最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

キヤノン、500万画素になった「IXY DIGITAL L2」

11月中旬発売

価格:オープンプライス

連絡先:お客様相談センター
     Tel.0570-01-9000



 キヤノンは、有効500万画素CCDと単焦点レンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITAL L2」を11月中旬より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は4万円前後の見込み。

 2003年10月に発売されたIXY DIGITAL Lの後継機。撮像素子が400万画素から500万画素になり、いくつかの機能が追加された以外はLとほぼ同様の仕様。本体色はスターガーネット、ミッドナイトブルー、フランネルグレー、プラチナシルバーの4色となり、L同様に色ごとに異なる表面処理を採用する。外観も本体色以外はLとほぼ同様。

スターガーネット ミッドナイトブルー
フランネルグレー プラチナシルバー

 撮像素子は1/2.5インチの有効約500万画素CCD。記録画素数は2,592×1,944/2,048×1,536/1,600×1,200/640×480ピクセル。記録形式はJPEG。640×480ピクセルで10fps、/320×240/160×120ピクセルで15fpsの音声付動画撮影にも対応する。動画の記録可能時間は、1回につき640×480ピクセルでは30秒、それ以下では約3分。

 沈胴式のレンズは非球面レンズ1枚を含む4群4枚構成で、焦点距離は35mmフィルム換算で39mm、開放F値はF2.8。撮影可能距離は10cm〜無限遠。マクロモードでは3〜10cmの撮影が可能。

 画像処理エンジンは「DIGIC」。シャッターボタンを押し込むことですぐに撮影できる「クイック撮影機能」も搭載する。

 測距点は従来の5点から9点に増えた。必要に応じて、1点AF(中央固定)へ切り替えることもできる。

本体背面

 光学ファインダーは無く、1.5型、約7.8万画素の低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイを搭載。

 ディスプレイには時計やヒストグラムを表示することもできる。カメラの縦・横位置を自動的に検知するSlセンサーが時計機能と連動し、カメラを振ることにより時刻を表示できるほか、表示色も変化させることができる。

 記録媒体用にSDメモリーカードスロット×1を備える。PCとの接続はUSB。本体背面に、PCやプリンタへ直接画像データを転送できる「イージーダイレクトボタン」を新たに装備。

 このほか、内蔵ストロボを搭載する。電源はリチウムイオンバッテリ(NB-3L)。CIPA準拠の撮影可能枚数は120枚。

 本体サイズ90.3×18.5×47mm(幅×奥行き×高さ)、重量100g。

□キヤノンのホームページ
http://canon.jp/
□ニュースリリース
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2004-09/pr-ixyd50.html
□製品情報
http://cweb.canon.jp/camera/ixyd/l2/
□関連記事
【2003年9月12日】キヤノン、400万画素単焦点の小型機「IXY DIGITAL L」 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0912/canon1.htm

(2004年9月22日)

[Reported by aoyama-t@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.