最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

シャープ、DVDレコーダ風デザインの「AVセンターパソコン」

12月中旬 発売

価格:オープンプライス

連絡先:お客様相談センター
     東日本相談室:Tel.043-299-8021
     西日本相談室:Tel.06-6794-8021



 シャープ株式会社は、DVDレコーダ風のデザインを採用したデスクトップPC「Mebius PC-TX26GS」、および「同PC-TX26G」を12月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はTX26GSが35万円前後、TX26Gが30万円前後となる見込み。

 26型ワイド液晶ディスプレイが付属し、画像/動画/音楽などの視聴/録画を主目的に据えた新機軸のPC。Mebiusブランドを冠した初のデスクトップPCで、同社では「AVセンターパソコン」と呼んでいる。

 PCの本体サイズは約439×326×61mm(幅×奥行き×高さ)で、DVDレコーダなどと同等のサイズ。デザイン面も、前面にアクリルパネルを使用し、簡単な操作ボタンやLED表示を設けるなどAV機器そのもの。

本体は家電機器にしか見えないデザインが特徴の「AVセンターパソコン」 シャープが想定する使用イメージ

 トラックボール搭載のワイヤレスキーボードが付属するが、TVの視聴/録画、デジタルデータの再生、Internet Explorerの操作など、主立った操作はリモコン1つで操作できる。

 TVチューナは地上アナログ用で、高画質化機能として、3次元Y/C分離、ゴーストリダクション、タイムベースコレクタに対応し、MPEG-1/2ハードウェアエンコードが可能。

 TV録画は、DVD-RAM/±RWへの直接録画が可能。予約録画はiEPGに加え、携帯電話を通じた予約(別途有料契約が必要)にも対応する。PCならではのメリットとして、USBやIEEE 1394の外付けHDDへの保存も可能なほか、編集ソフト「VideoStudio 7 SE」により家電製品より高度な編集もできる。外部チューナ経由のデジタル放送の録画には対応しない。

 今後発売される同社製ノートPCにはクライアントソフトが付属される予定で、ネットワーク経由でAVセンターパソコンのコンテンツを再生できる(TVのリモート再生は不可)。また、同社ではDLNA(デジタル・リビング・ネットワーク・アライアンス)に積極的に対応させていく予定で、デジタル家電との接続も視野に入れている。

トラックボール搭載のRF無線キーボードと、リモコンが付属
ランチャーソフト「StationAV」の画面。操作はすべてリモコンでできる
インターネットを選択するとInternet Explorerが起動。リモコンのマウス機能で簡単なブラウジングもできる IPテレビ電話機能もあるが、別途Webカメラを用意する必要がある ライブラリソフト「Medlia Library」の操作画面。静止画/動画/音楽データを共通のインターフェイスで操作できる

 主なハードウェア仕様は、TX26GSがCeleron D 330(2.66GHz)、メモリ512MB(PC2700動作、最大1GB)、HDD 250GB、最大8倍速スーパーマルチDVDドライブ、Intel 865GVチップセット(ビデオ機能内蔵)を搭載。OSはWindows XP Home Edition(SP2)で、Office Personal Edition 2003(SP1)が付属する。TX26Gはメモリ容量を256MBにし、Officeを省略したもの。

 インターフェイスの仕様は共通で、本体前面の左側のパネル内にUSB 2.0×2、IEEE 1394(4ピン)×1、Sビデオ入力、コンポジットビデオ入力、オーディオ入力、右側のパネル内に、SDカード/メモリースティックPro/スマートメディアスロットとCFスロットを装備。前面中央のLED表示パネルには、HDD/DVDの残量、TVチャンネル、時刻などが表示される。

 背面には、Ethernet、USB 2.0×2、IEEE 1394(6ピン)×1、TVアンテナ入力、D-Sub15ピン、S/PDIF出力、マイク入力、ライン入力、ライン出力を備える。

前面下部の両端はパネルが開くようになっており、各種インターフェイスが用意されている
LEDパネルにはHDDとDVDの残量がメーター表示されるのがユニーク 本体背面

付属の26型ワイド液晶ディスプレイ

 付属の26型ワイド液晶は、輝度が約500cd/平方m、コントラスト比が800:1、視野角が上下/左右とも170度、応答速度が16ms以下のASV方式低反射ブラックTFT液晶。最大表示解像度は1,366×768ドット(PC接続時の最大解像度は1,360×768ドット)で、完全な16:9表示が可能。表示色数は約1,677万色。

 液晶ディスプレイにも地上アナログチューナを内蔵し、PC内のチューナとあわせた2番組同時表示、PC画面とTV画面の同時表示、PC画面表示中の子画面TV表示が可能。

 高画質化機能はPCより高機能で、3次元Y/C分離、ゴーストリダクション、動き対応型IP変換、CTI/LTI画質補正、動き対応型デジタルノイズリダクション、3:2/2:2プルダウン、肌色補正が可能。

 スピーカーは、総合14Wのステレオスピーカーで、バーチャルドルビーサラウンド機能を搭載する。また、TX26GSにはサブウーファーが付属する

 インターフェイスはD-Sub15ピン、DVI-D、コンポジットビデオ入力×3、Sビデオ入力×2、D4入力×2、TVアンテナ入力、コンポジットビデオ出力×1、Sビデオ出力×1を装備。

 本体サイズは約658×350×695mm、重量は約20.5kg。

 なお、液晶ディスプレイは12月上旬より単体でも発売される。店頭予想価格は23万円前後。

□シャープのホームページ
http://www.sharp.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/040930-d.html
□製品情報
http://www.sharp.co.jp/products/pctx26g/

(2004年9月30日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.