最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

秋葉原始発のつくばエクスプレスで無線LANサービス提供
〜8月24日の開業からトライアルを開始

左からNTT BP小林社長、インテル吉田共同社長、首都圏新都市鉄道高橋社長

8月24日 開始予定



駅構内から開始し全線のサービスを予定

 東京・秋葉原と茨城県・つくば市を結ぶ鉄道新線「つくばエクスプレス」において、駅構内および列車内で、無線LANによるインターネット接続サービスが行なわれることが明らかとなった。つくばエクスプレスは、8月24日に開業を予定しており、開業時から一部の駅などでサービスが開始される予定。

 このサービスは、つくばエクスプレスを運営する首都圏新鉄道株式会社インテル株式会社エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社の3社の協業による。当初は駅構内と一部車両でトライアルサービスを提供し、順次、車両および路線への設置を行なう。平成17年度中には、秋葉原からつくばへの全路線での提供を目指す。

 開業時にサービスが提供されるのは、秋葉原駅、新御徒町駅、浅草駅、南千住駅、北千住駅、青井駅、六町駅、柏の葉キャンパス駅、つくば駅 の9駅で、残りの11駅も秋頃の提供を予定している。

 公衆無線LANサービスを提供するのは、NTT東日本のフレッツスポットと、NTTドコモのMゾーンの予定。

 ネットワーク的には、各駅に敷設された光ファイバーから、駅と列車間を2.4GHz帯のIEEE 802.11b/gにて接続、列車の前後に設置されたアンテナで受信後、車両間は5GHz帯のIEEE 802.11aで中継し、乗客にはIEEE 802.11bのサービスを提供する。車両内のアクセスポイントは2両に1台ずつ設置される。車両間にはスループットの低下を防ぐためMIMO技術も採用される。

 駅間の距離が離れている地域では、駅間に中継設備を設置し、切れ目のないサービス提供を行なうとしている。また、駅構内と列車内のサービスはシームレスでハンドオーバーが行なわれ、使用者の操作を必要としない。

 つくばエクスプレスは、秋葉原とつくばを結ぶ新線。58.3kmの営業キロの間に20駅を設置する。最高130km/hの高速運転を予定しており、秋葉原とつくば間を最速45分で結ぶダイヤとなっている。ワンマン運転や、可動式のホーム柵、バリアーフリーな駅設備も特徴としている。また、始発の秋葉原駅は地下駅となっており、JR秋葉原駅や、9月開業予定のヨドバシカメラ「マルチメディアAKIBA」店と直結されることでも注目されている。

駅に設置される列車用無線設備。ホームの端に設置される 車両内の通信設備。複数の周波数帯を使い分ける 駅構内と車両間はシームレスでハンドオーバーされる

□首都圏新鉄道のホームページ
http://www.mir.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.mir.co.jp/topics/topics_detail.php?topics_id=145
□インテルのホームページ
http://www.intel.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2005/050714.htm
□エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォームのホームページ
http://www.ntt-bp.net/
□ニュースリリース
http://www.ntt-bp.net/pc/press/050714_1.html
□関連記事
【4月11日】ヨドバシカメラ、「マルチメディアAKIBA」店の9月開店を予告
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0411/yodobashi.htm

(2005年7月14日)

[Reported by date@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.