最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

NEC、デスクトップPC「VALUESTAR」を一新
〜新液晶一体型モデルSRを投入

1月中旬より順次発売

価格:オープンプライス

連絡先:121コンタクトセンター
     Tel.0120-977-121



 NECは、デスクトップPC「VALUESTAR」シリーズのラインナップを一新し、1月中旬より順次発売する。価格はオープンプライス。

 今回のモデルチェンジでは、同社が新たに開発した高画質チップ「VISITAL(ビジタル)」を全機種で搭載し、画質を向上。また、電源OFFの状態からでも予約録画を可能とするなど、より家電に近い操作性となった。

 OSは一部機種を除きWindows XP Home Edition(SP2)。Office 2003 Personalを搭載。また、全機種でSDカード/メモリースティックPRO/xD-Picture Card対応スロット、DVD+R DL対応スーパーマルチドライブを搭載する。

●VALUESTAR SR

VR770/BD

 新機種の液晶一体型PC「VALUESTAR SR」は、3モデルが1月中旬から発売される。最上位モデルの「VR770/BD」は店頭予想価格25万円前後、中位モデルの「VR700/BD」は同22万円前後、下位モデルの「VR500/BD」は同20万円前後の見込み。

 VR770/BDの主な仕様は、CPUにPentium 4 530J(3.0GHz)、VR700/BDとVR500/BDはCeleron D 340J(2.93GHz)を搭載。また、VR770/BDとVR700/BDは、1,280×1,024ドット(SXGA)対応19型スーパーシャインビューEX液晶を、VR500/BDはSXGA対応17型スーパーシャインビューEX液晶をそれぞれ搭載する。

 そのほかの仕様は3モデルほぼ共通で、メモリ512MB(最大2GB)、シリアルATA HDD 250GB、チップセットにIntel 915GV(ビデオ機能内蔵)、3次元Y/C分離、ゴーストリダクション機能などを備えるTVチューナなどを搭載する。

 インターフェイスはUSB 2.0×6(本体のみ)、IEEE 1394×1(4ピン)、Type2 PCカードスロット×2、光デジタルオーディオ出力(角形)、モデム、Ethernetなどを備える。キーボードおよびマウスはワイヤレス。リモコンが付属する。

 本体サイズは共通で472×258×465mm(幅×奥行き×高さ)、重量はVR770/BD、VR700/BDが約20.5kg、VR500/BDが約20kg。



●VALUESTAR S

VS700/BD

 1,280×768ドット(WXGA)対応17型ワイド液晶一体型のPC「VALUESTAR S」は、「VS700/BD」が1月中旬より発売される。店頭予想価格は22万円前後の見込み。

 主な仕様は、CPUにCeleron M 350(1.30GHz)、メモリ256MB(最大1GB)、HDD 250GB、チップセットにMOBILITY RADEON 9000 IGP/IXP150(ビデオ機能内蔵)。3次元Y/C分離、ゴーストリダクション機能などを備えるTVチューナや5Wのサブウーファなどを内蔵。液晶はパネル一体型スピーカ「SoundVu」を搭載する。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、IEEE 1394×1、Type2 PCカードスロット×1、光デジタルオーディオ出力(角形)、モデム、Ethernetなどを備える。キーボードおよびマウスはワイヤレス。リモコンが付属する。

 本体サイズは507×225×383mm(同)、重量は約15kg。



●VALUESTAR L

VL980/BD

 「VALUESTAR L」シリーズは地上デジタルTV対応の最上位モデル「VL980/BD」が1月下旬より、それ以外の5モデルが1月中旬より発売される。

 VL980/BDの店頭予想価格は36万円前後の見込み。主な仕様は、CPUにPentium 4 530(3.0GHz)、メモリ512MB(最大2GB)、HDD 300GB、チップセットにIntel 915GV(ビデオ機能内蔵)。地上デジタルチューナ、5Wのサブウーファなどを備える。1,280×768ドット(WXGA)対応23型ワイド液晶が付属し、TVチューナ、パネル一体型スピーカ「SoundVu」を搭載する。

 インターフェイスはUSB 2.0×6(本体のみ)、IEEE 1394×2、Type2 PCカードスロット×2、Ethernet、モデム、光デジタルオーディオ出力(角形)、PS/2×2などを備える。また、リモコンが付属する。

 本体サイズは全モデル共通で100×366×332mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約9.2〜9.5kg。



●VALUESTAR TX

VX980/BE

 冷却機構を水冷式としたハイエンドモデル「VALUESTAR TX」シリーズは、2モデルが1月中旬より発売される。店頭予想価格は、上位モデルの「VX980/BE」が50万円前後、下位モデルの「VX500/BD」が同27万円前後の見込み。

 従来モデルから引き続き、水冷ユニットと大型ファンの組み合わせによる「ハイブリッドクーリングシステム」を搭載。CPUは水冷ユニットが、筐体内部は大口径ファン2つを低速回転させて冷却する。さらに、低騒音HDDの採用、DVDドライブのビデオ再生時の回転数制御などにより、約30dBの静音性を実現したという。

 VX980/BEの主な仕様は、CPUにPentium 4 550J(3.40GHz)、HDD 400GB、地上デジタルTV対応チューナ、Super AG対応IEEE 802.11a/b/g無線LANを搭載。OSはWindows XP Professional(SP2)。1,280×768ドット(WXGA)対応23型ワイド液晶が付属し、TVチューナ、パネル一体型スピーカ「SoundVu」を搭載する。

 VX500/BDの主な仕様は、CPUにPentium 4 540J(3.20GHz)、HDD 250GBを搭載。SXGA対応17型スーパーシャインビューEX液晶が付属し、パネル一体型スピーカ「SoundVu」を搭載する。

 そのほかの仕様はほぼ共通で、メモリ512MB(最大2GB)、チップセットにIntel 915G、ビデオカードにRADEON X600 PRO(128MB)などを搭載する。

 インターフェイスはUSB 2.0×5(本体のみ)、IEEE 1394×2、Type2 PCカードスロット×2、Gigabit Ethernet、モデム、光デジタルオーディオ出力(角形)、PS/2×2などを備える。空きスロットはPCI Express x1×1。

 本体サイズは共通で284×450×380mm(同)、重量は約15kg。



●VALUESTAR TZ

VZ500/BD

 Athlon 64搭載の水冷PC「VALUESTAR TZ」は「VZ500/BD」が1月中旬より発売される。店頭予想価格は25万円前後の見込み。

 主な仕様は、CPUにAthlon 64 3200+(2.20GHz)、メモリ512MB(最大2GB)、HDD 250GB、チップセットにSiS 760+SiS 964、ビデオカードにRADEON 9600SE(64MB)、TVチューナなどを搭載する。SXGA対応17型スーパーシャインビューEX液晶ディスプレイが付属し、パネル一体型スピーカ「SoundVu」を搭載する。

 インターフェイスはUSB 2.0×5、IEEE 1394×2、Type2 PCカードスロット×2、Gigabit Ethernet、モデム、光デジタルオーディオ出力(角形)、PS/2×2などを備える。空きスロットはPCI×2。

 本体サイズは284×450×380mm(同)、重量は約15kg。

□NECのホームページ
http://www.nec.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.nec.co.jp/press/ja/0501/0601.html
□関連記事
【2004年9月8日】NEC、デスクトップPCを一新しAV機能を強化
〜水冷PCに新型冷却機構搭載モデル追加
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0908/nec1.htm

(2005年1月5日)

[Reported by ishid-to@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.