最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ガートナー、OSのバージョンアップに関する調査を発表
〜約60%が「業務効率の向上に効果あり」

1月17日 発表



 ガートナー ジャパン株式会社は17日、WindowsなどのOSのバージョンアップに関する調査結果を発表した。調査は2004年11月上旬、主に都市部に住むビジネスマン約1,600人を対象に実施された。有効回答数は698。

 これによると、OSのバージョンアップによる自分の業務効率の向上について、回答者の60.2%が「効果があった」としている。定型業務従事者で、効果があったと答えたのは42.1%だが、「企画/クリエイティブ/調査」といった企業の中核的な役割を果たす非定型業務従事者では65.2%と高い。ガートナーは、生産性向上のためにOSへの投資は適切に評価されるべきである、としている。

 具体的なOSバージョンアップの効果として最も多かった回答が「操作しやすくなった」で46.3%、続いて「セキュリティが強化された」が42.6%。そのほか、「安定感が増した」や「フリーズが少なくなった」などの回答も多かったという。

 調査対象者が現在使用しているOSは、Windows XPが最も多く54.7%と過半数を超えている。次いでWindows 2000が37.8%で、XPと2000でほぼ9割を占めている。3番目はWindows 98/Meの4%。そのほか、Windows NT 4.0が1.4%、Mac OSが1%、Linux/その他が1%、Windows 95は0.1%となっている。

 また、ワープロ、表計算ソフトなどのオフィス製品に関する調査も同時に行ない、「効果があった」と答えたのは49.7%とOSよりも低い結果となった。ただし、非定型業務従事者に関しては54.2%が効果を認め、ガートナーは、OSと同様に重要なIT投資項目であると位置付けている。

OSのバージョンアップは業務効率向上に効果があったか
出典:ガートナー(ITデマンド調査室)/調査:2004年11月

□ガートナー ジャパンのホームページ
http://www.gartner.co.jp/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.gartner.co.jp/press/pr20050117-01.pdf

(2005年1月17日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.