最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ソースネクスト、2006年までに1,000タイトル目指す
〜「信長の野望」や「北斗の拳」も1,980円で発売

左から東京スター銀行のタッド・バッジ代表執行役CEO、イーブックイニシアティブジャパンの鈴木雄介社長、ソースネクストの松田憲幸社長、マクロメディアの井上基社長

12月17日より順次発売

価格:1,980円〜



 ソースネクスト株式会社は1日、1,980円の価格設定によるPCソフトのコモディティ化戦略を、さらに加速する方針を明らかにした。

スリムパッケージと紙のパッケージを持って説明するソースネクストの松田社長。2005年には、スリムパッケージ だけで投入する製品を90%にするという

 現在ある236タイトルの製品数を、2006年度までに、1,000タイトルに増やす目標を掲げる一方、金額、台数ともに国内ナンバーワンシェアを目指すという。

 また、これまでのツールやエデュケーションの分野だけに留まらず、ゲームソフトなどの新たなジャンルの製品を投入する計画を明らかにした。

 ソースネクストの松田憲幸社長は、「2003年2月から、コモディティ化戦略を掲げ、1,980円の価格戦略、販売ルートの拡充、スリムパッケージの採用に取り組み、販売本数ベースでは第1位、販売金額ベースでも3位になってきた。だが、利用者の間からは、音楽や本などのコンテンツに比べるとまだ品揃えの数が少ないという声も聞く。まずは当社だけで1,000本というタイトル数をラインアップすることが、PCソフトの業界には必要だと考えた。Windows 95の発売から約10年を経過し、コンテンツが飛躍的に売れる時期に突入すると見ている。ここで低価格のコンテンツを、いかに数多く揃えることができるかがポイントになる」と話す。

 現在、ソースネクストの製品を取り扱っているのは、25,000店舗。最近では、ゲオや、コメリなどが新たに取り扱いを開始している。また、100タイトルを同時展示する店舗も831店舗となり、来年3月までにこうした店舗を1,000店舗体制にしたいという。

 また新製品としては、この12月には、携帯電話のデータをPCに保存する「携快電話」シリーズの新製品を相次ぎ投入するほか、Lotus Super Officeを2,970円に引き下げる。さらに、スタースイート7のパーソナルパックも、これまての1年間の期間限定版から、使用期間無制限版としたパーソナルパックUNLIMTEDを新たに追加して2,970円で販売する。

 そのほか、パーティショニングソフトの「Acronis PartitionExpert Personal」を1,980円で新たに投入、好評の「ゴルフいきなりハイスコア 目指せ! シングル」の第3弾も発売するなど、新製品が相次いでいる。

●東京スター銀行などとも提携

 エデュケーション分野向けには、新たに東京スター銀行と提携して、年金額がわかるシミュレーションソフト「ズバリ 年金早わかり」を12月23日から発売する。価格は1,980円。自分の年金受給額をシミュレーションするソフトで、「年金から資産運用までリタイアライフを支援するソフト」(東京スター銀行のタッド・バッジ代表執行役CEO)という。

 「当行では、フィナンシャルフリーダムをテーマに掲げ、お金に関する問題を解決することを目指しているが、PCソフトの提供は、それを実現する手段の1つになると判断した。今回のソフトは、年金と老後に焦点をあてたが、お金に関する情報力を生かして、今後も役に立てるソフトが生まれるかもしれない」と語った。

 なお、東京スター銀行では発売を記念して、2007年12月28日まで外貨預金金利を1%上乗せするキャンペーンを実施する。

東京スター銀行のバッジCEO ズバリ 年金早わかり

 また、ツールソフトでは、マクロメディアとの提携によって、「Macromedia FlashPaper2」を組み込んだ「いきなりPDF FLASH PAPER」を発売する。

 米国では、79ドル(約8,000円)で販売されているFlashPaper2を日本では1,980円で提供するという戦略的製品ともいえる。

 マクロメディアの井上基社長は、「Flashは、インターネットの標準的なインターフェイスになっているが、今回の製品化によって、フラッシュの良さをもっと知っていただくとともに、もっと簡単に使ってもらい、日本において、さらにFlashをコモディティ化したい」と話す。

 すでに、500社以上の導入実績を持つ「いきなりPDF」との組み合わせによって、一気にフラッシュのコモディティ化につなげたい考えだ。

 松田社長は、法人向けビジネスの強化を重点課題としており、同社のソフト全体で、2005年3月までに1万社へのラインセンス契約達成を目指している。いきなりPDFのほかにも、法人向け製品群の強化をすすめる予定だ。

マクロメディアの井上基社長 いきなりPDF FLASH PAPER

□製品情報
http://www.sourcenext.com/products/nenkin/ (ズバリ 年金早わかり)
http://www.sourcenext.com/products/flash_paper/ (いきなりPDF FLASH PAPER)

●ゲームとコミックソフトを新たに投入

 一方、今回、新たな投入する分野に、ゲームソフトと漫画がある。

 ゲームソフトとしては、コーエーが開発した「信長の野望 嵐世記」、「三國志VII」、「Winning Post 5」、「大航海時代IV」のゲームタイトル4タイトルを用意。また、イーブックイニシアティブジャパンがネットを通じてダウンロード販売している「北斗の拳」1〜6巻、「シティハンター」1〜6巻、「キャッツアイ」1〜6巻、「包丁人味平 カレー戦争編」、「恐怖新聞」1〜6巻、「鬼太郎大全集」1〜5巻のコミック6タイトルをそれぞれ投入する。いずれも1,980円。

【お詫びと訂正】初出時、ソフト名と発売予定を誤って記載しておりました。ご迷惑をおかけした関係者の方にお詫び申し上げるとともに訂正いたします。

PCで動くものは「ソフト」と定義 コーエーのゲーム3タイトルを17日に発売。大航海時代IVは1月下旬を予定
イーブックイニシアティブの鈴木雄介社長 “PCソフト”のコミックを発売。「北斗の拳」は1〜6巻までの内容が収録される

 イーブックイニシアティブジャパンの鈴木雄介社長は、「今年に入ってから、コミックのダウンロード数が増加している。これを加速させるためには、店頭でのパッケージとの結びつきが重要。今回の提携はPCでコミックを読むという使い方を浸透させるという点でも大きな意味がある」と語る。

 松田社長も、「暗いところではコミックが読めないが、PCならば暗いところでもバックライトで確実に読める。紙にはないメリットがある」と、自ら使って見た感想を話す。

 「ソースネクストでは1,000タイトルを目標に掲げているが、イーブックイニシアティブには、すでに6,500点の本があり、そのうち4,000点がコミック。今回の提携が成功すれば、1,000タイトルの達成はすぐだろう」と、鈴木社長は、ソースネクストのコモディティ戦略達成に向けてのエールを送った。

信長の野望 嵐世記 三國志VII 北斗の拳

□製品情報
http://www.sourcenext.com/products/koei/nobunaga.html (信長の野望 嵐世紀)
http://www.sourcenext.com/products/koei/sangokushi_7.html (三國志VII)
http://www.sourcenext.com/products/koei/winning_5.html (Winning Post 5)
http://www.sourcenext.com/products/comic/ (コミック)

●映画などにも意欲を見せる

 ソースネクストの松田社長は、「PCで動くソフトウェアをすべてPCソフトとする」と位置づけ、「将来的には、音楽や映画などのコンテンツなどにも品揃えの幅を広げていくことも考えたい」として、映画などのコンテンツの品揃えにも力を注ぐ姿勢を示している。

 来年にかけて、同社PCソフトの品揃えがますます強化されることになりそうだ。

Copyright (C) SOURCENEXT CORPORATION
Copyright (C)2004 GoStarNet Inc. All rights resereved.
(C)2004 Macromedia, Inc. All rights reserved.
(C)2000-2001 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

□ソースネクストのホームページ
http://www.sourcenext.com/
□ニュースリリース
http://www.sourcenext.info/sp/press/041201_como.html
□関連記事
【11月29日】ソースネクスト、「Lotus SuperOffice」を2,970円に値下げ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1129/source.htm

(2004年12月1日)

[Reported by 大河原克行]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.