COMPUTEX TAIPEI 2004会場レポート【光学ドライブ&メディア編】

Double-Layerや16倍速書き込み製品のほか、次世代メディアも登場


会場:Taipei World Trade Center Exhibition Hall 1/2/3
   Taipei International Convention Center
会期:6月1日〜5日(現地時間)


 片面2層記録が可能なDVD+R DLドライブが、ソニー、LITE-ON、NECといったメーカーから発売され話題になっているが、今回のCOMPUTEX TAIPEIでも、DVD+R DLに対応したドライブのほか、対応メディアも数多く展示されている。また、現状では最高速となる12倍速DVD+R書き込みを上回る、16倍速DVD+R書き込みが可能なドライブ、および対応メディアも展示中だ。このほか、注目のドライブやメディアを紹介していこう。

●DVD+R DL、16倍速書き込みがキーワード

 すでに国内市場にも登場したDVD+RW DLドライブだが、現在、店頭に出ているのは2層書き込みは2.4倍速、1層書き込み8倍速という仕様の製品だ。COMPUTEX TAIPEIでは16倍速DVD+R書き込みでDL対応といった製品や、4倍速2層書き込み対応の製品などが展示されており、書き込み速度の高速化はまだまだ進む勢いだ。

 さらにノート用の薄型光学ドライブにもDL対応製品が登場。LITE-ON製品のほか、東芝が型番とスペックを公表していた。このほか、シリアルATA接続製品やノート用の8倍速DVD±Rドライブなども注目できる製品だ。

BenQの「DW1600」。16倍速DVD+R書き込みと2.4倍速DVD+R DL書き込みに対応。ただしDVD-R書き込みには非対応 BenQの「DW1620」。16倍速DVD+R書き込みと2.4倍速DVD+R DLに対応するほか、8倍速DVD-R書き込みが可能 BenQの「DW1630」。4倍速DVD+R DLに対応するモデルで10月ごろ登場予定のこと。16倍速DVD±R、8倍速DVD±RWにも対応
ASUSTeKの「DRW-1608」。2.4倍速DVD+R DL、16倍速DVD+R、8倍速DVD+Rに対応 MSIの「DR16P」。2.4倍速DVD+R DL、16倍速DVD+R、8倍速DVD+Rに対応 MSIの「DR12P」。こちらはDVD+R書き込みが12倍速となる。DVD+R DLは2.4倍速、DVD-Rは8倍速
GIGABYTEの「GO-W1608A」。2.4倍速DVD+R DL、16倍速DVD+R、8倍速DVD-R、8倍速DVD+RWに対応 東芝の「TS-H552B」。2.4倍速DVD+R DL、16倍速DVD±R、8倍速DVD±RWに対応 BTCの「DRW1016IM」。16倍速DVD+R、12倍速DVD-R、8倍速DVD+RW、4倍速DVD-RWの製品
BTCの「BDV361F」。こちらは普通の16倍速読み出しのDVD-ROMドライブだが、シリアルATAインタフェースの製品となっている BenQの「DW1650」。先述のDW1630と同じく4倍速DVD+R DL16倍速DVD±R、8倍速DVD±RWの製品で、シリアルATAインタフェースとなるのが特徴 DW1650の背面。シリアルATA、シリアルATA用電源コネクタはすでに登場しているシリアルATA接続HDDと同じ形状。ちなみにDW1650は年末ごろ登場予定とのこと
BTCのカードリーダー内蔵ドライブの新製品で「DRW1108IB」。8倍速DVD±R、4倍速DVD±RWに対応 Prince Technologyのブースで見かけたLITE-ONの「SOSW-852S」。DVD+RW DL対応を示すロゴがあるものの、見せてもらったデータシートにはDLに関する記載が一切ない。ブースの人は「DL対応です」とは言っていたが詳しいことは不明 東芝の「TS-L532A」に関する情報。製品の展示はなかったものの、2.4倍DVD+R DL、8倍速DVD±R対応の薄型ドライブということで注目したい
東芝の「TSL-632S」。DLには非対応だが、3倍速DVD-RAM、8倍速DVD±R、4倍速DVD±RWに対応 BTCの「BDW0810SI」。8倍速DVD±R、4倍速±RWに対応する薄型ドライブ

●ドライブの動向に合わせてメディアも数多く展示

 日本ではDVD+R DLは、ドライブばかりが先行して発売され、メディアが入手できず苦労する状況になっている。COMPUTEX TAIPEIでは台湾メーカー製のDVD+R DL対応メディアのほか、ドライブの展示は一切なかったがDVD-RのDL対応メディアも見受けられた。

 このほか、ドライブの動向に合わせて16倍速メディアもすでに展示がなされている。また、Double-LayerならぬDouble-Sideメディアも見受けられた。12cmメディアの場合、DLでは8.5GBの容量となるところがDouble-Sideでは4.7GBを単純に2倍した9.4GBの容量となるのが特徴。また8cmタイプのDouble-Sideメディアも展示されている。

RITEKのDVD+R DLメディア(右)と、DVD-R2層メディア(左) BenQのDVD+R DLメディア MR.DATAのブランドでおなじみのCMC Magnetics製DVD+R DLメディア
同じくCMC Magneticsの、こちらはDVD-R2層メディア PRODISC TechnologyのDVD+R DLメディア PRODISC TechnologyのDVD-R2層メディア
NANYA PlasticsのDVD+R DLメディア OPTODISC TechnologyのDVD+R DLメディア Moser Baerの16倍速対応DVD+Rメディア(右)とDVD-Rメディア(左)
RITEKの16倍速対応DVD+Rメディア CMC Magneticsの16倍速対応DVD+Rメディア CMC Magneticsの16倍速対応DVD-Rメディア
OPTODISC Technologyの16倍速対応DVD+Rメディア OPTODISC Technologyの16倍速対応DVD-Rメディア MIRAGEのDouble-Side DVD-Rメディア(左)とDVD+Rメディア(右)
MIRAGEの8cmのDouble-Side DVD-Rメディア OPTODISC Technologyの8cmのDouble-Side DVD-RWメディア

●ドライブ未登場の次世代メディアも

 DVDの後継として登場が待たれる次世代メディア。現状ではHD DVDとBlu-rayという2つの規格が発表されているが、これらのメディアが展示された。ただし、ドライブの展示は確認できなかった。

 このほか、現在のDVDと同じ技術で容量を引き上げた「Forward Video(Versatile) Disc」(FVD)や、HD DVDやBlu-rayのさらに次の世代を担うといわれる「Super-RENS」の試作メディアも展示されている。

CMC MagneticsのBlu-rayメディア。容量は23GBとされているが、23.3GBの規格に準拠した製品だと思われる PRODISC TechnologyのBlu-rayメディア。容量は25GB OPTODISC TechnologyのBlu-rayメディア。容量は25GB
RITEKのHD DVDメディア。左がRWで20GB、右がRで15GBの容量を持つ PRODISC TechnologyのHD DVDメディア。20GBの容量 OPTODISC TechnologyのHD DVDメディア。同じく20GBの容量を持つ
PRODISC TechnologyのFVD-RメディアとFVD-RWメディア FVDとDVDの比較。レーザー波長などはDVDと同じだが容量は引き上げられている。またビデオ規格ではWMV9フォーマットを利用することが規定されているそうだ RITEKのSuper-RENSメディア。容量は50〜75GBが予定されているという

□COMPUTEX TAIPEI 2004のホームページ(英文)
http://www.computex.com.tw/computex2004/

(2004年6月2日)

[Reported by 多和田新也]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp 個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.