最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

IDF Japan 2005基調講演レポート

エンタープライズ&モバイルの新プラットフォーム

インテルのコンセプトPCをベースに作られたメーカー製PCで、モバイル用CPUを使った薄型液晶一体型PCの数々

会期:4月7日〜8日
会場:ホテル日航東京



 IDF Japan2日目の4月8日の基調講演は、エンタープライズ、ソリューション、モバイルの各分野について、各担当者から現在の取り組みや将来について語られた。前日に比べると、ややビジネス寄りの内容となっている。

●エンタープライズ向けのプラットフォーム

インテル・シニア・フェロー デジタルエンタープライズ事業本部のスティーブン・パウロスキ氏

 本日最初の講演は、「いつでも、どこでも展開可能なリアルタイム・ビジネスを実現」と名付けられたデジタル・エンタープライズに関するもので、インテル・シニア・フェロー デジタルエンタープライズ事業本部のスティーブン・パウロスキ氏が壇上に登った。

 同氏が所属するデジタルエンタープライズ事業部では、ビジネス分野における問題を解決するために活動を行なっている。そして、その実現に向けた方向性として、下記の4つの柱を挙げた。

・組み込まれたIT:ステータスチェックや自己管理・修復機能、仮想化技術などのIT技術をプラットフォームに組み込む
・多様な接続性:Wi-FiやWiMAXなどシームレスローミングや、プラットフォームを問わない常時接続性
・シームレスなコラボレーション:場所・環境を問わずにシームレスに、そして安全にデータを共有すること
・インフォメーションアシスタンス:ネットワーク上にあるデータの検索や分析などのデータ活用サービス

 この4つの柱を具体化しリアルタイムビジネスを実現するために、プラットフォーム技術や、製品としてのプラットフォーム、業界標準規格の策定やエコシステムの構築を進めていくとしている。

 このうち、プラットフォーム技術については、仮想化技術であるバーチャライゼーション・テクノロジ、リモート管理機能のアクティブ・マネジメント・テクノロジ、セキュリティ機能のLaGrandeなどが該当する。

 講演ではバーチャライゼーション・テクノロジのデモとして、MontecitoコアのItanium上で、三つのゲストOSを起動しているようすが示されたほか、アクティブ・マネージメント・テクノロジを使ったシステム復旧のデモが実施されている。

次世代プラットフォームのブロック図。ベース部にはiAMTやTPM、LaGrandeといった安定性を高める要素が置かれ、次いで仮想化のためのVMM、その上でOSが動作する仕組みになる iAMTのデモで、中央がリモート管理を行なうホストPC。稼動中に脆弱性を訴える画面が現れ、左はネットワークから切り離されたため、オフィスであれば各デスクでメンテナンスを行なう必要がある。右はiAMT対応なので遠隔コントロールによりパッチを適用し、すぐに正常動作に戻っている。 バーチャライゼーション・テクノロジのデモで、デュアルコアのMontecitoを使った環境。日立のVMMを使いゲストOSを三つ動作させているようす。7個のスレッドが動作していることが分かる

 さて、リアルタイムビジネス実現のための2つ目の要素となるプラットフォームは、すでに3月のIDFで発表されたものと同様、5つのセグメントに対するプラットフォームのロードマップが紹介された。

 このほか、プラットフォームに絡んだところでは64bitアーキテクチャへの移行や、並列処理が今後も進んでいく点などをアピール。また、リアルタイムビジネス実現にあたっては、FB-DIMMやAdvancedTCAなど業界標準規格の策定が不可欠で、マルチスレッドソフトウェアの開発ツールやインテル・キャピタルなどの同社が進めるエコシステムについても触れられ、同社が進めるソフトウェア開発者向けの教育コースである「ソフトウェア・カレッジ」の日本での開催が決定したと紹介している。

エンタープライズ・クライアントプラットフォーム。今年登場のLyndonに続き、来年にはAverillが登場。AverillでLaGrande、iAMT2が実装される 2ソケットの64bit Xeonプラットフォーム。登場済みのIrwindaleに続き、来年にはBensley、Glidewellが登場 4ソケットの64bit Xeonプラットフォーム。今年後半から来年にかけてTruland、その後Reidlandへと続く
2スロットのItaniumプラットフォーム。今年から来年にかけてMillington/DP Montvale。その先にDimonaが控える 4スロットのItaniumプラットフォーム。今年から来年にかけてMontecito/Montvaleが登場し、その先にはRichfordが用意される デュアルコア化されたプロセッサ

●デジタル・シティを実現するサービス指向エンタープライズ

ソリューション市場開発事業部・ワールドワイド ストラテジ&プランディングディレクタのトム・ギブス氏

 ソリューション市場開発事業部・ワールドワイド ストラテジ&プランディングディレクタのトム・ギブス氏による「拡大するデジタル・ワールドが導くビジネスの変革」と名付けられたソリューションに関する講演である。このソリューションに関する内容は、3月の米IDFでも行なわれておらず、日本で初めて講演される内容とのことだ。

 まず同氏は「さまざまなジャンルで新しいトレンドが起きており、さまざまなペースで展開している」と述べた。そして、このトレンドを活用してビジネスを伸ばしていくべきで、ソリューションの分野でもさまざまな関わり方をする。ただし課題は多い。例えばグローバルなビジネス環境、複雑なリソース管理、ネットワークの融合など、テクノロジ面で課題を抱えている、エンドユーザーはそのトレンドの変化によってビジネススタイルの変化が強いられており、これらを助けるためにテクノロジの革新を進めなければならないわけだ。

 もっとも、このテクノロジの革新について、現在はエンドユーザーも興味を持つ時代であることを、とある実験を例に紹介した。その実験とは、Yahoo!において、現在もっとも人気のあるエンターテイナーは歌手のブリトニー・スピアーズであるとされているのだが、ブリトニー・スピアーズをキーにYahoo!で検索をかけると900万件ヒットする。同様にWi-Fiを検索すると2200万件のヒット。そして次の大きな動きとなるであろうRFIDを検察すると650万件、グリッド・コンピューティングは600万件ヒットする。ブリトニー・スピアーズと同等か、それ以上に興味をもたれているわけだ。

 この実験により、これら新しいテクノロジについてエンドユーザーが興味をもっていることは分かる。しかしながら、それぞれのテクノロジを熟知するだけでも時間がかかるわけで、このようなトレンドの変化が大きい社会に適合するソリューションとして「サービス指向エンタープライズ(SOE:Service Oriented Enterprise)」を提唱した。

 このSOEはコンシューマに対してはサービスとして提供されるもので、サービス指向のソフトウェア、仮想リソースとしてのハードウェア、自立的なデータ基盤、接続環境に影響されない利用技術、ファイアウォールを越えて利用できるサービスなどによって成り立っている。

 サービス指向のテクノロジ/アーキテクチャ/インフラの整備により、エンタープライズから地域自治体・公共機関にいたるまで、すべてネットワーク接続されたデジタル・シティが実現でき、さらにデジタル・シティは、コンピューティングが業務に活用されるので、ユーザーにとっても高い価値をもたらすものであるとしている。

サービス指向エンタープライズを加速させることで、街全体がネットワーク接続されたデジタル・シティが実現する 今後のソリューション開発の考え方。レガシーなプロセスでは特定のアプリケーションに特化したアーキテクチャやインフラで固められてしまう。一方サービス指向のプロセスは即応性を高めるのも特徴

●Yonahに搭載された省電力機能の概要を発表

モビリティ事業本部副社長兼モバイル・プラットフォーム事業本部長のムーリー・エデン氏

 本日最後の講演は、モビリティ事業本部副社長兼モバイル・プラットフォーム事業本部長のムーリー・エデン氏による「モバイルの時代」と名付けられた講演だ。タイトルどおり、内容はモバイル全般に関する幅広いものである。

 まず語られたのは、携帯電話などのハンドヘルドデバイスについてだ。'73年にMotorolaのマーティン・ クーパー氏が行なった携帯電話のデモンストレーションを起点に、ワイヤレスでコミュニケーションを行なえる時代がはじまった。そこから携帯電話が急速に普及していったのは周知のとおりである。

 携帯電話のネックとして帯域幅の問題があったが、いわゆる3G携帯電話によって改善され、今後はアプリケーションの要求が高まってきているという。同社ではこのニーズに対する回答として、XScaleベースのハンドヘルドプラットフォームをハイエンドからバリュークラスまでカバーして提供していく。

 また、ハンドヘルドデバイスに不可欠のフラッシュメモリについても、3月に発表した90nmプロセスの多値セル型フラッシュ「Sibley」に続き、IDF Japanの会期中には組み込み向けに低コストのフラッシュメモリを発表。これは「P30」と呼ばれるフラッシュメモリで、「Sixmile」のコード名で呼ばれてきたものだ。130nmプロセスで製造される多値セル型のフラッシュで、パッケージや容量のバリエーションが多く、組み込み機器メーカーからの多様なニーズに応えられる製品だとしている。

 携帯電話に引き続いてワイヤレス化が進んだのが、Wi-Fiに対応したモバイルPCだ。Centrinoプラットフォーム登場以降、無線LANが急速に普及したが、これによって生まれる新しい無線LANサービスとして、国技館で行なわれている「SumoLiveTV」が紹介された。これは、5月から正式スタートの予定になっているそうだ。

ハンドヘルドデバイス向けには、全セグメントを対象にHermonプラットフォームを展開 3月のIDFでSibleyを公開したが、今回はIntel StrataFlash エンベデッド・メモリ(P30)を発表 Wi-Fiを使った新たなサービス。本場所開催中の国技館内で相撲観戦をしながら各種情報を入手できる

 そのモバイルPCのプラットフォームとして、今年リリースされたSonomaに続き、来年登場予定のNapaの存在がすでにオープンになっている。NapaはCPUのYonah、チップセットのCalistoga、無線LANカードのGolanをまとめたプラットフォームである。

 このYonahはモバイル向けCPUとしてはじめてのデュアルコア製品となるが、今回の講演で、本CPUに組み込まれた「Dynamic Power Coordination」と呼ばれる省電力機能の具体的な動作が公開された。これは従来のPentiumMに搭載されていたEnhanced Speed Step Technologyに変わる、デュアルコアに対応させた省電力機能である。この仕組みを簡単に紹介すると、Yonah全体、コア1、コア2の3つのステートを持ち、各コアのステートはその動作状況に応じて個別に変化する。ただし、VRMが1系統しかないため、電源供給が正しく行なわれるようコア1/2の負荷が高いほうのステートに合わせて、Yonah全体のステートが決定されるのである。

 このほか、集積密度の向上によるプラットフォームの小型化についても述べられ、初代CentrinoのCarmelプラットフォームに対して、Napaプラットフォームでは3分の1程度サイズを抑制できる。

 さて、同氏は講演の最後にカバレッジの必要性を訴えた。要するに、ワイヤレス接続が行なえるエリアを拡大することこそが重要で、これは帯域幅よりも優先されるのである。現在、PANエリアではBluetooth、LANエリアではWi-Fiなどが利用されており、さらに都市部のエリア向けにWiMAX、さらに広いエリアに携帯電話のワイヤレス技術があり、これらを共存させて、いつでもどこでも最適な通信環境を入手できるインフラを整えることが重要だとしている。

2005年のSonomaに続き、来年にはYona、Calistoga、Golanを中心としたNapaプラットフォームが展開される Napaプラットフォームの主な機能。このほか、YonahにはSSE3も搭載する
Yonahに実装されるDynamic Power Coordinationの概要。デュアルコアながらVRMを1系統しか持たないため、各コアの負荷が大きいほうに合わせて全体のステートが決められる。ただし、こうした仕組みでもDothanよりも電力消費は少ないという プラットフォームの小型化の例として挙げられたGolan(左)。右は従来モデルのPRO/Wireless

□IDF Japan 2005のホームページ
http://www.intel.co.jp/jp/idf/index.htm

(2005年4月9日)

[Reported by 多和田新也]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.