最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ソニー、セパレート構造のハイエンドPC
「VAIO type R master」

VGC-RM70DPL4

10月28日 発売

価格:オープンプライス

連絡先:バイオカタログセンター
     Tel.03-5454-0700



 ソニーは、動画視聴/編集機能を重視したデスクトップPC「VAIO type R master」を10月28日より発売する。価格はオープンプライス。

 同社のタワー型PC「VAIO type R」からの派生モデルだが、設計コンセプトを一新。光学ドライブ、メモリカードスロットなど手元で操作する機器を搭載するアクセスユニットと、CPU、HDDやビデオカードなど固定パーツを搭載するメインユニットの2ユニット構成とし、レイアウトの自由度や操作性、利便性を高めた。

 アクセス/メインユニットいずれも幅約430mmに統一され、オーディオラックなどにも収納可能。アクセスユニットとメインユニットは約1.8mの専用ケーブル(USB+PCI Express)で接続される。電源ボタンはアクセスユニット、メインユニット双方に搭載され、どちらからも起動できる。

 アクセスユニットはパラレルATAおよびシリアルATAインターフェイスを備え、5インチベイにHDDや光学ドライブを増設可能。

 アクセスユニットの空きベイは5インチ×1。インターフェイスはUSB 2.0×4、IEEE 1394(4ピン)×1、メモリースティックPRO/デュオ対応スロット、SDカード/MMC対応スロット、スマートメディア/xD-Picture Card対応スロット、CF対応スロット、Type2 PCカードスロット×1(無線LANアダプタ用)、Bluetooth 2.0+EDR、音声入出力などを備える。

 メインユニットはBTXフォームファクタを採用。最長314mmのPCI/PCI Expressカードを増設可能。フロントパネル背面に穴加工を施し、駆動音を相殺することで静音性を実現したという。フロントアクセス式のHDDブラケットは振動/騒音防止の緩衝材を備える。

 メインユニットの拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI×2。空きベイは3.5インチシャドウ×2、5インチ×1。インターフェイスはUSB 2.0×8、IEEE 1394(4ピン)×1、IEEE 1394(6ピン)×1、Gigabit Ethernet、DVI-D×1(HDCP対応)、PS/2×2、Sビデオ入力端子×2、コンポジット入力端子×2、S/PDIF出力(光角型)、音声入出力などを備える。

 構成や付属液晶の違いで3モデルが用意される。1,920×1,200ドット(WUXGA)表示対応24型ワイド液晶ディスプレイ「SDM-P246W」とのセットモデル「VGC-RM70DPL4」の店頭予想価格は約55万円前後の見込み。主な仕様はCPUにCore 2 Duo E6600(2.40GHz)、HDD 500GB(250GB×2)、NVIDIA GeForce 7600 GT(256MB)、Blu-ray Discドライブ、地上/BS/110度CSデジタルTVチューナ、地上アナログTVチューナ×2、DVI-I×1を搭載。

VGC-RM50L9

 1,280×1024ドット(SXGA)表示対応19型液晶ディスプレイ「SDM-G96D」とのセットモデル「VGC-RM50L9」の店頭予想価格は約29万円前後の見込み。主な構成はCPUにCore 2 Duo E6300(1.86GHz)、HDD 400GB(200GB×2)、NVIDIA GeForce 7600 GS(256MB)、±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ、地上アナログTVチューナ×2、D-Sub15ピン×1を搭載。

 VGC-RM50L9から液晶を外した「VGC-RM50」の店頭予想価格は約23万円前後の見込み。

 全モデル共通でチップセットはIntel P965 Express、メモリ1GB(PC2-5300/最大3GB)、OSはWindows XP Home Edition(SP2)を搭載。

 本体サイズ/重量は、メインユニットが約430×440.5×140mm(幅×奥行き×高さ)/約15kg、アクセスユニットが約430×290.5×64mm(同)/約6kg、SDM-P246Wが約560×275×427mm(同)/約12.5kg、SDM-G96Dが約422.5×163×435.5mm(同)/約5.6kg。

 付属品はFeliCaポート付きUSBキーボード、レーザーマウス、アクセスユニット縦置きスタンド、ステレオスピーカー、マルチリモコンなど。動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro 2.0」、MPEG-2エンコーダ「TMPGEnc 4.0 XPress for VAIO」、画像処理ソフト「Adobe Photoshop Elements 4.0」など。

 直販専用「VAIO・OWNER・MADE」モデルは同日より受注を開始する。CPUにCore 2 Extreme X6800(2.93GHz)、2TB HDD(500GB×4)、液晶ディスプレイの有無などを選択可能。最低受注価格は192,000円前後から。

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□製品情報
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/RM1/
□関連記事
【5月16日】ソニー、Blu-rayドライブ搭載「VAIO type R」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0516/sony3.htm

(2006年10月3日)

[Reported by ishid-to@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.