最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

エレコム、3次元空間の操作が可能なレーザーマウス

「M-3D1UR」シリーズ(本体色:黒)

11月下旬 発売



白モデル

 エレコム株式会社は、3Dの操作が可能なレーザーマウス「M-3D1UR」シリーズを開発し、11月下旬より出荷開始する。販売予定価格は16,000円で、店頭予想価格は12,800円前後となる見込み。対応OSはWindows XP。

 通常のマウスの基本機能に加えて、米Sandio Technologyが開発した3D操作技術を搭載したマウス。指で操作可能なジョイスティックを本体左側面、右側面、上面に1本ずつ装備し、3Dの操作を可能にした。マウス操作だけで3Dのカメラ移動、またはオブジェクト移動が可能で、同社は国内初の3Dマウスとしている。

 ジョイスティックの操作による3D動作はソフト側が対応している必要があり、自由に定義可能だが、一例としてX/Y/Z軸の傾き(カメラ/オブジェクトの上下左右移動)、およびPitch/Yaw/Roll軸旋回(カメラ/オブジェクトの回転)が割り当てられている。

 また、ジョイスティック操作時に本体がズレないよう安定させ、パームレストとしても機能する「ホールドフラップ」を装備。通常マウスとして利用する場合は取り外しもできる。

3D操作ジョイスティック設定の一例 ホールドフラップは取り外し可能

 ジョイスティック部を除いたボタン数は5で、ホイール付き。センサーはレーザーで、解像度は400/800/1,600/2,000dpiの4段階に切り替えられる。インターフェイスはUSB。

 本体サイズは約172.7×116.3×44.5mm(幅×奥行き×高さ、ホールドフラップ装着時)、重量は約170g。ケーブル長は2m。

会場に展示された3Dマウス 同白モデル

●Windows Vistaの3D GUIにマッチした製品

 13日に都内で行なわれた製品発表会には、同社 代表取締役社長 葉田順治氏が挨拶した。

 同氏はまず、これまでのOSの進歩を紹介し、「MS-DOSはキャラクタユーザーインターフェイスで1D、Windowsはグラフィックスユーザーインターフェイスで2D化してきたが、2007年に控えたWindows Vistaは3Dのユーザーインターフェイスを備えている」と説明。

 新製品については、「当社は20年間マウスについて開発してきたが、いずれも2次元の域を出なかった。VistaによるGUIの3D化に伴い、ポインティングデバイスも3Dに進化することで、PCの新たな使い方が生まれてくる」と話し、期待を寄せた。

代表取締役社長 葉田順治氏 OSのユーザーインタフェイスの進化 マウスの進化

 Sandio TechnologyのJames Hsieh CEOは、新製品に搭載された技術の製品化について「多次元入力の技術は'91年にすでに開発が始まっていたが、製品化はこれが初。葉田社長が3Dマウスを製品化したことは、2Dマウスを製品化したAppleのスティーブ・ジョブスに似ていると思う。これまでになかった製品の域に踏み切るのは企業の先駆者として賞賛したい」と賛辞を送った。

 また、新製品については、「時代は3Dに移り変わりつつあるが、周辺機器は依然として2Dのままのものが多い。しかし任天堂のWiiの登場により、ようやく3Dのインプットデバイスが注目され始めた。新製品により、3D CADソフトの生産性向上や、3Dゲームでの新しい体験を生み出していきたい」と話した。

Sandio TechnologyのJames Hsieh CEO 3Dマウスの製品化までの経緯

 会場では、実際に新製品を利用した各種デモなどが展示され、マウスだけでUnreal Tornamentをプレイするスタイル、Google Earthのズームや回転操作をキーボードを使わず行なえることなどが紹介された。

 また、同様の3D操作機能を搭載しながら、本体の形を変えたモックアップも4種類展示された。これらの製品については2007年春に製品化する予定。

マウス操作のみでUnreal Tornamentをプレイ。左手による方向移動やジャンプ操作が不要で、武器切り替えに専念できるため、プレイスコアの向上が見込めるという。そのほかの利用法としては、「左手でタバコをくわえながらプレイできる」とJames Hsieh CEO 【動画】マウス操作によるキューブの回転。指の動きに注目(WMV/約340KB)
2007年春に発売予定されている製品のモックアップタイプA。ジョイスティック型でゲームでの利用を想定している こちらはタイプB。CADでの利用を想定したデザイン 奇抜なデザインのタイプC。「次世代ポインティングデバイスを先取りしたフォーム」としている
お米のような形をしたタイプD。ベーシックな形で女性ユーザーもターゲットにしている 本体色がブルーでホールドフラップを装備しない製品も参考展示された

□エレコムのホームページ
http://www.elecom.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.elecom.co.jp/news/200609/m-3d1ur/

(2006年9月13日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.