最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ダイキン、「ロボぴちょんくん」発表
〜ニオイや煙を感知すると「電撃パンチ」

11月24日 発表



 ダイキン工業株式会社は24日、空気中のニオイや煙を感知すると「電撃パンチ」を繰り出す2足歩行型ロボット「ロボぴちょんくん」を開発製作したと発表した。

 ロボぴちょんくんは身長約70cm、体重3kg。関節自由度は21。ボディ材質はアルミとABS樹脂。バッテリはリチウムポリマー。ニオイセンサーと2軸のジャイロセンサーを搭載しており、リモコン操作のほか、コマーシャルソングに合わせたダンスを踊ることができる。胴体部分にはロボぴちょん君を操縦するぴちょんくんの人形を内蔵している。

ロボぴちょんくん デザインをほぼ忠実に再現している 胴体中央にぴちょんくんを内蔵
手をあげて愛嬌をふりまく。後ろは、CMでロボぴちょんくんと共演した来夢(らいむ)ちゃん(スターダストプロモーション所属) 【動画】CMソングに合わせてパンチし踊るロボぴちょんくん(MOV形式、約20.5MB) 【動画】線香のニオイに反応してパンチを繰り出すロボぴちょんくん(MOV形式、約5.7MB)

 ロボぴちょんくんは同社が9月1日に発売した空気清浄機「フラッシュストリーマ光クリエール」のイメージキャラクター。今年でデビュー5年目となる同社のキャラクター「ぴちょんくん」が中に入って操縦するロボットというイメージで、11月26日からオンエアされるTV CMのほか、全国の家電量販店に登場する。

 なお「フラッシュストリーマ光クリエール」は「ストリーマ放電」がダニやカビ、花粉などを除去する製品。ダイキン工業株式会社 空調営業本部課長の酒井茂孝氏は、ロボぴちょんくんについて「空気清浄機の力強さを表現した」と述べ「いつもはボーッとしているぴちょん君がロボットを操縦してダニやカビをやっつけるイメージ。ぴちょんくんを誌面や映像から飛び出させ、より身近に可愛がってもらおうと考えた」とキャラクター発案とロボット開発の背景を語った。

ぴちょんくんの基本情報。2000年夏にルームエアコン「うるるとさらら」のイメージキャラクターとして登場 そしてロボぴちょんくん登場。製品の性格が違うため、ぴちょんくんがロボットに乗り込んでアレルゲンをやっつけるという設定にしたという ダイキン工業株式会社 空調営業本部 営業企画部 販促・ソリューション提案担当 課長・酒井茂孝氏

 実際にロボットを製作したのは、ロボカップ世界大会のヒューマノイド部門で2連覇した「Team Osaka」の主要メンバーであるヴィストン株式会社

 ヴィストンの大和信夫社長によれば、ロボカップで優勝したあと、同社には各企業からキャラクターのロボット化の案件が寄せられているという。残念ながらほとんどは荒唐無稽で、現時点での技術では、キャラクターの世界観を実現できないものが多い。しかしながら、ロボぴちょんくんならば世界観をくずすことなく実現できると判断したことで、ロボット開発プロジェクトへの参加に至ったと語った。

 また、ぴちょんくんがダイキンの製品キャラクターにとどまらず、広く子供たちに親しまれていることなども同社の理念や狙いと合致したという。

 ただ、ロボぴちょんくんは頭部が非常に大きい。重量の4割が頭に集中しているため、そこには多少苦労があったそうだ。また、ロボぴちょん君は胴体が小さく胴体そのものには回転軸がないが、足裏に回転軸を持つことで、パンチの振りも大きな動作に見えるように工夫がなされている。

 製作費用は1体350万円。製作期間は2カ月間。全部で3体製作されている。

ヴィストン株式会社 大和信夫代表取締役社長 頭部に3つの軸を持つため、首をかしげるなど多彩な表現が可能 脚部。足裏の回転軸や、足のピッチ軸をつまさき部分に逃がして短足のプロポーションをそのまま実現
背面。バッテリを抜いたところ 頭部内部(首の付け根)にダイキン製のニオイセンサーを搭載 同社ポスターにも写真がそのまま使われている

 ロボぴちょんくんは、ロボット技術に親しんでもらうため、幼稚園や小学校、子供たちを対象にしたイベントにも登場する予定。ラウンド期間は2006年2月1日〜2月28日で、ぴちょんくんのデモのほか、工作キットによるロボットの製作が行なわれる。キャラバン先は11月24日から12月31日までの日程で、ウェブサイトにて公募、抽選される。

 ロボぴちょんくんが登場するダイキンのコマーシャルは、ウェブサイトではテレビ放映に先行して公開されている。

□ダイキン工業株式会社のホームページ
http://www.daikin.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.daikin.co.jp/press/2005/051124/
□ヴィストン株式会社のホームページ
http://www.vstone.co.jp/
□製品情報
http://www.vstone.co.jp/top/products/robot/Robo-D.html

(2005年11月25日)

[Reported by 森山和道]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.