最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

米Gartner、PC市場の暗い先行きを予想
〜2007年までに上位10社中3社が撤退か

11月29日(現地時間) 発表



 米Gartnerは29日(現地時間)、PC市場の今後の動向に対するレポートを発表した。

 PC市場については成長率の鈍化と利益率の低下を予言しており、2007年には現在の上位10社中3社が市場から撤退する可能性があるとしている。

 現在の出荷台数ベースの上位10社は、Dell、HP、IBM、富士通/Fujitsu Siemens、東芝、台湾Acer、NEC、Apple、中国Lenovo(聯想集団)、Gateway。このうち過去数年にわたり堅調に利益を計上しているのはDellのみであり、HPとIBMについても収益の面からスピンオフされる可能性があるとしている。

 レポートによれば、出荷台数ベースの年平均成長率は、2003年から2005年までは11.3%だったが、2006年から2008年までは5.7%と半減する。同様に、売上ベースの年平均成長率も、4.7%から約2%へ低下する。また、この期間の成長は、中国をはじめとする新興地域に依存するとみている。

 また、「グローバル・ベンダー各社はサプライチェーン効率を最大化するために、競合他社とのさまざまな差別化要因を切り捨て、最終的に残る差別化要因は、価格とサービス・レベルだけということになる。また、利益率の向上のために、家電など関連市場に事業の拡大を図るベンダーもあれば、中にはスケールメリットによって収益改善を図るために、ライバルとの合併を講じるベンダーも出てくるだろう」と述べている。さらに、「赤字を続けながらマーケット・シェアの確保に苦闘しているグローバル・ベンダーの場合、残された唯一の論理的な選択肢は市場からの撤退であるということも考えられる」としている。

□Gartnerのホームページ(英文)
http://www.gartner.com/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.gartner.co.jp/press/pr20041130-01.pdf
□関連記事
【1月16日】2003年の世界PC出荷台数は10.9%増
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0116/gartner.htm

(2004年11月30日)

[Reported by date@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.