最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、次期Officeのβ2を提供開始

Excel 2007

5月24日 提供開始



 マイクロソフト株式会社は24日、次期Officeスイート「2007 Microsoft Office system」(以下、Office 2007)の日本語版β2を公開した。同社のOfficeプレビューサイトよりダウンロードできる。対応OSはWindows XP(SP2)/Server 2003。なお、評価目的の試用版であるため、同社は業務作業には使用しないよう注意を促している。試用期限は2007年2月1日まで。

 ダウンロードの流れは、まず、プレビューサイトの「Try it!」と記されたボタンをクリックし、β版入手ページへ移動。ここでダウンロードを選択すると言語選択画面になるので、使用言語を選択し、同社の.NET Passportのアカウントでサインインする。アカウントを持っていない場合も、新規登録が可能。

 サインインしたのち、氏名、メールアドレスなどを入力し、アンケートに回答すると、ダウンロード製品の選択画面へと移動する。メールアドレスを入力し、言語を選択すると、Office 2007の各製品が表示される。ダウンロードしたい製品のチェックボックスにチェックして「次へ」を押すと、製品のダウンロードへのリンクとプロダクトキーが表示される。

 主な流れは上記の通りで多くのステップが必要だが、すべて日本語ページとなっており、特に戸惑うところはないだろう。提供されるファイルは個人向けなどはインストーラ(EXEファイル)だが、サーバー向け製品はISOイメージでの提供となる。さらに、CDまたはDVDによるキットも実費提供され、価格は1,575円。6月中旬以降から発送される。

 Office 2007では、インターフェイスを大きく刷新。「コマンドタブ」と呼ばれるメニューから明確に操作を行なえるようになったほか、選択したオブジェクトによって次に操作するアイコンが切り替わり、より目的指向となった。また、プレビュー機能も進化し、フォントやデザイン、レイアウトの選択でマウスポインタをアイテムの上に置くと、そのアイテム選択後のプレビューが表示され好みの仕上がりを確認でき、アイテム選択を繰り返す必要がなくなった。

Word 2007のフォント選択のプレビュー。左がMS Pゴシック、右がHGS創英角ポップ体で、マウスオーバーで表示が変化している

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2691
□2007 Microsoft Office systemプレビューサイト
http://www.microsoft.com/japan/office/preview/
□関連記事
【3月24日】次期Officeも個人/OEM版は2007年に延期
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0324/ms.htm
【2005年9月30日】【本田】Office 12に見る“目的指向ユーザーインターフェイス”の可能性
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0930/mobile310.htm
【2005年9月16日】【本田】エンドユーザーにとってのOffice 12の価値
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0916/mobile307.htm
【2005年9月14日】Microsoft、次世代オフィススイート「Office 12」公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0914/ms.htm

(2006年5月24日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.