最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

松下、音声認識/音声合成ソフト付きICレコーダ

RR-USシリーズ

2月15日 発売

価格:オープンプライス

連絡先:お客様ご相談センター
     Tel.0120-878-365



 松下電器産業株式会社は、音声認識および音声合成ソフトが付属したICレコーダ3機種を2月15日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「RR-US090-H」が3万円前後、「RR-US070-S」が2万5千円前後、「RR-US050-S」が2万円前後となる見込み。

 ステレオ録音に対応したICレコーダ。人の声の特徴的なデータ部分のみを有効に抽出して高圧縮を行なう「TRC(Triple Rate CODER)」方式により長時間録音を実現した。

 3機種の主な違いは録音時間で、録音時間の最も長いSPモードでのステレオ録音時間はRR-US090-Hが約33時間20分、RR-US070-Sが約16時間40分、RR-US050-Sが約8時間10分。RR-US090-Hの録音時間はステレオタイプで業界最長としている。

 USB経由で録音データをPCに転送可能で、付属ソフトの音声認識機能により、日本語/英語音声を文字変換できる。また、音声合成機能により、テキストデータ(日本語/英語/中国語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/イタリア語)をPC上で音声再生したり、ICレコーダに転送できる。Windows XPでは、音声データのCD-Rバックアップも可能。

 このほか、専用フォルダに手軽にメモを録音する「メモ録ポジション」機能、マイク指向性切替機能、ノイズをカットして再生する再生イコライジング機能、リピート再生機能、再生速度変更機能、音声を感知して自動的に録音/停止する機能などを搭載する。

 録音件数は495件、録音周波数特性(HQモード)は280〜5,200Hz、SN比(HQモード)は35dB。電源は単4形乾電池×2で、RR-US090-HとRR-US070-Sは外部電源にも対応。電池持続時間は再生時約13時間/録音時約17時間(ステレオSPモード)。

 本体サイズは32.5×15.9×118.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量はRR-US090-HとRR-US070-Sが約65g、RR-US050-Sが約61g(いずれも電池含む)。

RR-QR170-S

 また、廉価モデル「RR-QR170-S」も2月15日より発売される。店頭予想価格は1万円前後となる見込み。

 モノラルのみの対応で、SPモードでの録音時間は約16時間30分。録音件数は495件、録音周波数特性(同)は240〜5,100Hz、SN比(同)は36dB。電源は単4形乾電池×2で、電池持続時間は再生時約12時間/録音時約20時間(モノラルSPモード)。PCとの接続は不可。

 本体サイズは35×24×99.6mm(同)、重量は約61g(同)。

□松下電器産業のホームページ
http://matsushita.jp/
□ニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn050117-1/jn050117-1.html

(2005年1月17日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.