最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

インテル、サーバー/ワークステーション向けのXeon 5000シリーズ

5月23日 発売



 インテル株式会社は23日、サーバー/ワークステーション向けプラットフォームを発表した。同日より出荷が開始される。

 Xeonプロセッサ5000シリーズと、チップセットの「5000X/同P/同V」を組み合わせたプラットフォーム。サーバー向けの「Bensley(コードネーム)」と、ワークステーション向けの「Glidewell(同)」が用意される。Xeon 5000シリーズは、Xeonファミリーではじめて65nmプロセスで製造され、最高3.73GHzで動作し、2つの2MB L2キャッシュを搭載している。

 また、仮想化技術やFB-DIMMメモリ、高速化されたFSB(1,066MHz)をサポートし、汎用サーバー/ワークステーションの処理性能と信頼性を向上させるとしている。

 Xeonのラインナップは5080/5063/5060/5050の4つ。動作クロックは順に3.73GHz/3.2GHz/3.2GHz/3GHz。1000個ロット時の価格は順に97,000円/42,000円/36,000円/24,000円。TDPは5080/5060が130W、5063/5050が95W。システムの製品化は、デル、NEC、ヒューレット・パッカード、富士通などが計画中。

 同プラットフォームは、2006年6月には「Core アーキテクチャ」に基づいて開発された「Woodcrest」がリリースされる予定。2007年初頭には、同プラットフォームとソケット互換のクアッドコアプロセッサ「Clovertown」が投入される予定となっている。

□インテルのホームページ
http://www.intel.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2006/060523a.htm
□関連記事
【5月23日】【多和田】Bensley/Glidewellプラットフォームへと移行するDempseyコア「Xeon 5060」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0523/tawada75.htm

(2006年5月23日)

[Reported by matuyama@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.