最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Windows Vista搭載PCが各メーカーから一斉登場
〜イノベーションでPC市場に新しい波を

Windows VistaとOffice 2007のパッケージが並んだ発表会場

1月15日 発表



 マイクロソフト株式会社の次期OS「Windows Vista」の発売を半月後に控えた1月15日、Vistaおよびthe 2007 Office System(以下Office 2007)を搭載したPCが解禁となり、各メーカーから搭載モデルが一斉発表された。

VistaとOffice 2007のパッケージを手にするダレン・ヒューストン氏

 同日、マイクロソフトは都内で発売前記者発表会を開催し、Vista発売までの取り組み、およびPCメーカーなどのパートナー各社との協力について説明した。

 冒頭では、同社 代表取締役 社長 ダレン・ヒューストン氏が挨拶。コンシューマ向けパッケージの販売の期待について同氏は、「Vistaの効果はデジタルワークスタイルに変化をもたらし、生産性を向上させるだけでなく、ユーザーがデジタル音楽、ビデオ、写真をより簡単に、安全に楽しむことができるようになる。Vistaでデジタルライフスタイルへの革新をもたらし、デジタルホームの普及を期待したい」と語った。

 また、過去を振り返り、「11年前のWindows 95とOffice 95の同時発売で、新しいGUIにより新しいコンピューティング時代がスタートを切り、PCが大衆化された。Windows XPはインターネット時代のPCにフォーカスして開発され、5年前には世帯普及率が低かったブロードバンドも今では7割を超えようとしている。そして2007年1月30日、Vistaの登場により新たなPC時代が始まろうとしている」とした。

 “新たなPC時代”と呼ばれるからには、ハードウェアとソフトウェアの双方の革新が欠かせないとされるが、ハードウェア面では、HD DVD/Blu-ray Discなどの新デバイスの登場、図書館の70%のコンテンツが保持できるようになる1TB HDDの発売などを挙げた。一方、ソフトウェア面ではVistaを中心に、コンテンツをよりシンプルに扱え、よりセキュアなものになるだけでなく、デジタル音楽や写真、HD動画などのサポートを挙げ、“新たなPC時代の到来”を掲げた。

 また、1月30日の発売まで残りわずかとなったが、これまでWPCやAKIBAXなどを通じてユーザーがVistaに触れる機会を作ってきたことで、購入意欲が2倍以上になったアンケート結果を集計したという。この結果を踏まえ、発売までにはVistaに触れられる機会をさらに増やし、購入意欲を高めたいとした。

 ここで同氏は、Vista Ultimateのエクストラ機能「DreamScene」を紹介し、デスクトップの壁紙として動画を置くことを披露。続いて、VistaとOffice 2007のパッケージを手に、同社 Windows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン氏と同インフォメーションワーカービジネス本部 本部長 横井伸好氏が登場し、VistaとOffice 2007のパッケージを開封した。

「DreamScene」で動画を壁紙に Office 2007のパッケージを手にする横井伸好氏(写真左)とVistaのパッケージを手にするジェイ・ジェイミソン氏 ヒューストン氏の指示で同時にパッケージを開封
横井氏より先にVistaのパッケージを開封したジェイミソン氏 続いてOffice 2007のパッケージも開封 【動画】ヒューストン社長の合図でパッケージを開封するジェイミソン氏と横井伸好氏(WMV形式/約1MB)

 VistaとOffice 2007のパッケージについてはAKIBAXのイベント時に既に展示されているが、円を描くような形の右上角も特徴的でありながら、開封方法もユニーク。従来のような観音開きではなく、パッケージの右下角を軸にトレイを90度回転させてメディアを取り出すようになっており、これは開封しやすいようにした構造だという。壇上では、ジェイミソン氏が10秒程度で完全包装の状態からメディアが見えるまで開封してみせた。

●プロモーションを積極的に展開し、「PC市場に新しい波を」

 Vistaの発売に関してのさまざまな施策について、ジェイミソン氏は、「Vistaの登場により、PCが秘めていた可能性をユーザーを引き出せるようになる。当社は“新世代プレミアム。”というスローガンを元にユーザーにVistaのプロモーションを展開し、Vistaによって、デジタル写真/音楽/インターネットなどがより楽しく、より安全に扱えるようになることをアピールしていきたい」とした。

 これまでも、WPCやAKIBAXなどのイベントを通してユーザーにVistaを触れてもらう機会を設けてきたが、今後の具体的なプロモーションとしては、デジタルライフのシナリオを想定したプレス向けショールーム「デジタルライフメゾン」の開設、1月27日〜28日に表参道ヒルズおよび主要販売店90店舗にてVistaおよびOffice 2007紹介イベントを開催するとした。

 また、旧OS製品からVistaへの移行をサポートするために、既に標準でサポートされている16,000デバイスのリスト、アプリケーション互換性情報などの掲載を行なっているとアピール。さらに、Vista認証ロゴ取得プログラムの認証数の増加、および現在使用中のPCのVista互換性のレポートを表示させるツール「Windows Vista Upgrade Advisor」の公開なども含め、積極的に移行を進めて行くとしている。

VistaのCMのナレーションは中嶋朋子が担当 “新世代プレミアム。”がプロモーションのキーワード Vistaによって実現される機能をシナリオごとに紹介
ショールーム「デジタルライフメゾン」の概要 「新世代プレミアムフェスタ」と題されたVista/Office 2007紹介イベント 互換性情報の公開も積極的に努める
Vista認証ロゴプログラムの増加 互換性検証ツール「Windows Vista Upgrade Advisor」はVista発売と同時に公開

 発売後のキャンペーンとしては、Vista Ultimate/Home Premiumパッケージ購入者に、先着10万名にCinemaNow Japanのメディアオンラインサービスでに最大2カ月間のハリウッド映画見放題権が付属する「Cinema de Premium」キャンペーン、Vista/Office 2007同時購入者に抽選100名でデジタルライフグッズが当たる「同時発売プレミアムキャンペーン」を展開していくという。

Vista発売キャンペーン「Cinema de Premium」。ハリウッド映画視聴権2カ月分が先着10万名でHome PremiumとUltimateに付属 Vista/Office 2007の同時購入者に抽選100名でデジタルライフグッズが当たる Vistaによって実現されるデジタルワークスタイル/デジタルホームスタイルの両立

 ここで、インテル株式会社 マーケティング本部 本部長 阿部剛士氏が登壇し、Vistaの発売に祝辞を送った。同氏は、「1月30日は待ちに待ったVistaの発売。当社は2006年にCore 2 Duoを発売し、エンドユーザーに多大な支持をいただいたが、Vistaと組み合わせることによって世界最高の体験を提供できると確信している。今後、パートナーの革新的な製品によってPC市場は再び活性化することに期待しつつ、マイクロソフトと共同でキャンペーンを積極的に展開していきたい」と話した。

インテル株式会社 マーケティング本部 本部長 阿部剛士氏 Core 2 DuoとVistaの組み合わせによって実現する「世界最高の体験」

 日本AMD株式会社 取締役 マーケティング本部 本部長 吉沢俊介氏も祝辞を送り、「HD DVDやBlu-ray Discの登場、DirectX 10による次世代3Dグラフィックスの実現、地上デジタル放送の対応など、今まさに新しい技術の嵐が来ている。Vistaの発売はまさにその絶好の時期に乗っており、私からは“パーフェクトストーム”と称したい。今後もマイクロソフトと緊密に連携し、PC市場を盛り上げていきたい」と語った。

日本AMD株式会社 取締役 マーケティング本部 本部長 吉沢俊介氏 Vistaを取り巻くデジタル環境 Vistaが市場に与えるインパクト

 ジェイミソン氏は、「Vistaは過去のどのWindowsと比較しても最も革新的で、最もインパクトが大きい。それだけにPC市場に大きな波がもたらされると確信している。VistaとPCベンダーのエコシステムによって、PCに新しい息が吹き込まれるだろう。今後もVistaによって登場する新たなPCの使い方、これまでにないアプリケーションの開発に期待したい」と語った。

●30日以降にはVista搭載PCも一斉登場

 続いて、PCメーカー8社の代表者が登壇し、自社製品の紹介やVista発売に向けての取り組みなどを紹介した。

 ソニー株式会社 コーポレート・エグゼクティブSVP 石田佳久氏は、「2007年はVista発売の年だけでなく、VAIOが誕生してから10周年になる年でもある。これまでデジタルホームを実現するためにさまざまなPCを開発してきたが、Vistaの発売に合わせ、家庭内ネットワークの中心となるマルチメディアセンター“VAIO TP1”を発表できたことをうれしく思う。また、VistaのBDの標準サポートやビジネス向け機能の強化により、我々はコンシューマとビジネス双方に市場展開ができるようになる。Vista発売を節目に、次の10年に向けたVAIOを展開していきたい」と話した。

ソニー株式会社 コーポレート・エグゼクティブSVP 石田佳久氏 マルチメディアセンター「VAIO TP1」 TP1は発表会場にも展示

 デル株式会社 マーケティング&オペレーションズディレクター ジェームス・リー氏は、「現行機種の設計にあたり、我々はVista発売前からVistaを意識して互換性がある製品をデザインした。今後は企業向けのコンサルティングサービスや、データ/環境移行サービスなどを提供し、Vistaへの移行をサポートしていきたい」とした。

デル株式会社 マーケティング&オペレーションズディレクター ジェームス・リー氏 Vistaを意識した製品開発 Vistaへのデータ/環境移行サービスも提供

 株式会社東芝 執行役上席常務 PC&ネットワーク社 社長 能仲久嗣氏は、「Vistaの搭載において、さまざまなイノベーションを入れてきた。Vistaに搭載される新機能により、当社はCESでは新しいタブレットPCや、UWBを利用した世界初のワイヤレスポートリプリケータなどを展示できた。今後もVistaとOffice 2007を搭載した製品を提供していく」と語った。

新開発のタブレットPCを手に持つ株式会社東芝 執行役上席常務 PC&ネットワーク社 社長 能仲久嗣氏 Qosmioも会場展示

 NECパーソナルプロダクツ株式会社 代表取締役 社長 高須英世氏は、「Home Basicを除くVistaにはAeroという美しいユーザーインターフェイスを備えているが、当社は個人向け23モデルでHome Premiumを全面採用し、新しいユーザー体験ができるよう努めた。また、独自の機能としてOSが起動する前にウイルスパターンをダウンロードしウイルスの脅威を減らす機能もビジネスモデルに展開していく。今後もVistaによって大いに盛り上げていきたい」とした。

NECパーソナルプロダクツ株式会社 代表取締役 社長 高須英世氏 Vista Home Premium搭載モデルを全面展開

 富士通株式会社 経営執行役 パーソナルビジネス本部長 山本正巳氏は、「Vistaの発売に伴い投入される“FMV TEO”は、現在進んでいる液晶TVの大型化のトレンドに則ったホーム向け製品。HDMI端子の標準装備により、ケーブル1本でTVと接続し、TV番組の視聴や録画、ネット上のメディアを再生できるようになった。今後もこのような楽しいPC製品を展開していきたい」と話した。
富士通 経営執行役 パーソナルビジネス本部長 山本正巳氏 多様なニーズに応える豊富なラインナップ 大画面の液晶TV向けに開発されたFMV TEO

 このほか、日本ヒューレット・パッカードはコンシューマとブレードPCへの本格参入、日立製作所は独自のメディアセンター対応録画アプリケーションの開発、レノボ・ジャパンはオリジナルソフトウェア「ThinkVantage」とVistaのセキュリティ機能の相互運用について紹介した。

日本ヒューレット・パッカード 副社長執行役員 パーソナルシステムズ事業統括 岡隆史氏 日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ ユビキタスシステム事業部 事業部長 金子徹氏 レノボ・ジャパン 代表取締役 社長 天野総太郎氏

 最後にヒューストン氏は、「今後のPC市場の活性化には、我々のVistaだけでなく、PC業界全体が一体となってエコシステムを構築していかなければならない。PCは登場してから25年間経つが、これまでの産業革命の中でもっともイノベーションのあるものだ。Vistaの発売を機にさらなる変革をもたらし、PC業界が変わって行くことに期待してもらいたい」と語った。

 発表会場には、各PCメーカー/ショップブランドのVista搭載PCが展示された。

エプソンダイレクト「Endeavor NJ5000 Pro」 アロシステム「W5600L」 富士通「FMV-TEO」
ソーテック「WinBook DN7020」 マウスコンピューター「Lm-i420S」 ドスパラ「Prime Monarch LX」
KOUZIRO「FRFM700」 日本エイサー「Aspire L320 C2D E6300」 Gateway「GT5086j」
ASUSTeK「W6Fp 3P030C」 九十九電機「AeroStream B30J-7150E2」 発表会ではVistaのスタートボタンをあしらった飴が配布された

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2936
□Windows Vistaのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/
□Windows Vista特集サイト
http://www.watch.impress.co.jp/headline/vista/

(2007年1月15日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.