最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

LenovoとIBM、ThinkPad R/T/Xのバッテリを自主回収
〜全世界で約52万6,000個を出荷

ThinkPad X60s

9月28日(現地時間) 発表



 米Lenovo米IBMは28日(現地時間)、全世界に出荷されたThinkPad R/T/Xシリーズのソニー製バッテリを自主回収すると発表した。

 対象となるのは、ThinkPad T43/T43p/T60、同X60/X60s、および同R51e/R52/R60/R60eのリチウムイオンバッテリで、製造部品番号または保守部品番号が下記のもの。該当バッテリにおいて極端なオーバーヒートが発生し、発火の危険性があるという。該当バッテリおよび搭載ThinkPadは全世界に約52万6,000個出荷された。

製造部品番号 (ASM P/N) 保守部品番号(FRU P/N)
92P1072 92P1073
92P1088 92P1089
92P1142 92P1141
92P1170 92P1169/93P5028
92P1174 92P1173/93P5030

 加えて、上記のバッテリは上記以外のT40番台、R50番台シリーズのノートPCで使用できるため、2005年2月から2006年9月に同バッテリを追加したり交換したユーザーも対象になる。

バッテリ部品番号の確認方法

 部品番号はバッテリの裏側に印刷されているシールで確認できるほか、レノボのホームページよりダウンロードできるWindows対応のバッテリ情報検出プログラムを利用することで該当製品かどうかを確認できる。

 該当バッテリを所持しているユーザーは下記まで連絡し、無償交換を行なう。新しいバッテリが届くまでは旧バッテリを取り外し、ACアダプタで使用するよう呼びかけている。

◎レノボPC特設窓口
Tel.0120-277-874

 レノボは8月18日に、他社製品とは設計、充放電の方式も異なるため同社製ノートPCの安全宣言をしていた。しかし、9月に一部メディアで報じられたロサンゼルス空港でのThinkPad発火事件について調べた結果、危険性を確認したという。なお、今回の自主回収に関する費用はソニーが負担する。

【お詫びと訂正】初出時、レノボPC特設窓口の番号を誤って記載しておりました。正しくは0120-277-874です。お詫びして訂正させていただきます。

□Lenovoのホームページ(英文)
http://www.lenovo.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.lenovo.com/news/us//en/2006/09/battery_recall.html
□ニュースリリース(和訳)
http://www.lenovo.com/news/jp/ja/2006/09/0929.html
□バッテリ自主回収プログラム
http://download.boulder.ibm.com/ibmdl/pub/pc/pccbbs/mobiles/batteryrecall_ja.html
□ソニー製リチウムイオン充電池問題 リンク集
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/link/lithium.htm
□関連記事
【9月26日】レノボ、ThinkPad発火問題を調査中
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0926/lenovo.htm

(2006年9月29日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.