最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

松下、光学手ブレ補正12倍ズームの310万画素機
「LUMIX DMC-FZ3」

8月27日 発売

価格:オープンプライス

連絡先:お客様ご相談センター
     Tel.0120-878-365



 松下電器産業株式会社は、光学手ブレ補正機構付き光学12倍ズームの有効310万画素デジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ3」を8月末27日より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は53,000円前後の見込み。

 高倍率光学ズーム/手ブレ補正機構搭載機としては小型軽量な、ファミリー層向けのデジタルカメラ。2003年8月に発売された「LUMIX DMC-FZ2」の後継機種。

 FZ2からの変更点としては、撮像素子が有効310万画素になり、映像エンジンがヴィーナスエンジンIIに進化し、AF補助光が新設された。外観はFZ2のコンセプトを継承するが、幅が16mm、高さが2mm、小型化され、本体色はシルバーのみとなった。また、全体が丸みを帯び、グリップ部の形状が改められた。また、レンズフードとアダプタ取り付け時に鏡胴のリングをはずす必要がなくなり、取り付け/取り外しがしやすくなったほか、フードの回転機構が廃止された。

 このほか、絞り優先/シャッタースピード優先AEとマニュアル露出の切り替えをモードダイヤルのみでできるようになった。

左がFZ2、右がFZ3 左がFZ3、右がFZ2。ストロボの開き方が変更されている
レンズフードとアダプタの取り付けが容易になった AF補助光が新設された

 撮像素子は1/3.2インチの有効310万画素原色フィルタ付きCCD。記録解像度は2,016×1,512/1,600×1,200/1,920×1,080/1,280×960/640×480ピクセルで、記録形式はTIFF/JPEG。記録媒体一杯までの連写や、320×240ピクセルで30fpsまたは10fpsの音声付Motion JPEG動画撮影も可能。

【お詫びと訂正】記事初出時、動画の記録解像度を誤っておりました。正しくは320×240ピクセルです。お詫びして訂正させていただきます。

 レンズは非球面レンズ3枚/4面を含む8群13枚で構成される、LEICA DC VARIO-ELMARIT。35mmm判換算の焦点距離は35〜420mm、開放F値はズーム全域でF2.8。最短撮影距離は広角端で30cm、望遠端で1.2m。ただし、マクロ/絞り優先AE/シャッタースピード優先AE/マニュアル露出の各モードでは広角端で5cmとなる。

 0.33型/11.4万画素のEVFと、1.5型/11.4万画素の低温ポリシリコンTFT液晶モニタを備える。光学ファインダーは搭載しない。

 記録媒体はSDメモリーカード/MMC。PCとの接続はUSB 2.0。PictBridgeにも対応する。

 電源はリチウムイオン充電池で、CIPA準拠の撮影可能枚数は260枚。

 本体サイズは108×84.8×68.4mm(幅×奥行き×高さ)、記録媒体と充電池を含まない重量は290g。

DMC-FZ3背面 DMC-FZ3上面 付属品

□松下電器産業のホームページ
http://matsushita.jp/
□ニュースリリース
http://matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn040721-2/jn040721-2.html
□製品情報
http://panasonic.jp/dc/fz3/
□関連記事
【2003年8月11日】松下、光学12倍ズーム/200万画素デジカメ「DMC-FZ2」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0811/pana1.htm

(2004年7月21日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.