最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

東芝、回収対象バッテリの判定プログラムと連絡先を公開

dynabook SS MX

10月10日 公開



 株式会社東芝は10日、告知していたソニー製リチウムイオンバッテリパックの自主回収プログラムで、交換対象のバッテリパックを判定するプログラム、および連絡窓口を公開した。

 同日公開された「判定プログラム」(約158KB)では、交換対象のバッテリパックであるかどうかを判定し、対象だった場合、続けてバッテリパックの交換をインターネット経由で申し込める。使用方法は、判定プログラムをダウンロードして実行し、自己解凍されたフォルダ内の「batterycheck2.exe」を実行する。実行時には判定するバッテリパック、ACアダプタ、ACケーブルを接続し、周辺機器を取り外すよう呼びかけている。

 判定プログラムで対象だった場合でも、インターネット経由ではなく、電話およびFAXでの申し込みが可能。どちらも、判定プログラムで表示された情報を控え、電話は「0120-366-554」(海外からの場合は「043-303-1705」)、FAXは告知ページの「部品交換プログラム申込書」(PDF)に記入し、「0120-554-811」(同「043-303-1714」)へ申し込む。

 対象外の場合は、そのまま使用中のバッテリパックを継続して使用でき、部品交換プログラム窓口への連絡も不要。

 「判定プログラム」を利用できない場合は、告知ページに用意されている各機種の「バッテリパックの取りはずし方/取り付け方」と「バッテリパックのバーコードラベル確認方法」を参考に調べることができる。バーコードラベルで判定できる対象のバッテリパックは、10月4日に情報が公開されている。申込先は前述した電話番号と同じ。

□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/
□ニュースリリース
http://dynabook.com/assistpc/info/battery/index_j.htm
□ソニー製リチウムイオン充電池問題 リンク集
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/link/lithium.htm
□関連記事
【10月4日】東芝、バッテリ回収の対象ノートPCを公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1004/toshiba.htm
【9月29日】東芝、ソニー製バッテリパックのリコールを実施
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0929/toshiba.htm

(2006年10月10日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.