最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

エレコム、ロジテックを買収
〜周辺機器メーカーへ本格脱皮

左から、エレコムの葉田順治社長、ロジテックの星野雄之輔社長、丸紅インフォテックの増岡康夫取締役

11月2日 発表



エレコムの葉田順治社長

 エレコム株式会社は2日、周辺機器メーカーのロジテック株式会社を買収すると発表した。ロジテックの筆頭株主である丸紅インフォテック株式会社および丸紅株式会社と合意したもので、12月24日をめどに両社が持つロジテックの100%株式をエレコムが取得する。取得金額などについては、公表していない。

 ロジテックおよびロジテックブランドは、国内においてはそのまま存続させ、海外ではエレコムブランドで周辺機器などを販売することになる。新製品については、どちらのブランドで行なうかについては、随時、製品ごとに決定することになる。

 ロジテックは現在の星野雄之輔社長以下、役員人事の変更はなく、エレコムから葉田社長を含めて数人が役員として送り込まれることになる。

 今回の買収は、パソコンサプライメーカーからスタートしたエレコムにとって、周辺機器メーカーへの本格的な脱皮としての狙いがある。これまでにもメモリやデジタル家電分野へ進出してきたが、今回の買収により、ロジテックが持つ業界第3位というストレージ分野の実績を手にするとともに、これまでのファブレス企業から、ロジテックが持つ国内生産拠点を活用した製造メーカーへと転換することになる。

 周辺機器メーカーとしては業界第3位の規模になり、サプライ、周辺機器を含めた製品数は4,500種類以上を誇り、国内最大規模となる。

 エレコムの葉田順治社長は、「現在、約15%の周辺機器事業の売り上げ比率が、ロジテックの買収により、45%へと引き上げられる。今後は、周辺機器事業の拡大が中心となることから、将来的には周辺機器事業が約7割を占めることになるだろう」と話す。

 ロジテックは、2001年3月期には売上高214億円を誇り、上場準備をすすめた経緯があったが、台湾勢などの価格攻勢によって、その後業績が悪化。V字回復に向けた提携先を探していたという。

 丸紅インフォテックの増岡康夫取締役は、「提携先を探していたところ、エレコムの葉田社長から株式譲渡に関する申し入れがあった。製品企画、開発およびメーカー運営ノウハウを持つエレコムであれば、V字回復が実現できると考えた」と説明する。

 また、「丸紅インフォテックは、10月1日付けで子会社のコンピュータウェーブを吸収しており、合併成果が問われている段階にある。経営資源を集中して取り組むべき時にあるという点でも、今回の株式譲渡という判断を下した」とした。

丸紅インフォテックによる株式譲渡の意図 今後のロジテック製品の販売

 今回のロジテックの買収について、エレコムでは、5つのメリットがあるとした。

 1つは、'82年の設立以来22年以上に渡る、ロジテックのパソコン周辺機器メーカーとしての実績から、ロイヤルカスタマーを数多く獲得していること、2番目にストレージ事業において数多くの信頼性の高い製品を有していること、3番目にエレコムと重複する製品分野が少ないこと、4番目に技術、評価能力に優れており、高い製品品質を維持していること、5番目に生産拠点を国内に有していることで柔軟なカスタマイズ機能を有するなど、カスタマイズPCの受注生産などにも応じることができるといったメリットがあるという。

 葉田社長は、「とくに検証施設が充実している点には大きなメリットがあると感じている。伊那の人たちの(長野県伊那市。ロジテックの生産拠点)の頑固一徹の物づくりがロジテックの強みだと感じている」とした。

エレコムから見た買収の狙い

 また、ロジテックの星野雄之輔社長は、「パソコン周辺機器市場は、価格競争、開発スピード競争、マーケット力という点で競争が激化している。こうした点で実績を持つエレコムと、ロジテックの頑固一徹の物づくりを重ね合わせて変革を遂げていきたい」と抱負を語った。

 エレコムでは、ロジテックを傘下に加えることで、デジタル家電分野における融合製品に関する取り組みを強化する考えであるほか、法人向け事業に必要とされる品質強化を進めることで、法人事業の比率を高めたいとしている。さらに、現在、中国、韓国、英国、ドイツで展開している海外展開をさらに加速する考えを示した。

 なお、国内流通に関しては、従来通り、丸紅インフォテックを通じた流通を行なうほか、丸紅インフォテックと競合関係にある流通商社に対しても製品を流通することになる。また、今後2年間に渡っては、ロジテックブランドの法人向けに関しては、丸紅インフォテックからの直接流通を行なう。

 ロジテックは、資本金4億411万2,500円。従業員数は140人、売上高は2003年度実績で132億6,300万円。エレコムは、資本金1億3,490万円、従業員数270人、売上高は275億円。

□エレコムのホームページ
http://www.elecom.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.elecom.co.jp/news/200411/info/index.html
□ロジテックのホームページ
(11月2日現在、この件に関する情報は掲載されていない)
http://www.logitec.co.jp/
□丸紅インフォテックのホームページ
http://www.m-infotec.co.jp/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.m-infotec.co.jp/ir/pdf/mi_newr/161102kogaisha.pdf
□関連記事
【7月8日】エレコム、PCの増設用メモリ事業に参入
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0708/elecom.htm

(2004年11月2日)

[Reported by 大河原克行]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.