターフェイス「Windows Aero」による操作性の改善、検索機能/セキュリティ機能の向上、エンターテインメント機能の強化などが行なわれている。

 ラインナップは、エントリー向けの「Home Basic」、エンターテインメント向けの「Home Premium」、ビジネス向けの「Business」、および全機能を備えた「Ultimate」の4種類。

 発売に合わせて、同社は都内で発表会を開き、新製品の説明および同時展開されるパートナー各社のサービスについて紹介を行なった。

 冒頭では、同社 代表取締役 社長 ダレン・ヒューストン氏が挨拶。Vistaの全世界での販売本数をWindows XPの2倍、Windows 95の5倍にするという目標を掲げ、「VistaとOffice 2007の発売が新しいイノベーションの引き金となり、ハードウェアメーカーやソフトウェアベンダーの協力によってブレイクスルーがもたらされる」と述べた。

同社 代表取締役 社長 ダレン・ヒューストン氏 Office 2007のCMより

 ここで、先日から放送しているVistaおよびOffice 2007のCMを披露。続いて、Windows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン氏とインフォメーションワーカービジネス本部 本部長 横井伸好氏が登場し、発売を記念して鏡割りを行なった。

左からジェイ・ジェイミソン氏、ダレン・ヒューストン氏、横井伸好氏 【動画】鏡割り(WMV形式/385KB) 発売を記念して配られたVista/Office 2007ロゴ入りの日本酒

●Vistaに一度触れたらXPには戻れない

 ヒューストン氏は、コンテンツの製作量は5年に10倍に増える傾向を示し、写真や音楽などのデジタル化によって今後ますますデータが増加すると説明。OfficeとVistaの組み合わせによって、コンテンツマネジメントにブレイクスルーがもたらされ、肥大化するコンテンツを扱う上で重要なプラットフォームが生まれたとアピールした。

 また、もう1つの個人向けOSの重要な点として、ライフスタイルとワークスタイルを融合させることの重要性を指摘。壇上でVista搭載PCを利用したデモが披露された。

 ワークスタイルでは、「Outlook Web Access」によって、Webブラウザ上からあたかも会社のOutlookを使っているかのようにメールを読み、メールに添付されたPowerPointファイルに写真を挿入して返信することをデモ。「これはソフトウェアがクライアントだけでなく、オンラインサービス機能を融合していることを象徴するものだ」とアピールした。

デジタルワークスタイルとライフスタイルの融合 ヒューストン氏が自らデモを実演
PowerPointのスライドにビル・ゲイツとの合影を挿入するときも、「bill」をキーワード検索して抽出 Outlook Web Accessを通じて作成したスライドを送信

 ライフスタイルでは、Media Centerを利用して、音楽の再生と写真のスライドを同時に行なうデモが行なわれ、「これまでMedia Centerは日本国内向けにはあまり出荷されていなかったが、VistaによってMedia Center搭載PCが増える。これは国内の多くのユーザーにとって新しいエクスペリエンスを提供することになるだろう」と述べた。

 また、Vistaがもたらすコンテンツの変化の一例として、WPFの装備によってWebサイトや書籍コンテンツなどが変化すると説明。3D GUIによるユーザーフレンドリーなWebサイト、インタラクティブ書籍コンテンツなどの次世代コンテンツを披露し、「一度Vistaに触れてしまうと、もうXPに戻れないことを実感していただけると思う」と語った。

「仕事はここまでにして、エンターテインメント機能を披露しよう」とリモコンを片手にVista搭載PCを操作するヒューストン社長 Media Centerの音楽ライブラリから音楽を聴く
新しいWebコンテンツとして、WPFを利用した複数のストリーミング配信をデモ。複数の視点からレースを観戦する例 書籍コンテンツの一例。ページをめくる動作をするだけでなく、動画を用いた広告など紙媒体では実現できないことをアピール

●Vista向けコンテンツもパートナー各社から登場

Windows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン氏

 ジェイ・ジェイミソン氏は、Vistaに搭載される機能を使ったパートナー各社のコンテンツについて説明した。

 同氏はまず、「個人的にVistaの販売に関しては非常に楽観的に見ている」と説明。その理由として、ユーザーのニーズにあった豊富なラインナップを用意していること、すでに主要PCメーカー18社からVista搭載PC合計247機種が発表されていること、そしてパートナーがイノベーションを持っていることを紹介した。

 XP以前の利用ユーザーのアップグレードについても徹底的に支援するとし、互換性やシステム要件、アップグレード方法などを詳しく紹介したホームページを公開するとともに、Vistaが提供する新しい製品価値、ライフスタイルの変化などを、今後も積極的にプロモーションし、展開していくとした。

主要PCメーカー18社によるVista搭載PCの一斉発表 Vistaの製品価値を訴求 「プレミアムデジタルライフ」の実現

 また、Vistaの成功には、本体が持つイノベーションだけではなく、Vistaを取り巻くコンテンツの開発が欠かせないとし、コンテンツパートナー各社を紹介した。

 日本テレビ放送網株式会社では、Media Center対応の動画コンテンツ配信を3月より開始。最新のニュースやデータベースのコンテンツを流すだけでなく、放送しきれない番組なども配信して行く予定としている。

Windows本部 コンシューマWindows製品部 シニアプロダクトマネージャ 倉本玲子氏が登場し、各コンテンツのデモを担当 メディアオンライン対応パートナー各社
日本テレビの馬場典子アナウンサー(写真中央)と、第2日本テレビ事業本部次長 兼 VOD事業部長 田村和人氏(写真右) 放送された番組や、予定で放送しきれなかった番組を配信

 タブレット機能対応コンテンツとして、株式会社セガのゲーム「化石プレイ」を紹介。画面内にある化石を、7つの道具を駆使して掘り出すゲームだが、タブレットにより「タッチ&プレイ」を実現したという。

タブレット/タッチパネル機能対応コンテンツパートナー 株式会社セガ 代表取締役社長 小口久雄氏 「化石プレイ」のプレイ画面。シャベルやブラシなどの小道具を使って化石を“発掘”する

 Webサイトとして、株式会社ワーナー・マイカルのWebサイトをデモ。映画のトレーラーや上映情報、座席予約などを3Dユーザーインターフェイスで行なえ、「映画のみならずWebサイトそのものがコンテンツとして楽しめる」とアピールした。

Webサイトコンテンツパートナー 株式会社ワーナー・マイカル 常務取締役 営業企画本部長 橋本滋之氏 ワーナーのホームページでは映画のトレーラーなどをストリーミング配信している

 オンラインプリントサービスでは、12月に発表した株式会社セブンイレブン・ジャパンのサービスをデモ。Vistaの「Windowsフォトギャラリー」からオンラインプリントが容易にできることが披露された。

オンラインプリントパートナー 株式会社セブン&アイホールディングス 執行役員 システム企画部 CVSシステム シニアオフィサー 佐藤政行氏 Vistaでは、デフォルトでセブンイレブンのオンラインプリントサービスを利用できる

 Windows Media Player 11対応オンラインストアとしては、HMVジャパン株式会社のオンラインミュージックストアを紹介し、ソフトウェアの中で動作するオンラインサービスを提供している例としてアピールした。

 ここで、Vistaの発売キャンペーンとしてこれまで明らかにされなかった最後のキャンペーンを公開した。これは“Song de Premium”と呼ばれるキャンペーンで、Vista UltimateおよびHome Premium購入者に対して、毎週先着5千名のユーザーに音楽1曲を無料提供するもの。期間は2月1日〜2月28日までの1カ月間。また、期間中アーティストが選別した音楽のプレイリストを視聴できる限定サイトも公開する。

 Vistaソフトウェアコンテストについても触れられ、「80を超える多数の作品が応募され、選定が難航したが、ここまで大規模なコンテストができたことは、ユーザーからの支持が強いことを証明しており、嬉しく思う」と語った。

Media Player 11対応コンテンツパートナー HMVジャパン株式会社 取締役 E-Commerce本部長 デイビット・テリル氏 Media Player上から楽曲を購入できる
Song de Premiumキャンペーンの概要 Vistaソフトウェアコンテストの結果

●まずは触れてみること

 続けて、ダレン・ヒューストン氏が壇上に戻り、「'95年以来、PCとその技術は目覚しい進展を遂げ、当時を思い出すのが難しくなるほどだ。思い出すのが容易な6年前のXP発売時と比較しても、CPUの速度およびストレージの容量は10倍以上になっている。今後は、電子カルテの導入や、教育への普及も含め、25年後は現在の技術が色あせるほどに変化してゆくだろう。今後もパートナーと協力し、よりよい世界を創りだすために努力していきたい」述べた。

 最後に同氏は、「もし私が消費者に、XPにするか、Vistaにするかという選択についてのアドバイスをするならば、“まず自分で触れてみなさい”と言うだろう。販売店では多くのVista搭載PCが並べられていつでも触れられるし、VistaやOffice 2007に詳しい販売員は常駐しておりいつでも不明点について答えてくれる。実際に操作してみれば、VistaとOffice 2007のメリットをきっと感じていただけ、選択してもらえると思う」と語った。

インプレスジャパンではパーツの最新価格を3D UIで提供 ウェザーニューズのサイトは世界地図を3D化して表示 CinemaNow Japanではオンラインストリーミング配信などを提供
スクウェア・エニックスのサイトではパッケージを3D表示する 資生堂はVista対応の「美容ディクショナリー」を提供。さまざまな美容事典となっている シーネットネットワークスジャパンではWindowsとOfficeの歴史を振り返ったコンテンツを3D化
会場ではさまざまなサービス体験コーナーが用意された

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2949
□Windows Vista特集サイト
http://www.watch.impress.co.jp/headline/vista/

(2007年1月30日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.