最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

【やじうまPC Watch】
秋葉原ザ・コン地下のメイドカフェがオープン

11月8日 オープン



 9月から告知されていた秋葉原ラオックス ザ・コンピュータ館地下のメイドカフェが11月8日に開店する。

 店名は、メイドカフェ「Amusement Cafe めいど in じゃぱん」。ラオックスとの資本関係はなく、店子として入店している。

 営業時間は11時から22時、毎週月曜日が定休日。メニューはドリンク(800円〜)、デザート(800円〜)、フードはピラフやスパゲティなどが一律1,000円となっている。

 店内は、テーブル席のほかに、インターネットに接続されたPCが使えるカウンター席を用意。そしてこの店の最大の特徴は、65型液晶モニタが設置されたイベントステージ。ここでは1日数回催されるショートイベント「MAIDIN劇場」が行なわれるほか、一部のサイドメニューでも利用される。また、液晶モニタはPS2を接続し、カウンター席のPCとも連動できるようになっているので、ゲームイベントなどの開催も考えているという。

 ネット環境については、PCを持ち込んでの利用はできない。地下ということで心配される携帯電話については、現在工事中でもうすぐ使えるようになるとのこと。

 ラオックスコンピュータ館の地下は、かつては、自作アンプなどのシャーシで知られた「鈴蘭堂」や、落ち着いた雰囲気の中で買ってきたパーツを広げる客が多かった喫茶店「ウッド」があり、ラオックス旗艦店の地下だけに、ある時期の秋葉原を代表する雰囲気のフロアだった。

 しかし、9月のリハビリと介護予防の専門ショップ「ラオックス・グラファージショップ」の開店、今回のメイドカフェの開店など、大きく様変わりを見せている。

スタッフ集合写真。制服はスタッフの女の子たちによるデザイン カウンターに設置されたPCモニタ。実際に使えるのは12月からとのこと イベントステージでのショー

□めいど in じゃぱんのホームページ
http://maidin.jp/
□関連記事
【9月5日】【やじうま】ラオックス、ザ・コン館にコスプレカフェを開店予定
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0905/yajiuma.htm

(2005年11月7日)

[Reported by PC Watch編集部]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.