バックナンバー

ソニー DSC-W1 vs DSC-T1

−実用性か? モノとしての魅力か?−



 2月に行なわれたPMA2004で米国先行発表されたソニー「サイバーショット DSC-W1」(以下、W1)だが、その後日本でも正式に発表され、5月21日に発売された。

 日本では昨年11月に発売された同社の超薄型500万画素モデル「DSC-T1」(以下、T1)がコンパクトデジカメとしては比較的高価な約6万円(原稿執筆時点の実勢価格)というプライスにもかかわらずいまだに売れ続けており、ちょっとしたヒットになっている。

 これに対して、同じ500万画素モデルながらT1より約1万円ほど安いW1のパフォーマンスはどうなのよ? と考えている人も多いだろう。果たしてW1はT1を太らせただけの廉価版なのか? 早速検証してみよう。

●特にスリムではないものの十分小型軽量なボディ

 まずは外観デザインから見ていこう。

 ごらんの通りごくオーソドックスなまとめ方で、アクの強いデザインが多いサイバーショットシリーズの中ではごく普通っぽい外観だ。ソニーのデザインに何を求めるかは人それぞれだが、W1はあまり好き嫌いが極端に分かれない、万人向きのテイストと言える。「シビれるほどクール!」なデザインを求める人には物足りないだろうが、奇抜さを嫌う人には好まれそう。

 カラーリングはシルバーとブラックの2種類が用意される。T1の場合は当初シルバーしか発売されず、後からブラックが追加発売されたが、ユーザー的には最初から両方用意されている方が好ましいのは言うまでもない。


 では、T1と比べて外観はどうなのか? というわけで並べてみた。

 まずは正面から比べたところだが、デザイン的にはやっぱりT1の方がスッキリとしていてかっこいい。ちなみにボディのタテヨコ寸法は60×91mmで、両者とも同じである。一方、上から見るとその厚みの違いは歴然。さすがにT1は相当にスリムである。ボディ厚のカタログ値はT1が21mm、W1は36.3mm(共に最大突起部含まず)だけど、その数字以上にT1は薄く見え、逆にW1は倍くらい厚く見えてしまう。

 ただ、ホールディングに関してはW1の方がいい。ボディが適度に厚いということもあるが、右手親指部に突起を設けるなどの工夫により、ツルンとしたT1より確実に保持しやすい。

 ボディ素材はW1がアルミ、T1はステンレスと共に金属製だが、表面の塗装処理が異なり、T1の方がはるかに質感が高い。

W1とT1を正面から比較したところ。前方投影面積は共に60×91mmで変わらない 上から見ると厚さの違いは歴然。36.3mm対21mmという実寸法以上にW1が厚く見える
表面仕上げもT1の方が凝っており、W1より高級感が感じられる このボディ際にある突起のおかげで、ホールディングは良好
モデルのナツミちゃんにW1とT1の「どっちがいい?」と聞いたところ、即座に「この薄い方がいい」というお答えが……。やっぱりモノ的魅力はT1の方が上だ

●ソニースタンダードな操作系

 操作系はソニーデジカメとしては標準的なもので、特に変わったところはない。ソニーお得意のジョグダイヤルは装備されていないが、それによる不満も感じなかった。

 W1には絞りとシャッター速度の両方を任意に設定できるマニュアル露出モードが搭載されており、その設定時に「ジョグダイヤルがあれば……」と思わないでもないが、カメラの性格を考えるとマニュアル露出で撮影する頻度はごく低いはずで、ジョグダイヤルがなくても問題はないだろう。

 液晶モニタが2.5型と大きいこともあり、ボディ背面にある十字キーを始めとする操作スイッチはかなり幅寄せされている感じだが、それにより使いにくいということもなく、全般的な操作性はなかなか良好だ。

 ちなみにW1ではボディ上部のダイヤルで選択するシーンセレクションがT1ではメニューから呼び出すようになっているほか、動画/静止画/再生の切り換え方法が少々違うものの、基本的な各種操作系の配列はT1もほとんど同じだ。

W1の上面にはモードダイヤルが装備されている。シーンセレクション(いわゆるシーンプログラム)を多用する人は、メニューから呼び出さなくてはならないT1よりダイヤルで選べるW1の方が、操作は簡単だ 2.5型と大きい液晶モニタに圧迫されて操作部の面積は狭めだが、各ボタンの配置が巧みで使い勝手は悪くない
十字キーは4方向が独立したタイプで押し間違いは少ない。センターがSETになっているのも使いやすい W1とT1の操作系はほとんど共通。スイッチの押し心地などはT1の方が多少節度感があって好ましい

●モードダイヤルが液晶モニタに表示される機能は秀逸

 メニューボタンを押すと画像の上にメニュー項目がOSDされるのは他のサイバーショットと同じだ。例えばホワイトバランスを設定するとき、各ホワイトバランスごとにバックグラウンドで画像の色味が変化するので設定しやすい。

 メニューとは別にSETUPメニューもあり、メモリースティックのフォーマットやデジタルズームを使うか使わないかといった設定はそちらで行なう。

 なかなか使いやすいと思ったのは、ボディ上部のモードダイヤルを回したときに、その回転に合わせ、液晶モニタにモードダイヤルで何を選択したのかがアイコンで表示される機能だ。例えばカメラを三脚で目の高さくらいにセットした場合、ボディ上部のモードダイヤルがどうなっているか確認するには背伸びするしかないが、W1なら液晶モニタにモードダイヤルの状態が表示されるので背伸びする必要はない。これは賢い機能である。

W1のメニューを表示させたところ。画像の上に表示される方式のため、ホワイトバランスなどは画像の色味変化をリアルタイムで確認可能だ こちらはSETUP画面。項目は整理されていて特に迷うことはない ボディ上部のモードダイヤルを回すと、即座にモードダイヤルをシミュレートしたアイコンが液晶モニタに表示される。三脚使用時など、モードダイヤルを直接目視確認できないときに便利な機能だ
再生中にズームレバーを操作すると拡大再生になる。最大倍率は5倍まで。ごく微妙なブレやボケを判断するには最低でも7倍程度は必要だ

●液晶モニタの見え方はT1に完敗か

 T1と同じく2.5型のビッグサイズを誇るW1の液晶モニタだが、モニタの画素数はW1の123,200画素に対してT1は211,000画素と、精細度ではT1の方が勝っている。では実際の見え方はどうだろうか?

 全く同一の画像をW1とT1の液晶モニタに表示させて見比べたところ、W1の方が彩度の高い派手めな色調になることが確認できた。しかし、実際の画像の色調に近いのは明らかにT1の方である。一見すると彩度が高くてキレイに見えるW1の液晶モニタだが、実際の画像より色調が誇張されて表示されるようである。

 次に、明るい屋外での視認性を比べてみた。下の写真を見てもらえば分かるとおり、明るいところでの視認性はW1よりT1の方が格段によい。これはT1の液晶モニタが透過型と反射型を両立させたハイブリット型のためだろう。バックライトの効果が期待できない明るい屋外では、外光の反射を表示に活用するため視認性が確保されるのだ。

 視野角についても比較してみたが、液晶正面から目の位置をどんどんずらしていくと、W1の方はすぐに像の明暗が反転してしまい視認性が落ちてしまう。これに対し、T1の方はかなりの急角度から液晶モニタを見てもちゃんと画像を確認することができた。

 画像再現の精細度、撮影画像に対する色再現性、ピーカン時の視認性、そして視野角の広さなど、固体ごとの違いもあるのだろうが、試用機ではいずれの点でもT1の液晶モニタの方がW1より勝っているようだ。

屋内で両機のモニタ表示を見比べた。表示されている画像は同一のものだ。こうして見ると右側のW1の方が派手でキレイに見えるが、実際の画像の色調はT1の方が近い 今度は太陽がサンサンと照りつける屋外で比較してみた。ごらんの通りこれだけピーカンでもT1は画像をはっきりと確認できるが、W1の方はかなり見えにくくなった 液晶モニタに対する視野角を検証してみた。左側のT1はこれだけ下から見ても画像をちゃんと確認できるが、W1は像が反転してしまい確認できない。ローアングルやハイアングル撮影で液晶モニタを正面から見れない条件では確実にT1が便利だろう

●電池の持ちはW1が有利

 W1の電池は単3電池2本で、カメラにはニッケル水素充電池2本とチャージャーが付属する。もちろん単3アルカリ電池や単3ニッケルマンガン電池も使用可能だ。海外旅行などでは、どこでも入手できる単3電池の安心感は確かに大きい。一方、T1はインフォリチウムTタイプと呼ばれる薄型のリチウム充電池を使用する。

 撮影可能枚数/持続時間はCIPA規格の測定方法で、W1が340枚/170分に対しT1はそのちょうど半分の170枚/85分となっている。さすがにT1の方は物理的な電池サイズが小さいだけに電池の持ちはW1に分があるようだ。

 しかも、W1は光学ファインダーを備えているので、電池の残量が心配になったら液晶モニタを消灯し、光学ファインダーでフレーミングすることも可能だ。光学ファインダーを備えていないT1ではマネのできない芸当である。

 ただ、W1のニッケル水素電池は継ぎ足し充電を行なうとメモリー現象などで容量が低下するなど、電池のマネージメントがやや面倒という側面もある。充電もT1はクレードルを使って携帯電話並のイージーさでチャージできるが、W1は本体から電池を抜き出してチャージャーにセットしなければならないということで、日常的な電池管理はT1の方が楽そうだ。

 なお、記録メディアはW1がメモリースティック、T1はメモリースティック デュオで、両者ともノーマルタイプの他にPROタイプにも対応している。

W1とT1に付属するメディアと電池。メディアは共に32MBが付属する W1に付属する単3ニッケル水素電池とチャージャー W1には光学ファインダーがあるため、電池を温存したいときは液晶モニタを切ってこちらでフレーミングするという手段もある

●起動速度は意外にも……?

W1では電源オンと同時にシャッターを押しっぱなしにするとレリーズされないため、スタンバイしたのを見計らってシャッターボタンを押した。それでも約2.1秒で最初のカットが撮影できる。写真は部分

 仕様表によると電源起動時間はW1、T1の両機種とも約1.3秒となっているが、電源を入れてから液晶モニタが点灯して撮影スタンバイ状態になるまでの時間を手動計測してみると、W1が約1.7秒、T1は約2秒となった。

 共に十分速いが、意外なのは沈胴レンズ式のW1の方が、レンズ繰り出しのないT1より速かったことだ。条件を揃えるため両機とも付属の32MBメディアを入れて計測したが、何度試してもW1の方がT1より0.3〜0.5秒程度起動が速いのだ。

 ちなみにW1の最初のカットを撮り切るまでの最短時間は写真にもあるとおり約2.1秒ほど。これなら起動時間に対する不満は感じないだろう。


●画質はややW1が上か

 さて、実際にW1とT1ではどのくらい画質が異なるのだろうか。

 W1、T1共に有効画素数は510万画素だが、W1は1/1.8インチCCDなのに対してT1は1/2.4インチCCDとなっている。画素数が同じなので、画素ピッチはW1の方がT1より多少大きく、理論的な画質はW1やや有利ということになる。

 また、レンズもT1は光路上にプリズムを配した屈曲光学系なのに対し、W1はオーソドックスな屈折オンリーの光学系となっている。一般的にプリズムで光路を曲げると、そこで光学的なロスが生じるため、レンズ性能的にもT1よりW1の方が有利と思われる。

 そこで、色々なシチュエーションで両機を撮り比べてみた。

【歪曲収差】

 まずは歪曲収差である。これで見るかぎり、両機ともワイド側の歪曲収差はほとんど同じくらいのようである。ただ、像の均一性はT1の方が若干良好に見える。

以降に掲載する作例のリンク先は、撮影した画像データそのものです(ファイル名のみ変更しました)。縦位置のものは、サムネールのみ回転していますが、拡大画像はあえて回転せずに掲載しています。
特に記載がない限り、クリックすると2,048×1,536の画像が別ウィンドウで表示されます
W1
プログラムAE、AWB、ISOオート
T1
プログラムAE、AWB、ISOオート

【屋外ポートレート】

 半逆光でレフ板を使用したポートレート。明らかにT1の方がコントラストが低く、いわゆる「ユルい」描写だ。もちろん何枚か撮影しているが、この傾向は変わらなかった。

 また、共にオートホワイトバランス(AWB)だが、色味も少しT1の方がY味が強い。好みもあろうが、一般的な見解としては色味、コントラスト共にW1の方が好ましいと思う。

W1
プログラムAE、AWB、ISOオート
T1
プログラムAE、AWB、ISOオート

【ミックス光】

 外光と蛍光灯のミックス光源下での再現性を比べてみた。いつもはこの撮影条件で白い紙を使ったマニュアルホワイトバランスを検証するのだが、W1、T1共にマニュアルホワイトバランスを搭載していないので、今回はAWBと昼光を比べた。

 W1はAWBと太陽光の差が少ないが、AWBはもう少しだけ赤みを抜いて欲しいところだ。これに対し、T1のAWBはやや過剰補正のように見える。

W1
プログラムAE、AWB、ISOオート
T1
プログラムAE、AWB、ISOオート
W1
プログラムAE、昼光、ISOオート
T1
プログラムAE、昼光、ISOオート

【解像感】

 屋外ポートレートと同じく、T1はW1よりコントラストが低い。このため、見かけ上の解像感も何となく低く見えてしまうようだが、両機共に画素数相応の解像感は確実に確保している。

W1 広角
プログラムAE、AWB、ISOオート
T1 広角
プログラムAE、AWB、ISOオート
W1 望遠
プログラムAE、AWB、ISOオート
T1 望遠
プログラムAE、AWB、ISOオート

【ストロボ調光】

 調光精度そのものは両機共に良好で問題はない。もともとコントラストが低いのと、ややY味が強くなる色調が幸いして、ストロボ撮影ではT1の描写の方が自然に見える。ただし、T1はストロボ位置がレンズに近いせいか、かなりの確率で赤目現象が発生した。

W1
プログラムAE、AWB、ISOオート
T1
プログラムAE、AWB、ISOオート

【夜景】

 昼間の撮影と同じく、コントラストの高いW1の方がシャープネスも高く見える。しかし、何といっても困ったのはT1に三脚穴がなく、1/6秒〜1秒というスローシャッターにもかかわらず三脚に固定できなかったことだ。雲台に押しつけて撮影したが、三脚にガッチリと固定できるW1とイーブンの条件とは言い難いため、シャープネスなどは参考程度に見て欲しい。

 ちなみに、アクティブジャケットケースというオプションを買えば、T1にも三脚を取り付けられるようだが、これもそれほど強固に固定できる構造ではないため、夜景をよく撮影する人はT1以外の機種を検討した方がいい。

 W1、T1共に通常のプログラム撮影よりは夜景モードで撮影した方がシャッター速度が若干速くなり、シャドー部の締まった描写になる。

W1
プログラムAE、AWB、ISO100
T1
プログラムAE、AWB、ISO100
W1
夜景モード、AWB、ISO100
T1
夜景モード、AWB、ISO100

【ISO感度】

 ISO感度が高くなるほどノイズが増えるのは当然だが、やはり画素ピッチの小さいT1の方がW1よりノイズは少々多い。ただし、T1も1/2.4型の510万画素というCCDスペックから想像されるほどノイズは多くないと感じた。

W1
プログラムAE、昼光、ISO100
T1
プログラムAE、昼光、ISO100
W1
プログラムAE、昼光、ISO200
T1
プログラムAE、昼光、ISO200
W1
プログラムAE、昼光、ISO400
T1
プログラムAE、昼光、ISO400

 画素数は同じながらCCDサイズや光学系などのスペックが微妙に異なる兄弟機というわけで興味深く試用させてもらったが、画質についてはCCDサイズが若干大きいW1の方がやはり総合的に有利なようだ。電池の持ちや起動レスポンスもW1がよく、三脚穴があるので夜景も問題ない。

 実用性重視ならW1でキマリだが、モノ的な魅力や液晶モニタの性能についてはT1が圧倒的に勝るのも確かで、生活を演出する小道具としてはT1の魅力も捨てがたい。このクラスのカメラにナニを求めるのかでどちらを選ぶか変わってくるが、個人的にはやはりT1に魅力を感じた。

 実は屈曲光学系と極小ピッチのCCDで、T1の画質はもっと悪いと思っていたのだが、W1との差がこれくらいなら十分許せる(あくまでも個人的には)範囲だ。

Monthly Digital Camera Navigation(5つで満点、は0.5点)
ソニー DSC-W1
カメラ指数
写りと、カメラとしての使い勝手を評価
★★★★
デジタル指数
デジタル機器としての魅力を評価
★★★☆
モノ指数
モノとしての魅力、バリューフォーマネーを評価
★★★☆
ソニー DSC-T1
カメラ指数
写りと、カメラとしての使い勝手を評価
★★★☆
デジタル指数
デジタル機器としての魅力を評価
★★★★
モノ指数
モノとしての魅力、バリューフォーマネーを評価
★★★★☆

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□製品情報(DSC-W1)
http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-W1/index.html
□製品情報(DSC-T1)
http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-T1/index.html
□関連記事
【4月14日】ソニー、スクエアデザインのサイバーショット「DSC-W1」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0414/sony2.htm
【2003年10月22日】ソニー、17.3mm厚の3倍ズーム搭載510万画素機「DSC-T1」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1022/sony1.htm
【2月19日】ソニー、サイバーショットT1の黒モデルと三脚座付ケース
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0219/sony.htm
【2003年11月26日】【山田】「サイバーショット T1」ファーストインプレッション
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1126/yamada.htm

■注意■

  • 各記事のサンプル画像の著作権は、河田一規に帰属します。無断転用・転載は禁じます。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。

  • 作例画像は、オリジナルのままです。縦位置のものは、サムネールのみ回転していますが、拡大画像はあえて回転せずに掲載しています。

バックナンバー

(2004年6月9日)

[Reported by 河田一規 / モデル 汐瀬 ナツミ]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp 個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.