最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

富士通、HDMIで大画面TVと接続するリビングPC「FMV-TEO」

FMV-TEO

1月30日 発売

価格:オープンプライス

連絡先:購入相談窓口
     Tel.0120-719-242



 富士通株式会社は、2007年春モデルとして、リビングルームの大画面TVとの接続を想定したPC「FMV-TEO(テオ)」シリーズを1月30日に発売する。価格はオープンプライス。

 大画面TVとHDMIで接続し、リビングでインターネットや各種コンテンツを楽しむことを想定したPCで、ディスプレイは付属しない。リビングでの親和性を高めるため、AVラックに収まる横置きデザインの採用やモバイルプラットフォーム採用による静音性の向上、Vistaのスリープモードを応用した起動速度向上などの工夫が施されている。

TEOオリジナルのリモコン

 TEO独自の機能として、「GyaO」や「@nifty動画」、マイクロソフトの「メデイアオンライン」のコンテンツを、専用のネットテレビメニューからリモコンのみで操作可能になっている。また、リモコンは専用のものを新たにデザイン。パナソニック製のビエラリンク対応TVなどと接続した場合には、「ネットテレビ」ボタンを押すことでTEOとテレビの同時起動からPC画面への切り替えまで自動で行なえる「ワンタッチ画面表示」機能を利用できる。

 上位モデル「TEO50U/D」は、Core 2 Duo T5500(1.66GHz)/1GBメモリ/400GB HDD/IEEE 802.11a/b/g対応無線LANを搭載するほか、フルデジタル信号処理の高画質化技術「Dixel」を搭載した地上波デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル放送対応チューナを搭載して、店頭予想価格は18万円前後の見込み。下位モデル「TEO30U」からTVチューナが省かれ、Celeron M 410(1.46GHz)/512MBメモリ/160GB HDDを搭載して、店頭予想価格は10万円前後の見込み。

 そのほかの仕様はほぼ共通で、チップセットにAMD Radeon Xpress 1250(ビデオ機能内蔵)、スロットイン式±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows Vista Home Premiumを搭載する。インターフェイスはUSB 2.0×6、IEEE 1394×1、Gigabit Ethernet、SDカード/xD PictureCard/メモリースティック対応スロット、DVI出力、HDMI出力、音声入出力、光デジタル出力(角形)などを備える。

 本体サイズと重量は共通で、340×362.5×65mm(幅×奥行き×高さ)で約6.4kg。タッチパッド付きのワイヤレスキーボードが付属する。

試作器背面のインターフェイス。上段左から地上デジタル端子、BS/110度CSデジタル放送端子。下段左からHDMI端子、DVI-I端子、スピーカー端子、Ethernet、USB、オーディオ入出力、S/PDIF 前面のインターフェイスはカバーで覆われる。左からオーディオ入出力、USB×2、IEEE 1394(4ピン)、SDカード/xD PictureCard/メモリースティック対応スロット、B-CASカードスロット

□富士通のホームページ
http://jp.fujitsu.com/
□ニュースリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2007/01/15-2.html
□関連記事
【1月10日】【CES】【Microsoft編】富士通がHDMI端子付きリビングPCを展示
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0110/ces11.htm
□2006年秋冬モデルリンク集
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/link/fallwinterpc.htm#fujitsu

(2007年1月15日)

[Reported by matuyama@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.