最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

コニカミノルタ、“ナナキュッパ”のカラーレーザープリンタ

11月22日より順次発売

価格:41,790〜104,790円

連絡先:コニカミノルタプリンティングソリューションズ
     Tel.03-5205-7818



 コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社は、低価格のA4レーザープリンタを11月22日より順次発売する。ラインナップは、A4カラーレーザープリンタ「magicolor(マジカラー) 2400W」、ネットワーク機能などを搭載したA4カラーレーザープリンタ「magicolor 2430 DL」、A4モノクロレーザープリンタ「PagePro 1350W」。

magicolor 2400W magicolor 2430 DL

 「magicolor 2300」シリーズの後継となるmagicolor 2400W/2430 DLは、シアン/マゼンタ/イエロー/ブラックを1色ずつ4回の印刷工程を繰り返して出力する「4サイクル方式」のカラーレーザープリンタ。

 前モデルの約1/4サイズという光学系ユニットなどにより、本体サイズは430×395×341mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2400Wが約18kg(消耗品含まず)、2430 DLが約20kg(同)に小型軽量化。同社では、A4カラーレーザープリンタとして世界最小/最軽量としている。

 SOHO/個人向けモデルのmagicolor 2400Wの発売は11月26日で、価格は83,790円。ネットワーク対応の上位モデルmagicolor 2430 DLの発売は12月13日で、価格は104,790円。

左が2400シリーズ用の新開発の光学系ユニット。右が前モデル2300シリーズのユニット 新開発の光学系ユニット

 印刷速度はモノクロ20ppm/カラー5ppm。解像度は最大2,400×600dpi。インターフェイスはUSB 2.0。2430 DLはUSB 2.0に加えてEthernetを搭載するほか、レーザープリンタで初めてPictBridgeに対応した。

 対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XPで、ネットワーク対応の2430 DLはWindows NT 4.0/Server 2003、Mac OS X 10.2以降、Linuxにも対応する。給紙トレイは2400Wが200枚、2430 DLが標準の200枚とオプションで500枚の給紙カセットを使用できる。

 消耗品は、トナーカートリッジが各10,000円、大容量トナーカートリッジが各12,000円。トナーは、イエロー、マゼンダ、シアン、ブラックの4色が必要。また、ドラムカートリッジはモノクロ約45,000枚、カラー約11,250枚で交換が必要で、27,000円となっている。個人市場に食い込むためには、消耗品類の価格が次の課題といえそうだ。

□ニュースリリース
http://konicaminolta.jp/about/release/kmhd/2004/1115_04_01.html
□製品情報
http://konicaminolta.jp/products/business/printers/laser/color/magicolor2400w/ (2400W)
http://konicaminolta.jp/products/business/printers/laser/color/magicolor2430dl/ (2430 DL)

PagePro 1350W

 PagePro 1350Wは、印刷速度20ppmのA4モノクロレーザープリンタ。発売は11月22日で、価格は41,790円。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。

 モノクロ16ppmだったPagePro 1300Wの後継製品で、モノクロ20ppmまで高速化したほか、印刷速度を10ppmまで落とし動作音を抑える「深夜モード」機能を搭載した。解像度は最大1,200×1,200dpi。給紙トレイは150枚で増設はできない。

 PCとの接続インターフェイスはパラレル、USB 1.1。本体サイズは387×291×283mm(同)、重量は約6.1kg(同)。

□ニュースリリース
http://konicaminolta.jp/about/release/kmhd/2004/1115_03_01.html
□製品情報
http://konicaminolta.jp/products/business/printers/laser/bw/pp1350w/

コニカミノルタプリンティングソリューションズ代表取締役社長 服部裕治氏

 コニカミノルタプリンティングソリューションズ株式会社は15日、都内で新製品の発表会を開催。同社 代表取締役社長 服部裕治氏が新製品にかける期待を語った。

 まず、オフィス向け複写機/プリンタ事業は同社の大きな柱であることを強調。国内の市場シェアは、モノクロ80%、カラー20%で、ワールドワイドのシェアがカラー約10%であることから、国内のカラー市場の大きさを説明。サイズ別では、A3が約70%、A4が約30%で、A4の伸び率が大きく徐々にA4に切り替わっているとした。

 その中で、前モデルのmagicolor 2300シリーズが大きくシェアを伸ばしたので、2400でさらに販売を強化し、A4カラー市場でトップを狙いたいとした。

 また、価格について、2400Wは他社の同等モデルの約半額となる8万円前後、2430 DLはネットワーク対応で10万円前後を実現したとし、コストパフォーマンスの高さを売りにしていくとした。

□コニカミノルタのホームページ
http://konicaminolta.jp/
□ニュースリリース
http://konicaminolta.jp/about/release/kmhd/2004/topics_1115.html

(2004年11月15日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.