最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、1,000dpiの無線レーザーマウスなど

Wireless Notebook Laser Mouse 6000

12月2日 発売

連絡先:インフォメーションセンター
     Tel.0120-41-6755



 マイクロソフト株式会社は、マウス3製品と、マウス/キーボードのセット1製品を12月2日より発売する。対応OSは全製品共通で、Windows 2000/XP/XP Tablet PC Edition/XP Media Center Edition、およびMac OS X 10.2〜10.4。

 「Wireless Notebook Laser Mouse 6000」は、ノートPC向けのチルトホイール付き4ボタン無線レーザーマウスで、価格は5,985円。レシーバはマウス本体に収納でき、収納すると自動的にマウスの電源がOFFになる。

本体底面にレシーバを収納 本体後部にバッテリを装着する

 解像度は1,000dpi、読み取り速度は6,000fps。無線方式は27MHz帯のRF電波方式を採用し、通信距離は約1.22m、インターフェイスはUSB。バッテリは単3型アルカリ乾電池×1を使用し、駆動時間は約6カ月。本体サイズは57×98×38mm(幅×奥行き×高さ)、重量は91g。

Wireless Laser Mouse 6000

 「Wireless Laser Mouse 6000」は、レーザーセンサーを搭載した無線5ボタンホイールマウスで、価格は7,980円。エルゴノミクスのデザインを採用し、長時間の使用でも疲れにくいという。

 解像度は1,000dpi、読み取り速度は6,000fps。無線方式は27MHz帯のRF電波方式を採用し、通信距離は約1.83m、インターフェイスはUSB。バッテリは単3形アルカリ乾電池×2を使用し、駆動時間は約6カ月。本体サイズは74.2×126×44mm(同)、重量は154g。

Laser Mouse 6000

 「Laser Mouse 6000」は、レーザーセンサーを搭載した有線5ボタンホイールマウスで、価格は5,985円。人間工学に基づきデザインされ、長時間使用でも疲れにくい左右対称フォルムを採用。2種類のポインタ速度をボタン1つで変更できる「プレシジョン ブースター」機能、キーボードで操作するコマンドをマウスボタンに割り当てる「ゲーム コマンド操作」機能を備え、ゲーマー向けの仕様となっている。

 解像度は800dpi、読み取り速度は6,000fps。インターフェイスはUSB。本体サイズは64×124×40mm(同)、重量は120g。

Wireless Laser Desktop 6000

 「Wireless Laser Desktop 6000」は、Wireless Laser Mouse 6000にエルゴノミクスデザインの109キーボードを付属した製品で、価格は12,999円。キーボードは、革張り調のクッションパームレストと、カーブ形状デザインを採用。手や腕を自然な位置におけ、長時間使用でも疲れにくいという。また、画像などを拡大/縮小できるズームスライダー、ユーザー設定が可能なホットキー(5個)などを備える。

 無線方式は27MHz帯のRF電波方式を採用し、通信距離は約1.83m、インターフェイスはUSBまたはPS/2。キーボードの本体サイズは246×487×57mm(同)、重量は971g。

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2489
□関連記事
【9月7日】Microsoft、マウス/キーボード10製品
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0907/ms.htm

(2005年11月14日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.