最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

テムザック、新型留守番ロボット「ロボリア」
〜FOMAを使用して遠隔操作やTV電話も

T7-4 ロボリア

12月8日 発表



 テムザック三洋株式会社と株式会社テムザックは8日、都内で新型留守番ロボットのプロトタイプ「T7-4 ロボリア」を発表した。

会場に展示されていた「番竜」

 両社が開発していた留守番ロボット「番竜」の事実上の後継となる製品。民生用ロボットとして小型化、コストダウン、在宅時の付加価値追加という課題のクリアを目指して開発された。

 番竜は4足歩行だったが、歩行機構を省いて3つの車輪を移動に使用することで、大幅な小型化とコストダウンが可能になったという。結果、本体サイズは約274×259×270mm(幅×奥行き×高さ)、重量は3.25kgとなり、重量は番竜の約36kgから10分の1以下にまで抑えられている。

 また、民生用として家庭に置けるよう、ロボットとインテリアの融合をコンセプトに、柔らかみのあるデザインを採用。クラゲを連想させる形状になっている。デザインは、イギリスのデザイナー集団「Me Company」のチーフデザイナー、ポール・ホワイト氏が手がけている。名称も、ロボットとインテリアからの造語になっている。

青光りするクラゲのようなポスター インテリアを意識したデザインを手がけたポール・ホワイト氏(中央)

 留守番ロボットとしては、基本的に「番竜」の機能を継承している。留守番モードでは、内蔵する人感センサーで侵入者などの異常を感知すると、登録した携帯電話に通報し、警報音を鳴らす。

 遠隔操作モードでは、FOMA端末を使用してロボリアを外部から操作できる。操作方法は携帯電話の「2」で前進、「5」で後退、「1」で左旋回、「3」で右旋回とラジコンのようになっている。ほか、内蔵カメラのチルト操作や警報音の指示も可能。移動は前輪2つ、後輪1つ(キャスター)を使用し、左右の前輪が携帯電話からの指示で動作する仕組み。移動速度は低速モードで140mm/sec(時速0.504km/h)、高速モードで190mm/sec(同0.684km/h)とかなり遅い。

小型の本体にセンサーなどの機能を集約 基本機能は留守番、遠隔操作、コミュニケーションの3つ

 インテリアとしては、3色のLEDを搭載し、留守番や遠隔操作、待機時の各モードに対応した色を発光するほか、フロアライトとしても使用可能になっている。

 また、カメラとFOMA端末を内蔵しており、ロボリア−FOMA間でTV電話を利用可能。コンポジット出力も備え、TV画面にリアルタイム映像を出すことができる。ほか、FOMA端末から外出中の自宅内監視モニタとしてとしての利用も想定されている。

テムザック三洋 代表取締役社長 栖関泰宏氏 テムザック 代表取締役社長 本陽一氏

 発表会では、テムザック三洋 代表取締役社長 栖関泰宏氏が挨拶。ロボリアの今後の展開について、「2005年1月にモニタを募集して意見を集め、春頃に製品版となる実機の内覧会を行ないたい」とした。モニタ募集については、ロボリアの公式サイトで随時告知するとのこと。販売モデルの出荷時期については、2005年夏以降には販売できるのではないか、との見通しを示した。

 続いて、テムザック 代表取締役社長 本陽一氏が、ロボリアの技術的な解説をデモを交えて行なった。今回のプロトタイプでは、人感センサー、カメラ、マイクなどを内蔵しているが、においセンサーは未搭載で今後の実装は検討中とした。デモでは、携帯電話による操作や、テムザックの所在地である福岡県北九州市とのTV電話などを行なった。

 質疑応答では、番竜の出荷台数について本氏が「50台程度製造し、およそ30台売れた。残りは各地でデモなどに使用されている」と売り上げ台数を明らかにした。また、価格についての質問では、「番竜は200万円程度だったが、ロボリアは28万円程度になるよう努力していく」とした。

携帯電話による操作(WMV9、1.06MB) 本体の底面。TV出力用のコンポジット端子などが見える

□三洋電機のホームページ
http://www.sanyo.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0412news-j/1208-1.html
□テムザックのホームページ
http://www.tmsuk.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.tmsuk.co.jp/media/topic.php
□ロボリアのホームページ
http://www.roborior.com/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.roborior.com/press/pdf/02.pdf
□関連記事
【4月5日】三洋、デザインを一新し、脚部機構などを改善した新「番竜」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0405/sanyo.htm
【2003年4月3日】【ROBODEX】家電メーカーのサービスロボットが多数登場
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0403/robodex.htm

(2004年12月8日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.