最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

NEC、PC量産ラインに無線ICタグ活用の生産管理システム

10月25日 発表



 NECは25日、同社のPC量産ラインに国内初となるRFID(無線ICタグ)を活用した生産管理システムを導入したと発表した。

 同社は、販売店や同社直販サイト「NECダイレクト」などからの受注データ(PCの仕様、製造番号、納期情報など)を従来は紙のバーコードで発行していたが、RFIDカードを発行することで生産ラインの作業指示、進捗状況や検査状況などをリアルタイムで把握可能となった。

 また、従来の紙バーコードでは1日あたり約8万回の読み取り作業を行なっていたが、RFIDカードではその作業を省略でき、自動的にRFIDカードを読み取って組み立て作業や部品情報をオンラインモニタに詳細表示できるようになった。

 出荷、配送作業においても、RFIDカードに製造履歴、検査結果を自動的に記録可能で、出荷前に複数のRFIDカードを一括で読み取り、出荷、配送作業も効率化できるという。

 同社は、RFIDカード導入により従来比10%以上の生産性向上を実現するとしている。この生産管理システムは、すでにノートPCの生産ラインに導入しており、2004年度中にはデスクトップPCなどを含むすべての生産ラインに導入予定。

「RFIDを活用した生産管理システム」イメージ図

□NECのホームページ
http://www.nec.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.nec.co.jp/press/ja/0410/2502.html

(2004年10月25日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.