最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Intel、家電向けIAプラットフォーム「Intel 854」
〜東芝などが搭載機

4月11日(現地時間)発表



 米Intelは11日(現地時間)、台湾で開催されている「Intel Developer Forum Taiwan」の場で、Intel Architecture(IA)をベースとした家電向けプラットフォーム「Intel 854 Development Platform」(以下、Intel 854)を発表した。

 Intel 854は、同名のチップセットを搭載し、FSB 400MHzのCeleron Mに対応。超低電圧版Celeron M 600MHzと組み合わせることで、ファンレスでのシステム構築が可能。メモリはDDR333に対応し、最大2GBまで搭載可能。インターフェイスには、Ethernet、USB 2.0×6、Ultra ATA/100×2を装備する。

 マザーボード上には512MBのDDRメモリがオンボードで搭載され、MPEG-2/MPEG-4.2/MPEG-4.10(H.264)/Windows Media 9のソフトウェアCODECが付属。対応OSはWindows CE 5.0。

 IPセットトップボックスや、デジタルビデオレコーダーなどを想定したもので、同社ではIntel 854を採用することで、最新の技術をいち早く取り込みつつ、コストを引き下げられるとしている。

 また、PCとデジタル家電の相互接続性に関する「DLNA」との親和性についても訴求している。

 搭載機は、東芝、Samsung、GIGABYTE、Thomsonなどから発売される予定。

□Intelのホームページ(英文)
http://www.intel.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20050411corp.htm
□製品情報(英文)
http://developer.intel.com/design/celect/854/

(2005年4月12日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.