最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

キヤノン、1,670万画素フル35mmデジタル一眼レフ
「EOS-1Ds Mark II」

11月下旬 発売

価格:オープンプライス

連絡先:お客様相談センター
     Tel.050-555-90002



 キヤノンはプロ用デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark II」を11月下旬に発売する。価格はオープンプライス、店頭予想価格は90万円前後の見込み。

 前モデルの「EOS-1Ds」同様に35mmフルサイズの自社製CMOSセンサを搭載し、35mm銀塩カメラと同じ画角でレンズが使用できる。CMOSセンサの画素数は約1,670万画素に強化され、最大記録画素数は4,992×3,328ピクセルに達する。

 4月に発売された「EOS-1D Mark II」を基本としており、EOS-1D Mark IIのフルサイズ版というべき内容となっている。

 画像処理エンジンは「DIGIC II」を搭載。新開発アルゴリズムやDDR-SDRAMにより、高速化を図った。約4コマ/秒の連写が可能で、撮影枚数はJPEGラージモードで約32枚、RAWで約11枚。

 CMOSセンサは、自社開発のカラーフィルタや、オンチップマイクロレンズにより、集光効率が向上しており、標準でISO100〜1600が設定可能。拡張設定ではISO50とISO3200も設定可能となっている。ノイズの低減も進められた。

 そのほか、CF/SDの2スロットが用意されたメモリーカード、約0.3秒の高速起動、2.0型TFT液晶、などEOS-1D Mark IIの特徴を継承している。

 本体サイズは156×79.9×157.6mm(幅×奥行き×高さ)、電池を含まない重量は1,215g、電池は335g。電源はニッケル水素パックNP-E3×1、常温で約1,200枚撮影可能。

四面写真

ファインダと液晶表示の比較 CMOSセンサ 添付品一覧

マグネシウム合金の高剛性ボディ

透視図

WFT-E1

 また、新しいオプションとしてワイヤレスファイルトランスミッター「WFT-E1」が11月下旬に発売される。価格は140,000円。

 IEEE 802.11g対応の無線LANによって、FTPサーバーへ撮影した画像データを転送する装置。カメラ本体のIEEE 1394端子に接続する。電源を内蔵しており、接続してもカメラの撮影枚数に影響しないのが特徴。

 カメラ本体に三脚穴を使用して固定することもできるが、ケーブルを利用してカメラマンがポケットなどに入れて使用することも考慮されている。


□キヤノンのホームページ
http://canon.jp/
□ニュースリリース
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2004-09/pr-eos1dsmk2.html
□製品情報
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dsmk2/
□関連記事
【1月29日】キヤノン、820万画素で秒間8.5コマ連写の「EOS-1D Mark II」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0129/canon.htm
【2002年9月24日】キヤノン、35mm1,110万画素CMOSセンサー搭載一眼レフ「EOS-1Ds」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0924/canon1.htm

(2004年9月22日)

[Reported by date@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.