最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

シーゲイト、「Barracuda 7200.9」製品説明会を実施
〜500GBモデルもアイドル時28dBの静音性

Barracuda 7200.9

10月13日 実施



 日本シーゲイト株式会社は13日、デスクトップPC向け3.5インチHDD「Barracuda 7200.9」を出荷すると発表した。

 Barracuda 7200.9は同社の第9世代にあたる7,200rpmのHDD。容量は40/80/120/160/200/250/300/400/500GB、インターフェイスはUltra ATA/100/シリアルATA(3Gbps)が用意される。

 40GB〜160GBモデルは160GBプラッタ、200GB〜400GBモデルは133GBプラッタ、500GBモデルは125GBプラッタを採用。本体背面にアクセスLEDコネクタを備える。耐衝撃性は非動作時300G、動作時63G。キャッシュやプラッタ枚数、ラインナップは以下の通り。

インターフェイス 容量
(GB)
プラッタ容量
(GB)
プラッタ枚数 キャッシュ2MB キャッシュ8MB キャッシュ16MB
Ultra ATA/100
500
125
4
    ST3500641A
400
133
3
    ST3400633A
300
133
3
    ST3300622A
250
133
2
  ST3250824A  
200
133
2
  ST3200827A  
160
160
1
ST3160212A ST3160812A  
120
160
1
ST3120213A ST3120814A  
80
160
1
ST3802110A    
40
160
1
ST3402111A    
シリアル
ATA/3Gbps
500
125
4
    ST3500641AS
400
133
3
    ST3400633AS
300
133
3
    ST3300622AS
250
133
2
  ST3250824AS  
200
133
2
  ST3200827AS  
160
160
1
  ST3160812AS  
120
160
1
  ST3120813AS  
80
160
1
  ST3808110AS  

 同日に都内で行なわれた発表会では、同社 代表取締役社長 小林剛氏が同製品への意気込みや特徴などについて語った。

代表取締役社長 小林剛氏

 同氏は、「容量200GB以上の大容量HDD市場では、2003年に当社は5%のシェアしか獲得できなかった。しかし2004年では大容量化されたBarracuda 7200.8の投入により、シェアを18%獲得できた。2005年は500GBの7200.9の投入により、さらにシェアの拡大を目指す」とし、新製品に対する期待を語った。

 7200.7では小容量、7200.8では大容量にフォーカスしていたが、7200.9では40GBから500GBまでをラインナップし製品名を統一。同氏は「3.5インチ市場のすべての容量帯とインターフェイスの需要に合わせて、同一の製品を提供できる。OEMは、より製品を評価しやすくなるだろう」とした。

 また、「アイドル時で、7200.9の160GBモデルは25dBで、人間の耳では聞こえないレベル、500GBモデルは28dBで、同容量の製品としては業界最高レベルを実現した」とし、同製品の静音性をアピールした。

200GB以上のHDDシェアの推移 Barracuda 7200.9のターゲット市場 Barracuda 7200.9の騒音レベル

 同社 FAEシニアマネジャ 佐藤之彦氏は、SATA技術の今後の展望などについて語った。

 同社が参加しているATA International Organizationが策定した最新規格「SATA 2.5」では、同一のホストに複数のHDDを接続できる「Port Multiplier」(PM)、複数のホストに同一のHDDを接続できる「Port Selector」(PS)が策定されている。同氏は、「PMではストレージの大容量化を可能にし、PSではホストの冗長性を実現できる。SATAは今後、これらの技術を応用し、サーバの分野にも進出していく」と語った。

 また、まだ正式な仕様が決定していないが、8mの外付けケーブルを利用できる「xSATA」も策定中としており、「仕様が決まれば、SATAの利用用途はさらに広がるだろう」とした。

FAEシニアマネジャ 佐藤之彦氏 SATA 2.5が提供するさまざまな機能

 質疑応答では、200GB以上のモデルに160GBプラッタを採用しなかった理由について質問がなされ、小林氏は「大容量製品はそれに見合った製品設計を行なう必要があり、今回の製品での採用は見送り、ベターなものからアプローチした」と答えた。

□日本シーゲイトのホームページ
http://www.seagate-asia.com/sgt/japan/
□ニュースリリース
http://www.seagate-asia.com/sgt/japan/newsreleasecnt.jsp?articleId=2607
□関連記事
【10月11日】Seagate、160GBプラッタ/3Gbps対応の「Barracuda 7200.9」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1011/seagate.htm
【6月9日】Seagate、垂直記録方式採用の2.5インチ160GB HDDなど
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0609/seagate.htm

(2005年10月13日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.