最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Intel、65nmプロセスPentium D/4のステッピングを変更
〜EIST有効化、4月出荷予定

1月31日(現地時間)発表



 米Intelは1月31日(現地時間)、65nmプロセスルール製造のPentium D、Pentium 4のステッピングを変更すると発表した。

 対象はPentium Dが9xxシリーズで、920(2.80GHz)〜950(3.40GHz)の4モデル、Pentium 4が6x1シリーズで、631(3GHz)〜661(3.60GHz)の4モデル。ステッピングはB-1からC-1となり、CPUIDはF62からF64に変更される。

 大きな変更点として、「Enhanced HALT State」と、「Enhanced Intel SpeedStep Technology」(EIST)が有効となり、Pentium D 940(3.20GHz)のマザーボード設計ガイドラインが130W枠から95W枠へ変更される予定。

 このステッピング変更を行なった製品は、2月にサンプル出荷を開始し、4月に製品が出荷される見込み。1月に発売された製品はEISTが無効になっていた。

□Intelのホームページ(英文)
http://www.intel.com/
□ニュースリリース(英文)
http://developer.intel.com/design/pcn/Processors/D0105761.pdf (Pentium D)
http://developer.intel.com/design/pcn/Processors/D0105762.pdf (Pentium 4)
□関連記事
【1月7日】Preslerコアを採用したPentium D 9xx発売もEIST使用不可?(AKIBA)
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20060107/etc_presler.html
【1月3日】Intel、新モバイルCPU「Yonah」を発表
〜Pentium D/Xeonにも新製品
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0103/intel.htm

(2006年2月1日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.