最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Microsoft、低価格OS版Windows XP「Starter Edition」
〜タイ、マレーシア、インドネシアの各国語版を10月発売

マレーシア語版Starter Editionのデスクトップ

8月11日(現地時間)発表



インドネシア語版Starter Editionのデスクトップ

 Microsoftは11日(現地時間)、5カ国において、低価格OS「Windows XP Starter Edition」のパイロットプログラムを実施すると発表した。

 Starter Editionは、初めてPCを使うユーザー向けの低価格OS。Windows XP互換で、インターネット接続、Windows Messenger、Windows Media PlayerなどがWindows XP対応ソフトが使用できる。ただし、画面解像度が800×600ドットまで、同時に実行可能なプログラムが3つまで、1つのプログラムで使用可能なウィンドウが3つまでなどの制限が設けられる。また、ファイル共有やプリンタ共有、マルチユーザーアカウントなどの機能が搭載されない。

 また、「My Support」と名づけられたヘルプ、各国独自の壁紙やスクリーンセーバーが搭載され、各国語の初心者向け解説ビデオが収録されたCDが同梱される。Windows XP SP2のセキュリティ機能を備えるが、初心者向けとして様々な設定が済まされた状態で出荷される。

 10月に、タイ語版、マレーシア語版、インドネシア語版が、これら3カ国で発売される。いずれも低価格デスクトップPCにプリインストールされた状態で出荷される。パイロットプログラムに基づく1年間の評価期間を経て、開発中のほかの市場に、ローカライズされたStarter Editionを投入する。

 なお、残る2カ国については政府やパートナーとの協議のうえ、年内に発表するとしている。

 アジア地域では所得格差などがPCの普及の妨げになっているとともに、ソフトウェアの違法コピーの温床となっている。こうした問題への対策として、低価格版ソフトウェアの開発が取りざたされていた。

各国語版のStarter Editionのパッケージ。左からマレーシア語版、インドネシア語版、タイ語版
インドネシア語版Starter EditionのSecurity Center(左)とMy Support

□Microsoftのホームページ
http://www.microsoft.com/
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/presspass/press/2004/aug04/08-11WinXPStarterPilotPR.asp

(2004年8月12日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.