最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

SanDiskとソニー、携帯電話向け小型メディア
「メモリースティックマイクロ」を開発

「メモリースティックマイクロ」(印字はイメージ)

9月30日 発表



メモリースティックマイクロ(上)と標準サイズ向けアダプタのサイズ比較

 米SanDiskソニーは30日、メモリースティックを小型化した「メモリースティックマイクロ」規格を共同開発したと発表した。10月3日より対応ハードウェア向けライセンスを開始する。製品の出荷は2006年上半期を予定。

 本体サイズが15×12.5×1.2mm(幅×奥行き×高さ)の小型メディア規格。メモリースティックデュオの20×31×1.6mm(同)から更なる小型化/薄型化を実現した。携帯電話向け記録メディアの需要を見込む。

 主な仕様は、接続端子が11ピン、メディア最大容量の理論値は32GB、最大転送速度の理論値は160Mbps(20MB/sec)、動作電圧は1.7〜1.95Vおよび2.7〜3.6V。インターフェイスはシリアルおよび4bitパラレルで、既存のメモリースティックPROと互換性を持つ。著作権保護機能マジックゲートに対応する。

□SanDiskのホームページ(英文)
http://www.sandisk.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.sandisk.com/pressrelease/20050929.htm
□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200509/05-0930/

(2005年9月30日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.