最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

IBM、AMD・ソニー・東芝とHigh-k金属ゲート採用のトランジスタ技術を開発

1月27日(現地時間)発表



 米IBMは27日(現地時間)、AMD・ソニー・東芝と共同で「High-k(高誘電率)金属ゲート」と呼ばれるトランジスタ技術を開発したと発表した。

 現在、トランジスタのプロセスシュリンクは、ゲート絶縁膜などから漏れる無駄な電流や、それに伴う不要な発熱などから、技術的な限界に達しつつある。今回、IBMが発表した技術は、トランジスタにHigh-k金属ゲートを用いることで、これらの問題を回避し、より小さく、高速で、熱効率に優れたトランジスタの製造を可能とするもの。Intelも、ほぼ同時に同等の技術を発表している。

 またIBMは、ツーリングなどに最小限の変更を加えるだけで、既存のチップ製造ラインでHigh-k金属ゲートを使用するための製造技術も開発した。

 IBMでは、技術の詳細を公開していないが、今後開催される学会などで説明を行なっていくとしている。同技術は、同社イーストフィッシュキル工場で、2008年より45nmプロセス世代の製品で採用する予定。

□IBMのホームページ(英文)
http://www.ibm.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www-03.ibm.com/press/us/en/pressrelease/20980.wss
□関連記事
【1月29日】Intel、45nmプロセスの次期CPU「Penryn」の試作に成功
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0129/intel.htm
【2006年12月13日】IBMとAMD、45nmプロセス製品を2008年半ばに投入
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1213/ibmamd.htm
【2006年1月12日】IBM、ソニー、東芝が32nm以降のプロセス技術を共同開発
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0112/ist.htm

(2007年1月29日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.